人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

地球を貫通するトンネルを掘るのは可能か? @ [未来技術板]


地球を貫通するトンネルを掘るのは可能か? @ [未来技術板]
1: 貫通野郎 投稿日:2005/06/12(日) 23:57:01 ID:dJ50UCog
地球を掘れないというは理由なしで
仮に掘れたとしてちゃんと機能するかどうか。
3: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/06/13(月) 00:42:58 ID:FY0MugjA
そのトンネルは厳重に気密にしないと地上の大気が大量に吸い込まれるだろうね。
5: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/06/13(月) 15:25:11 ID:FY0MugjA
強大な地圧に耐えて、空洞をどう維持するかが問題だな。
それとも超臨界流体でも詰め込んでおくのかな?
7: aniotasan ◆RtFjHNfLK6 投稿日:2005/06/17(金) 08:17:32 ID:y+7N+Qct
地球の中の方ってたしかえらく熱かった希ガス・・・
8: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/06/17(金) 11:35:24 ID:RGH6NieB
内核の中心部で6000℃位だったかな・・・
9: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/06/17(金) 16:05:31 ID:a8kK4DXN
>>8
耐熱服で防御できます
これは科学的に証明されている
ドイツの物理学者ウィリアム・オッペンハイマーが言ってた
管理人より:ドイツの「ウィリアム(またはウィルヘルム)・オッペンハイマー」なる人物は見当たりませんねぇ…。
10: @ROX 投稿日:2005/06/17(金) 16:19:17 ID:3GIcJRZm
まず真ん中まで入ったとしてもどうやって上がる?残り6000kmをw
11: (Д) ゜゜ 投稿日:2005/06/17(金) 16:52:04 ID:EzA//5rb
トンネルを掘るなど地底人が許さないだろ。下手したら戦争になるぞ
12: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/06/17(金) 17:35:53 ID:a8kK4DXN
リチャード・バード>>11
大丈夫です
地底人は4m近い巨人ですが温厚です

昔地球の内部に突入したバート少将がおっしゃってました
管理人より:「地球空洞説」の元になったエピソードの体験者。巻末に参考記事。
16: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/07/01(金) 12:25:29 ID:UaWZxvcE
学研のふしぎシリーズの中に、そういや地球貫通トンネルを造ったらどうなるかってあったなあ
デキッコナイスの作者だったけど、あまりに圧力が強くて投げても途中で止まってしまうとあった

魚を投げたら黒焦げになってたな
断片的な知識でスマソ
18: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/07/19(火) 16:02:59 ID:EEhcxbbO
ふしぎシリーズで穴を掘ったのはやっ太だった気がするが…
最初はとりあえず空気圧は無視して通過時間と摩擦熱が、次に中心部では鉄より硬い空気の壁が問題になってたな。
17: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/07/01(金) 13:28:41 ID:n+jZHaLA
結局なんGくらいなん?
20: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/08/17(水) 04:39:29 ID:s6clPi/A
ねぇ、穴ほるのはいいけどさ、

不要な土が大量に出てくるじゃん?金属とか。
どこに置くの?wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


とりあえず鉄とかダイヤモンドとか金属や鉱物の価格が暴落して、エライコッチャになると思う。
21: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/08/17(水) 08:23:05 ID:xm3HnpOf
「地球貫通落とし穴」に落ちた場合…
日本・南米間を何度も往復した挙げ句、最後は中心地点で止まるのかな?
22: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/09/03(土) 21:52:04 ID:MaZjMl0E
地球は自転してるからな。落とすだけだと途中で壁面にぶつかるぞ。
リニアモーターカーの軌道みたいなのをつけると良かろう。
23: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/10/03(月) 04:10:38 ID:IBH7ovxI
光速で物質を地球にぶつける。
以上
24: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/10/03(月) 09:28:00 ID:YumQX3Iw
きれいに穴あくかな
とてつもない破壊力がありそうだが
27: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/10/05(水) 17:25:18 ID:4QGUClVF
垂直に穴掘ったら、飛び込めばどうなるのか?

