人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

無理して英語発音するのはもう止めにしない? @ [言語学板]


無理して英語発音するのはもう止めにしない? @ [言語学板]
1: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/18(木) 00:57:39
黒人英語やヒスパニック英語、インド英語のように、日本人独自の英語を作るべき。
2: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/18(木) 01:11:02
日本語に無いTH音を無理して発音するのは確かにおかしいと思うが・・・
あれって実はT音とD音で代用可能なんだよね。

IN THE HOUSE はイン【ザ】ハウスではなく、イン【ダ】ハウスといったほうが良い。
3: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/18(木) 01:30:26
同感。
しかし「日本英語」「英語日本方言」が出来ないのは、日本人に自信がなく、話すべき内容がないからだろう。
どうしても伝えたいという強い意志があれば、自ずと発音になどこだわってられなくなるはずだ。
4: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/18(木) 01:38:06
単に国内で英語を使ってないから

米黒人社会も、シンガポールもインドも米ヒスパニックも、社会の中で英語をたくさん使ってる
5: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/18(木) 01:43:55
それはそうだが、そこを何とかしようとなると、1000 万人以上の英語話者に、日本に移住してもらわなければならない。
到底無理だろう。
6: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/18(木) 01:45:30
しかし国内で英語を使わなくてすむのは幸せなことだと思わんか?
インドやフィリピンは「英語を使わざるを得ない」状況にある。


安易に外来語を普及させることは日本語の破壊につながる可能性がある。
8: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/20(土) 00:12:56
スレタイの「無理して」ってのはどのあたりのことを言うのだろう
たとえばcornerのとか?
10: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/20(土) 11:20:02
cornerはヒスパニック訛りなら「コルナール」
黒人訛りなら「コォナ」になるね。
日本人はいわば「こーなー」という間が抜けた響き。沖縄の「しーさー」みたいに聞こえるんじゃない?


黒船時代のサムライの英語発音は今よりもずっと実用的だったという。
赤をレッドー、と発音せずに「ウレッ」と発音していたとか。
米人もアメリカ人といわずに「メリケン」と発音していたのは有名な話。


カタカナ語っていうのは英語でも日本語でもない中途半端な欠陥言語だね。
14: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/20(土) 21:53:32
カタカナ発音は世界中から笑われている。
改革が必要。
17: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/21(日) 01:26:42
カタカナ発音はRとTHとLとVとBLとPLの発音が致命的にできない。
通じるからといって全てを肯定するのは間違っている。


俺は現地で発音の不十分さを現地人に嫌と言うほどけなされた。

日本人は昔から外国の文化を換骨奪胎して発展してきた。
今のカタカナ語は現地人にも日本人にも正確に理解できない欠陥品だ。

SITとSHITの違いをカタカナ語では解決できない。
日本人は英語よりも発音記号が不足しているという現実を見据えなければいけない。
19: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/21(日) 08:26:40
> 俺は現地で発音の不十分さを現地人に嫌と言うほどけなされた。
アイムノットアメリカンノアブリティッシュ、ユーアンダスタンドワットアイセイ、エニプロブレム? インディケートイットコンクリートリー
と言ってやればよい。

> SITとSHITの違いをカタカナ語では解決できない。
それぐらいはできたほうがいいが、日本人が英語を話す時はよそいきだ。
Shit なんて語は使わないものと相手に理解させるべし。そう聞こえたとしても。

> 日本人は英語よりも発音記号が不足しているという現実を見据えなければいけない。
そんなことはわかっている。カタカナ発音でよいと開き直るのも問題で、それらしく話す努力はすべきだろう。
しかし発音にばかりこだわっていては話ができない。「正しい英語ならこうなるはず」と知っていれば十分だと思う。
ヨーロッパ人にも v, th, r, s-, -t, h の発音ができない人は大勢いるが,皆平気でしゃべっている。
管理人より:「sit」は「スィット」、「shit」は「シィット」と表記してみたらどうかな。
18: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/21(日) 04:06:15
掘った芋いじるな
26: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/22(月) 19:31:16
>>18
what time is it now?=ワッタイミゼナウ?
の方が通じる。

