人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

人類最大の謎!美人とはなにか? Part2 @ [哲学板]


人類最大の謎!美人とはなにか? Part2 @ [哲学板]
96: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/11(木) 10:18:48.21
マノン、レスコーほどの「ホントの女」は居ない。だが、「金」無では生きられない。そんな女。

騎士候補の青年を、その美貌と媚態と閨房の抜群天性の感度に、良家の純情青年はメロメロ、すぐに同棲するも資金が尽きて、マノンは某金満家に切り替える。
失恋の青年は、「神に縋らん」とするも、又マノンは、一目で青年を垂らし、金持ちを捨て、「神」を捨てた青年と寄りを
犯罪までの泥沼生活で、最後はアメリカに追放。良家のプライドも捨て、次に「神への信仰」も捨て、青年は、マノンを追い渡米。

ここで、マノンは青年の「愛に目覚める」。
だがマノンは、倒れる。青年はマノンの墓に、「折った短剣(男性として女性を絶つ誓い)」刺す。
この青年のマノンへの「愛」の深さ。


議論してください。
97: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/11(木) 11:07:53.30
美女にも、昼の理性、夜の情熱(ニーチェ)は必要です。
マノンは、ご辞退申し上げます。

プラトン信奉者

管理人より:アイリッシュの「暗闇へのワルツ」に、ちょっとストーリー似てますね。「マノン・レスコー」はアベ・プレヴォーの原作の自伝的小説。正式名称を「騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語」といい、ファム・ファタールを描いた小説としては史上初(1731年)。プッチーニがこれをテーマにしてオペラ「マノン・レスコー」を作曲しています。
これ以前にファム・ファタールはいなかったのか…。でも曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」には「船虫」という悪女が出てくるヨ…と思ったらこちらは1814年刊行。惜しい。 Manon Lescaut Trailer (The Royal Opera)情欲、金、権力…そして愛。男を惑わす妖艶な美女・マノン。
100: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/11(木) 19:13:43.09
美形とは平均顔だ。
平均顔とは、様々な混血を意味する。
多様な血が混ざっている強い血だ。

人は強い血を求めて美形にひかれる。
101: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/11(木) 19:20:54.44
平均顔って言葉は誤解されているんだよね。
ブスの画像をたくさん集めて作られた平均顔と、美人の画像をたくさん集めて作られた平均顔と比べると、後者の方が美人と感じる人が多かった。

ただ混ぜればいいってもんじゃないってことだね。
102: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/11(木) 19:27:05.47
>>101
混ぜれば混ぜるほど平均顔になる。
103: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/11(木) 20:00:31.61
パソコンで作られた平均顔の画像は、レイヤーと透明度を編集して画像を重ねているだけで、左右対称なものが作成されるから、素人のグループの中ではまあまあ目立つ程度の顔が左右整った人、という好印象は得られるけど、美人というほどではないな。
画像編集ソフトで作ったものは、生物に起きた現象ではないし。
104: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/12(金) 02:10:03.79
>>102
古代ギリシャ彫刻ってある意味で今のアイドル(偶像)的な立ち位置にも似てるけど、ギリシャ彫刻とアイドルってその時代の平均顔なのかな?
なんか違う気がするなぁ…
106: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/12(金) 04:35:08.10
ブスも何度も何度もみていると、やがて普通になり、ともすればいつかかわいくみえてしまうからな
ミロのヴィーナス(アンティオキアのアレクサンドロス)
管理人より:参考までに有名な古代ギリシャ彫刻、ルーヴル美術館の「ミロのヴィーナス」。腕~手がもげてるのが実に惜しい。さぞや美しい手がついてたと思うのですが。作者は不明ですが「アンティオキアのアレクサンドロス」説が有力。

ミロのヴィーナス・お尻
背面はこの通りお尻の割れ目がコンニチワしてますから、時代を先取りしたローライズのハシリと言えるでしょうか。さすが美の女神。
112: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 01:42:00.80
美人を求める風潮は、飽食と同じで文化の退廃を表している
戦争ではヨボヨボのおばあちゃんですら兵士にレイプされるんだよ