とりあえず、中心まで落ちていくじゃん。
そんで、その勢いで、反対面までいくのか?空気抵抗があるから、途中までしか登れないのか?
28: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/10/05(水) 19:47:55 ID:Tp2zV+on
真ん中までいくと、遠心力で、反対側まで物凄い勢いで飛んでいかないかな?
あ、極地だと違うか。。。
32: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/11/03(木) 11:18:23 ID:YUsZCSK2
常に冷却しつづけて強度を保つんだよ。
ジェットエンジンのタービンブレードと一緒。
33: オーバーテクナナシー 投稿日:2005/11/03(木) 11:30:50 ID:vSQRDCHs
ドラミちゃんを呼べ
35: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/14(水) 00:24:29 ID:qOt8iupd
地球の真ん中なんか、通った日にはあなた・・
強烈な引力で、まるでAカップのオッパイみたいにぺちゃんこですよw
36: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/14(水) 01:28:41 ID:H5VyUmg6
南極北極でトンネル掘ってエレベーター作って中心で降りる→内壁全て「下」
赤道上の2点でトンネル掘ってエレベーター作って中心で降りる→どっちかに落ちる


でいいのか?
37: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/14(水) 21:40:14 ID:MdimQV6c
……マジレスすると真ん中では無重量状態になるんだが。
38: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/15(木) 03:10:15 ID:X963HslR
大気圧は大丈夫かな。すごい圧力掛かりそうな予感。
40: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/17(土) 09:49:44 ID:hm6ZK/sp
しかし上手い事汲み出せるもんかな?
空気を6400KM持ち上げるには凄い圧力が必要な気がするが。
或いは容器に詰めて持ち上げるか、それとも最初から空気が入らないようにして作る?
41: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/18(日) 09:20:32 ID:qZBGdbmR
>>40
真空にする以前に、コアの温度圧力に耐えるトンネル壁の心配の方が先だろうな。
外核は液体だし。
42: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/18(日) 10:21:22 ID:YBdXzcqb
温度ならセラミックで十分耐えられるだろうが圧力は難しそうだなぁ。
49: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/12/26(火) 16:43:30 ID:Gs6aNZbh
>>42
セラミックは何度でも耐えるとおもってるんでしょ
何のセラミックかしらんが。
管理人より:「熱とファインセラミックス(京セラ)」によると、ファインセラミックスの「アルミナ」は2000度くらいが限界の模様。
また強度については「一般材料素材との物性比較(ASUZAC)」によると、硬さ・体積あたりの軽さ・曲げ強度・熱膨張率ともに、案外優秀ぽい。
46: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/11/22(水) 00:02:31 ID:ayovtoyi
大陸プレートの移動はどうやって解消するんだろう。
年間数センチ単位で歪むはず。
47: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/11/22(水) 01:01:54 ID:egV/F7yC
中心部への落下エネルギーを利用して加速(マッハ4程度まで)・発電して、惰性と電気エネルギーで効率的に地球の反対側へ移動できる手段とか。
発電は空気圧によるタービン発電。同時にエアーブレーキも兼ねる。
48: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/12/26(火) 00:53:35 ID:pQuSbls7
技術的に可能な時代がきても、特に掘るメリットがないよね
51: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/12/26(火) 18:39:18 ID:1IB6uRQc
超高温度のところに到達できれば、その温度差で発電できますね。
セラミック熱電モジュールとかいかが?
5Kmくらいで充分かな。
52: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/12/26(火) 18:46:28 ID:wN5PpPX9
>>51
温度差発電すると言うことは、熱が高温部から低温部になだれ込むと言うことなのだが・・・・・
管理人より:まぁそんな発電方法もあるにはあります。つ「ゼーベック効果
物体の温度差が電圧に直接変換される現象で、熱電効果の一種。逆に電圧を温度差に変換するペルティエ効果[1]もある。類似の現象としてトムソン効果やジュール熱がある。ゼーベック効果を利用して温度を測定することができる(→熱電対)。
管理人は、慶応大学のとある研究室で、熱湯程度の温度差で豆電球を灯したり、小さいファンを回す実演を観せてもらったことがあります。
56: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/08/09(木) 23:22:59 ID:pjeWewhO
本で読んだことがある。
摩擦の問題がありアポロ宇宙船でも燃え尽きてしまうらしい。
しかもトンネルの中の気圧は鉄よりも硬い
57: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/08/10(金) 00:29:20 ID:Gtcra7du
いやもう、学研の秘密シリーズはお腹一杯だからw
60: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/08/19(日) 06:12:18 ID:BZR3aZ1t
>地球を掘れないというは理由なしで
そもそもこの前提がフザケているというのはおいといて、「機能」の定義すらせずに問題提起すること自体間違いだろう。

文系君…はここまでバカじゃないだろう。厨房か?工房か?
別に、貫通させなくてもこういう無能を処分するだけなら普通の火口で十分だが。
67: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/08/27(月) 23:04:25 ID:B5OE/hLB
中心には鉄とニッケルがたくさん
69: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/08/31(金) 23:15:29 ID:OXryv/u7
第一地球の中心圧力は、10万気圧。鉄よりも硬いんだぜ?
しかも何百万度もの高温だ
71: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/07/06(日) 02:54:52 ID:uA/YQEm2
>>69
まずは、10万気圧に耐えるの腕時計を造る事から、スタートだ。
74: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/04(月) 11:23:49 ID:eQ+6gpot
>>69
中心温度は6000℃くらい。それでも充分大変だが・・・
中心圧力は360GPaと見積もられているらしい。360万気圧。
73: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/08/04(月) 02:50:55 ID:qjqofkfQ
地中を深くまで掘った世界記録ってどのくらいなの?
コラ半島超深度掘削坑
管理人より:調べておきました。現在最も深いトンネルは旧ソ連が作った「コラ半島超深度掘削坑」(40,230フィート/12,262メートル)だそうです。元々15,000メートル掘る予定だったそうですが、180度という予想GUYの地熱にあたってしまい、計画中止。

各種トンネルと地殻の比較
してこれが、地殻をどれほどまで掘り進んだものであるかを示す図。ここまで掘っても半分も行ってないのなぁ~…。

クルベラ洞窟
ちなみに図の「Deepest natural cave, France」と書いてあるのはフランスの「グフル・ジャン・ベルナール(ジャン・ベルナール洞窟)」のことですがこれは現在世界第2位の深さ。1位はグルジアにある「クルベラ洞窟」ということになっています。なんと2,196メートル(7,205フィート)!ヒェッ!

クルベラ洞窟のマップ
内部はこのようになっており、まるでスペランカーですが、最深部に到達するまで27日かかるそうです。途中、地下水で満たされている箇所はダイビングで通過するとか。過酷だ…。(参考:【2196m】地球上で最も深い洞窟「クルベラ洞窟」の探検が過酷すぎる
75: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/09/19(土) 16:02:24 ID:SvgMj+M/
たとえば東京-大阪の間を直線に掘っても、地球貫通トンネルには違いないと思うけど、これなら難易度低め
76: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/12/16(水) 02:06:31 ID:gtbozoGG
>>75
結局は地殻部分の問題なんだが、
【大地はミルクに浮かんだシリアルのようだ】
てことで、長いトンネルでは全体の歪みの吸収方法と強度をどう両立するか?が難しい
77: オーバーテクナナシー 投稿日:2009/12/17(木) 20:51:56 ID:Yk8C4bss
歪むそばから掘りなおす。
64: オーバーテクナナシー 投稿日:2007/08/27(月) 00:52:48 ID:C+9remSD
ちょっと調べたが、青函トンネルが約53.85kmで掘削開始から営業開始まで27年掛かっているのね。
大雑把だけど仮に12379kmを同じ切削スピードで掘り進めるとすると、6387年掛かるよ。

仮に大幅な技術の進歩があったとしても生きてるうちには見れないな。
65: 夜叉神 投稿日:2007/08/27(月) 07:46:40 ID:6z4o/IE3
地球貫通トンネルよりどこでもドアが先に開発されるよ

おーい、ブラジルのひと~!元気ですかぁ~!?

ハイ、なるほど。まぁ確かにプレート・テクニクスをどうにかせんことには、地殻とマントルの境目で、トンネルがボリッともげてしまいますね。
周りがドロドロのマグマなんだから、トンネルの固定方法もない。それに穴を開けただけでは意味がなく、なんらかの移動設備も敷設しなければ。
双方に穴を貫通したら、内部圧力はだいぶん弱まるかもしれませんが、なにしろ地下鉄程度だって、電車が出入りしたらものすごい量の空気が押し出されるわけだし、地球貫通ともなると出入口付近では毎回凄まじいハリケーンと稲妻のオンパレードとともに、地球貫通列車が到着したりして。もちろん反対側では、ブラックホールのごとく、ありとあらゆるものを吸い込んでるはず。まさに地獄列車!