戦闘で正気を失うと見境がなくなるものだからな
極限状態では美人もくそもない。動物の交尾相手探しも同じようなものだろう

美人またはそれに近い概念は自然界には存在しない
あくまで社会のなかでの嗜好なのだ
115: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 09:15:11.25
>>112
文化は分かるんですが、ヨボヨボは極端でしょう。

優先度は大体、
年頃成熟未熟ヨボヨボ
ではないですか?
113: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 01:54:46.90
ブスとかデブとかババアやだとかぬかす見た目で選んでるやつは認識があめえんだよ
それか去勢されたふぬけか?
女ならみんな同じなんだろうが。
ピーマン食えねえならグルメ語るな、お子ちゃまども
119: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 20:43:53.56
経済力や政治力、腕力よりもみんなの本音が欲しいのは美しさの方
あまりにも価値が高過ぎるため、弱い心はその基準や本質を捻じ曲げようとしてしまう


生まれたばかりの赤ん坊でさえ美人とブスへの反応はあからさまに違う
どう考えても遺伝子に組み込まれている

長澤まさみ
長澤まさみよりズングリアイドルの方がいいと口では言ってる奴も、パンツ見えたときに「やった!」と思った方がそいつの本音
125: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 23:42:17.71
>>119
>生まれたばかりの赤ん坊でさえ美人とブスへの反応はあからさまに違う
>どう考えても遺伝子に組み込まれている
これwww
何かはあるだろうと理解できるんですが、ブスだと思ってる人が、実際、赤ん坊の反応が辛辣だった時に、これ聞いたらショックでしょうね。


ただ、やっぱり表面的な事柄では、潜在性の判断は難しいですね。

子供でも相手の態度なんかをよく見るじゃないですか。
例えば、子供が実は「頼れる人」を選んでるとかって事があったら、社会弱者は敬遠されるかも知れない。
自信なさそうにしている人って、何となく気づきませんか?
私は、経験があります。


それに、一般的にブスっぽい人は、社会的に肩身が狭い事が多い。

もしかしたら、無自覚なだけで、自信なさそうな様子が関係しているかも・・・
等、あるかも知れないじゃないですか。

それと、子供は大人に比べると、美意識による判断は、圧倒的に少ないですよね。
そこを考えると、学習による影響は、大きいだろうと思います。
社会的に形作られる価値判断の部分です。
127: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/14(日) 07:44:01.46
>>125
人間は顔認識力が非常に発達していて、表情から相手の感情を概ね読み取ることができる

で、当然のことながら元々の顔の作りからして「コイツなんかたくらんでんじゃねぇかな?危ねぇな…」と警戒心を促させるような奴も珍しくない


成長に伴って「警戒しなくても大丈夫なんだ」ということを学ぶのだが、学習の済んでいない乳幼児にとって頼れるのは短時間の観察から得られた印象だけになる
逆に大人は溌剌とした美人だからと言って簡単に信用してはいけないということを知っている

相手に視線方向を伝えられることの有利が人間に白目部分を発達させたと言われているが、これを認識し難いモンゴロイドに多い細い目が何となく「怪しいな」と思わせるものだということは、俺たち自身にも経験があるだろうw
洋画見てても、コーカソイドでも眩しそうにしてるような目の形してる奴は悪役が多いw
128: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/14(日) 08:51:09.52
>>127
見た感じから判断している部分がある以上、見た目が響くのは分かります。

>「コイツなんかたくらんでんじゃねぇかな?危ねぇな…」
ニヒルな赤ん坊ですね。
信頼を学ぶ事も、警戒を学ぶ事も、両方ありませんか?

私が子供の頃の記憶を辿ると、「疑わしいから」と言うよりも、実際に嫌な事があった時に、警戒しだした気がします。
そいう部分は、かなりリアルだと思うんですよ。

勿論、その過程で、目の細い人が引っかかってくるかもしれないし、先天的な判断も、何か有るかも知れない。

目の細い人は、確かに「怪しさ」を感じる時があります。
一方で、何処を見ていようと「怪しさ」を感じる人もいます。
120: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 20:58:17.34
その条件を言葉で説明するのが困難なだけで、美人は明らかに存在していて、平均がとか文化がといった解釈が、真実の追求を放棄した態度であることは言ってる本人たちも分かっている

生物学的にはそれなりに説明できる現象ではあると思う
生存や繁殖に有利な形質を機能美として評価するのと同時に、病気に感染した個体と距離を置く本能が美醜を区別する

顔の造作については狭い範囲に集中したパーツの組み合わせで決まるので、身体の大きさのようにほぼそのまま子に遺伝するものではなく、美形からブサイクが生まれることもあり、逆もある
このことは問題の本質から逃れたい人たちにとってとても好ましい考察の材料になっている
121: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 21:37:06.16
実際には顔以外の部分の方がバランスは大事で、身体はデカイのに心臓や肺は小さいとかは生存に致命的
顔は選択圧がユルイ個所で、ブサイクが今も生き残っている理由の1つでもある

比較的近縁種でも安定して子孫を残せないのには、こうした理由があるからで、例えばスマトラオランウータンとボルネオオランウータンの混血でも短命になる
つい最近まで現生人類とネアンデルタール人が交配できなかっただろうと言われていたのは、こうした理由からだろう

同じイヌであるセントバーナードとチワワはサイズ差から交尾が不可能だし、人工授精して着床させても運が良くて帝王切開と人工保育器で一命を取り留めるくらいだろう

こういうのはピグミーと北欧人のような現生人類同士でも起こるかもしれないことで、混ざることで強くなることもあれば、弱くなることもある
黒人と日本人の混血児がサバンナで暮らせば皮膚ガンやマラリアにかかる率は高くなる、狩りには付いていけないだろう
122: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 22:13:38.08
現代は一般的にコーカソイドの容貌が美のスタンダードになっているが、これにも生物学的に説明しようと思えばできる理由は十分にある

人類進化なんかに興味があって原始人の頭蓋骨や復元図を見慣れている人なら分かると思うが、特に頭部や顔面に関しては形状的な進化の方向が明らかにコーカソイド化なのだ
前頭葉を納める額の部分が大きく垂直になり、口の前方への突出がなくなり、オトガイが発達する


700万年前くらいにジャングルから切り離されサバンナで暮らすことになった類人猿の集団が人類になった訳だが、延々とそうしたコーカソイド的特徴を持った相手を選び続けた結果、現生人類になったのだ

まだ現在のニグロイドに近い姿をしていたと思われるが、最初にアジアに到達したホモ・サピエンスも、そこで出会ったデニソワ人やジャワ原人のことは醜いと思っただろう。そういう本能を遺伝的に持っていたはずだ
123: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/13(土) 22:21:29.58
ホモ・サピエンスの急速な適応と拡散には、既に適応を果たしていた原人や旧人と混血することで彼らの遺伝子を取り込むことは、界王神様を吸収することで弱くなっても心を手に入れた魔人ブウのように、多少醜くアホになるという犠牲を払うことにななっても、避けては通れなかったのだろう

必要なモノは取り入れたが、不要なものをまだ捨て切れていないのがモンゴロイドやオーストラロイドだ
我々や彼らがコーカソイド化を果たすにはまだ何万年単位の時間が必要だし、その時は訪れないのかも知れない
124: 119-123 投稿日:2014/09/13(土) 22:50:51.79
面白い題名のスレを見つけたのでつい何度も書いてしまった

実家にいる頃、勉強しに教科書持って近所のファミレスに行くと、女性芸能人の悪口を延々と続ける原始人のようなババァ3名がいたり

就職して同期のあんま可愛くない女の子が明らかに自分より容姿で劣る女に「かわいい、かわいい」と連発して、どさくさに紛れて自分も可愛くしようとしてるという魂胆が見え見えということがあったり

まぁどこでもあるようなことだけど、こういう事実を捻じ曲げようとする奴らマジでムカツクw
134: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/15(月) 09:01:39.04
美人とは何か?