そうなるとスレでも言われてるとおり、内部を気密して真空状態に近くしておかなければ。内部の真空圧に加えて、外部からの超圧力!いかなる物質がこれに耐えられるのでしょうか。
しかし地球貫通列車が途中で事故ったらどうするんでしょうね。テクテク歩いて地表に戻るわけにもいかんし…。

まぁそれ以前にこのトンネルのダメなところは、苦労して穴開けてもふたつの地点の往復しかできない、ということですよね。おとなしく飛行機乗っとこうぜ…という結論に。

過去に2回こういう記事をやってますが、空洞にせよ中身がギッチギチに詰まってるにせよ、中心付近では重力はどのように作用するのかなぁ。やっぱりお互いに相殺されて無重力になるんでしょうか。地球空洞説について知りたいドクターはこちらをドウゾ。

それにしても、コラ半島の例のトンネルは、12,000メートル超ということでなかなかスゴイですね。地球物理学的には様々なことが明らかになったらしく、
  • 深度5-10kmの変成岩の下の花崗岩から玄武岩への岩石変化で、予想されていた地震波速度の違いが無かった
  • 岩石が破砕され、深部由来の水が充填していた
  • 大量の水素が存在した
という感じなんだそうです。地中はいったいどうなっているんでしょうねぇ。まだまだミステリーがたくさん。

今回地殻とマントルについて調べてたらこんな記事も見つけました。
海底掘削で人類初のマントル到達なるか 日本の探査船が活躍(CNN)
だがマントルまで到達するためには、長さ10キロメートルもあるドリルで硬い地殻を掘り続ける必要がある。プロジェクトを率いるリーダーの1人、英サウサンプトン大学のデーモン・ティーグル氏はこれを「地球科学史上の最難関」と呼ぶ。

掘削地点としては、太平洋の海底が選ばれる見通しだ。地殻の厚さが陸地では60キロにも及ぶのに対し、海底なら6キロ前後にとどまるからだという。すでに3カ所の候補地が挙がっている。
というわけで、10億ドルの資金のほとんどは現在調達中…ということで、一般受付やったらいいんじゃあないですか?管理人も10ドルくらい寄付するから。
地底旅行 (創元SF文庫)
地底旅行 (創元SF文庫)
posted with amazlet at 15.07.16
ジュール・ヴェルヌ
東京創元社
売り上げランキング: 23,282


元スレ:http://science3.2ch.net/test/read.cgi/future/1118588221/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.16 21:25
    学研のふしぎシリーズ懐かしすぎワロた
    学童保育の所に一通り置いてあったっけ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.16 21:26
    出口← →ブラジル
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.16 21:46
    そんなのデキッコナイス
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.16 22:22
    トータルリコールの新しい方で、地球貫通トンネルを使った乗り物が出てましたね
    しかも通勤用w
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.16 22:56
    「論理的にアプローチするため、少しスケールダウンして技術的ブレークスルーを喚起してみよう
    直系10km程度のスフィア型小惑星をラグランジュポイントまで引っ張ってきて、
    資源取りなりコロニー改造するなりの目的でそこいらにレッコアンカーする
    軌道を安定させる為に、地軸を定めて自転させるんだが、
    さて、この状態でそいつを貫通させるトンネルを掘ってやる必要性が生じたときに、
    必要な対処法を全て列挙してみよう
    まあ、かりにこの命題を解決しても、それが地球型に応用できるとは思えんが、
    少なくともこの技術を考察することは、テラフォーミングなどの技術発展には貢献するはずだ」
    と、頭の中の白衣を着た博士が、黒板の前で喋ってる姿が見えました
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.16 22:58
    可能!

    光速まで加速したドリルで(以下略
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.17 15:46
    掘ってる途中でトンネルが浮力で浮いてきそう
    仮にできても気圧が維持できないから観賞用にしかならないかね
  1. >学研のふしぎシリーズ懐かしすぎワロた

    ググってみると小学校の図書館であったような…おぼろげな記憶です。
    -------------------
    >地球貫通トンネルを使った乗り物が

    おーそうですか!新しい方はまだ観てないんですけど、でも出勤みたいに気軽に使えると良いですね。「ちょっとリオのカーニバル見に行こうぜ!」みたいな未来。
    -------------------
    >頭の中の白衣を着た博士が、黒板の前で喋ってる姿が見えました

    ちょっとその博士、管理人にも貸してくれません?笑
    -------------------
    >トンネルが浮力で浮いてきそう

    巻末欄書きながら、地殻を掘り進めてマントルに到達すると、圧力で中からマグマが溢れだしてこないのかなぁ…ということをちょっと考えました。
    だから結局…

    >光速まで加速したドリルで(以下略
    ↑こんな感じで、宇宙で超長い頑丈なパイプを作って、えいやっ!とばかりに押し込んだらどうかと…笑
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.1 12:49
    ある程度の柔軟性を持ったチューブでトンネルを造るべきかな
    その中に気密したカプセルを通して……まるで血管ですね
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*