この問題を解くのに必要な条件の1つに

ブスとは何か?

がある。
154: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 07:56:50.36
人の特徴は顔の表情によるコミュニケーションを発達させたこと。
顔の表情を複雑に変えることができることて、高度なコミュニケーションを可能にしている。

これはまさに人の知能の発達と密接に関係している。
これは人の顔にとって一番の要素だろう。

ならば、美人と言う顔の優劣がこれに関係しているとは考えにくい。
美人は顔の表情の豊かさにとっていかなる優位を持つのか。
155: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 08:01:39.26
たとえば美人は目鼻立ちがハッキリしてる。だから病状をより豊かに伝える?
逆に美人はクールで冷たい表情とも言われる。


たとえば平均顔はだからすませば無表情だか、それ故に変化すると表情を豊かに伝えやすい?
156: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 08:10:52.39
人の顔はみんないろいろ特徴があり、表情を変える以前に、それだけで情報を伝える。
人の顔は経験で作られる部分が大きく、人は経験的に人相で大量の情報を得る。
すべて正しいわけではないが、これは人の関係にとってすごく情報だ。

美人が平均顔なら、情報を得にくい?
美人には情報を与えないことの優位がある?
158: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 08:23:39.16
僕たちが美人に引き込まれる一つの理由は、表情の読めなさにある。
僕たちは自分が考えるよりずっと他人の顔から大量の情報を得ている。
無意識に顔を分析している。
だから読みにくい美人の前では僕たちは不安になる。より読み込もうと必死になり、引き込まれる。
159: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 08:52:45.85
そもそも美人とはなにかというものがある。
平均顔という均整の取れた美形は、形而上学的な原型だ。

現実には美人は民族、時代、文化で変化する。

現代の美人はマスメディアの発達による作られた集合知的な部分が多いだろう。
それは美人の定義を作ったというより、美人と言う価値そのものを作った。
果たしてそれ以前に美人は存在したのか。
161: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 08:59:07.89
>>159
そらそうだ だって美人ってのは人間が勝手に定義したものだもん
だから美人とは何か?という問いはナンセンスだという結論になる
勝手に定義しといて、その後で美人とは何かとか言ってるんだから完全にマッチポンプ
162: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 09:10:08.63
美醜は生物学的に説明のつく自然選択の中で獲得された、様々な生存・繁殖に有利な形質の副産物だよ
アンドロゲン受容体が多い筋肉質に、毛むくじゃら・体臭・ハゲが付随してくるみたいなもんで、それ単体で存在理由を考えても無理
163: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 09:30:07.63
>>162
9割方同意
164: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 09:32:22.55
美とは合理性のことである
174: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:26:29.66
>>162>>164
合理的なものを美と呼ぶようになったんだろう
166: ケシ 投稿日:2014/09/19(金) 09:58:58.69
美人は文化ってのはそうなんだけど、それだけじゃないよね。
猫とか観察してるとわかるよ。猫にも美猫、フツ猫、ブサ猫がいてさ、美猫は仲間にはちやほやされるし、人間には可愛がられるしで、やっぱり美人っぽいツンとした態度、物腰になってるんだよな。
だから、まず先天的な美醜の感覚があって、そのレベルでは欠点がない平均顔的なものなんだろうけど、「これが美人だ」っていうイデア的な美人像になると、トレンドとして自然発生的に、あるいはメディアが牽引される形で生まれると。
実際、時代の顔ってあるしな。
167: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:03:27.22
猫の話は面白い
170: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:16:11.51
ピカソやゴッホの画をゴミと思える奴は見込みがある
171: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:24:08.60
美を知ってる奴ほど多分美に興味を持たない
172: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:24:53.75
そういうやつは美を分析しない
183: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:43:17.12
俺実は河原ですれ違った工員風の人や、デパートのエレベータに乗り合わせた黒人女性から顔を褒められた事があるよ
201: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 22:32:28.32
ボクが美人に引き付けられるのは、意味がない生物学的に組み込まれたシグナルなんだろうか。

確かに、美とはそのような要素が多い。
人が美しいと感じるものは多くにおいて、シグナルである。

逆にいえば、そのようなシグナルを美と名付けたと言える。
202: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 22:38:38.68
孔雀もそうだけど、健康であることの表明なんですよ
204: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 23:27:11.85
長澤まさみ俺は長澤まさみは美人だと思う!

凄いだろ!
205: 第三の波平 ◆kpxxLE2Sh. 投稿日:2014/09/19(金) 23:30:29.43
美と美人の違いは、美人は性的であること。
性的な美は基本的に美人のメタファーである。
210: ケシ 投稿日:2014/09/20(土) 00:00:49.71
新垣結衣>>204
長澤まさみとガッキーは、俺にはようわからんなー。

>>205
美人の魅力が性的魅力に起因してるのは間違いない。
でもその性的ってのは幅広いよな。

たとえば、街で見知らぬ美人に道を聞かれて答えた、ただそれだけでハッピーな気分になれるのはなぜか。
その美人とやれるわけでもなく、
168: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 10:07:05.70
世に流通する美はフェイク
人は美に漠然と憧れる、しかし美には耐えられない
ここに登場するのが排除的に市場に流通するフェイクとしての「美」

ハイ、すっかり続きをやるのを忘れてたシリーズ第2回。
みんなすごい真剣に考察してて、なんか巻末で適当にチャチャ入れる雰囲気じゃなくなってきましたね、コレは。笑
スレでもちょっと出てた「長澤まさみ」と「新垣結衣」に加えて、

長澤まさみ新垣結衣堀北真希
戸田恵梨香当時2chでもよく名前は見かけた堀北真希と戸田恵梨香もズラリと並べてみました。この4名はそれぞれに「美人」というほかないですが、共通点ってなんだろう?色白?目が大きい?
今はどんな芸能人が「美人」とされてるのかな。管理人テレビ見ないからよくわかんないです。

スレでは「美とは生物に備わっている(絶対的な)基準である!」という説と「いやそれは文化的社会的に作られた(相対的な)基準だ!」と、大きく分かれてるみたいです。
以前の別の記事のコメント欄では、「健康さの基準としての美醜がある」という意見もありました。どっちかていうとこれは前者に含まれるでしょうか。

モナ・リザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
絶対的な基準云々ということが正しいなら、美醜をテクニカルに判定する基準があっても良さそうなもの。
よく言われるのがこの、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」に見られる「黄金比」が基準になっているのではないか?ということです。自然界にもこの黄金比は多く見られる云々。
なんかこれに16:9の長方形を割り当てて…というのを見たことありますが、若干こじつけに見えなくもないですけどね。
「整っている」=「美しい」という感覚もかなり西洋的というか、日本には古来より「侘び寂び」「幽玄」なんていうのもありますし。美とはちょい違うか…。

なんにせよ、「美」というのは奥が深いですね。

トップ絵は、主にテレビシリーズで活躍してる、アシュレイ・ティスデイルというアメリカの女優・アイドル。リアル金髪ではありません。というわけで久々の美女ギャラリー。 アシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイルアシュレイ・ティスデイル
こうしてみると、若いころのミラ・ソルヴィーノにそっくりですね、このひと。 ミラ・ソルヴィーノ参考までにミラ・ソルヴィーノも。このひとも昔は美女で有名でした。「魅惑のアフロディーテ」でオスカー獲得。脇役俳優ポール・ソルヴィーノの娘さんですが、突然変異か?ってくらい似てない。
比べてみると、髪の生え際~眉・目~鼻の位置・大きさ~口の形・幅・厚さ~アゴにかけて…というバランスは、こと「美人」に関しては、結果的にかなり似通ってくるのではないか…、とちょっぴり思う。しかしそうでない例も多いのが問題…。ウーン。
ハイスクール・ミュージカル [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2007-05-23)
売り上げランキング: 23,116


元スレ:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1409224801/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.10 0:29
    美人は平均顔とかいうけど、そりゃ違うだろ
    平均より上だから美人なのであって、平均はあくまで境界条件だろ
    美も醜も一緒くたにすれば平均的な顔ができる
    だからこれが一番の美だとか、じゃあ標本内の美の分類は何なんだって話だ
    仮に正規分布に従うと仮定するなら、そういう顔の人が多いですね、ってだけだろう
    平均という言葉の意味を誤解している
    美のみの平均と醜のみの平均に差があるのも当たり前で、標本抽出の無作為性が保証されてないってだけじゃないか
    標本が偏れば結果も偏るなんて統計学の基礎中の基礎

    美醜のような主観的なものは難しい
    色白を美人といいつつ、小麦色の肌を健康美という
    店で酔えば美人に見えても、朝になればそうは見えない
    後姿は美人だが、振り返れば期待はずれなんてのも聞く話し
    結局は、自分の感覚感性との一致度くらいのものじゃなかろうか
    • ※2 : 名無し
    • 2015.7.11 19:25
    昔からコーカソイドが一応美の基準って言われてる。
    絵の人体の描き方も彼らのパーツのバランスがお手本。彼らが発達させた知識や技術だから当然なんだけど。
    現在は長期にわたって強い国を発達させた白人系が美の基準を定着させた面は大きいかと。一神教で美術が発展した面があり理想の美しい強い人間とは我々であり、神に愛される価値があると強く打ち出し普及させたのも彼ら。
    もし、アジア系や黒人系が太古の昔から技術も文化も宗教も強く、今まで繁栄し続けたとしたらそれが美の基準を作ったんだと思うわ。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.11 22:11
    >164>174
    このあたり真実突いてるんじゃない?
    黄金律ってあるでしょ。人の顔にもあるんだよね。その人にあった黄金律が。
    美人 イケメンはそれがドンピシャ。どうしたらそうなるかって?
    この世界全てに黄金律がるからそれに則ることかな。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.11 23:46

    ドクター・ノオ・ネーム :
    >164>174このあたり真実突いてるんじゃない?黄金律ってあるでしょ。人の顔にもあるんだよね。その人にあった黄金律が。美人 イケメンはそれがドンピシャ。どうしたらそうなるかって?この世界全てに黄金律があるからそれに則ることかな。

    あぁ黄金比ですか、上に出てましたね。
  1. >平均より上だから美人なのであって、平均はあくまで境界条件だろ

    以前、part1で出てきた画像が広く出回りましたから、それの影響でしょうね。
    管理人も平均顔が美人顔というのは、あまり納得できないです。
    そこからなにかを引いたり足したりしたら、美人になるのでは。
    ------------------------
    >それが美の基準を作ったんだと思うわ

    今とは違う基準になってたでしょうかねぇ~。どうなったかなぁ~
    ------------------------
    >人の顔にもあるんだよね。その人にあった黄金律が。
    >あぁ黄金比ですか、上に出てましたね。

    いえいえどうぞお気になさらず。
    黄金比(黄金率)ってよく言われるけど、なぜそれを美しいと思うのか、不思議ですよねぇ。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.15 12:17
    >黄金比がなぜ美しいと思うのか
    やはり主観的な問題で客観的な証拠は難しそうなので、自分の確信をひとつ。
    元来、自分自身に黄金比なるものを持っていて、
    それを可視化した一つの形が黄金比の形であり
    それに親和性を感じるというか、呼応するから。
    • ははぁ、なるほど。
      仮にそうだとしたら、なんらかの「美の絶対基準」になりえるんでしょうかね。
      「角度によってはイケメン」みたいなやつも、ちょうど黄金比にぴったりくる瞬間だったりして。笑
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。