ちなみに日本人は can you を キャンユー と言ってしまいがちだが、それよりだったら「巨乳」といったほうが正確にネイティブに伝わる。
23: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/21(日) 22:04:14
アムステルダムのホテルで、ベテランのボーイが部屋まで荷物を運ぶ途中、親切にいろいろなことを教えてくれているらしいのだが、何を言ってるのかさっぱりわからない。
それで、「プリーズスピークイングリッシュ、イフユーキャン」と言うと、むっとした様子で「アイスピークイングリッシュ」と答えたのだけは聞き取れた。


リスボンのホテルに国際電話をかけた時も、向こうは訛りが激しいうえに早口で、何度も聞き返さなければならなかった。
欧州人は、英米の国力が強かったから英語が国際語になった、それは仕方ない、コミュニケーションツールにすぎないと割り切っている。
25: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/21(日) 23:46:12
今度skypeでわざとカタカナ英語でしゃべってみよっと
27: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/23(火) 15:47:31
発音がカタカナでもアクセントがちゃんとしてれば案外通じそう
28: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/02/24(水) 21:55:37
日本人が完璧なイギリス訛りで英語喋ると笑われるよな。
ネイティブ発音に近づいても日本語発音でも笑われるなら、俺は日本語発音でいい。
30: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/03(水) 05:03:57
「怖いくらい通じるカタカナ英語の法則」という池田氏の話がとても興味深い。

人というのは9歳頃に脳の言語を聞き分ける回路が出来上がってしまい、それ以降はいくらがんばっても発音や聞き取りが出来ない「手遅れ状態」になるそうだ。

だから池田氏は
what do you think about it=ホワット ドゥー ユー シンク アバウト
と発音するのを止め、
what do you think about it=ワルヨイテンカアバレ
と発音することにしたそうだ。後者の発音は英語圏で育った人間にも十分通じるだろう。


カタカナ発音は、使い方次第でネイティブ発音に負けない威力を発揮するようだ。
32: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/03(水) 16:22:32
>>30
英語を話すのはアメリカ人だけじゃない。
イギリス人やフィリピン人、インド人には通じないだろう。
31: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/03(水) 05:25:13
ああ、ついでに。
ある日本人が外国人とスカイプしてたら、相手が訳分からない英語を使ったんだと。

それに「はあ?どういう意味?」と日本語で聞き返したら「how do you mean?」と同じ意味の音だったので、相手が返答してきたと言う笑い話もある。


つーか、何でジョン万次郎の時代は発音に則した英語が使われていたのに、今のカタカナ英語はこんなにおかしくなってしまったんだろうな?
今のカタカナ英語なんか百害あって一利無しだ。
36: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/04(木) 20:51:32
>>31
もしかしてその外国人は、英語が母国語じゃないのでは?
What do you mean? が正しい言い回しであって、Howは使わないはず。
でも、雰囲気で何となく意味が伝わったのかもね。
41: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/06(土) 06:03:15
スペイン語ではBとVの音を区別せず、すべて[β] の音で発音します。
¡Viva! はビーバとよみます。

スペインのバレンシア(Valencia)地方をヴァレンシアと言ったり、セビリアあるいはセビージャ(Sevilla)をセヴィージャと言ったりするのは綴りにひきずられた誤りです。
42: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/06(土) 07:24:46
じゃああっちの英語もVERYがベリーになるわけか。
一つ不思議に思うんだが、日本人がライスと発音すると、イギリス人は LICE=ノミ に聞こえると馬鹿にするが、スペイン語圏の人間のライスの発音も日本語と同じなのに馬鹿にされた話は聞いたことが無い。

やっぱり人種差別なのか?
43: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/06(土) 07:57:30
>>42
どこで間違えて覚えたのか知らないが、スペイン語のLとRの音はぜんぜん違うぞ。
おまけに、スペイン語にはRの音が2種類ある。
RR(と語頭のR)は普通のRよりも舌のはじき方が多い。


スペイン語では、 pelo(髪) と pero(しかし) と perro(犬) は音も意味も違う。
44: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/06(土) 09:11:42
真ん中のR音は日本のR音と同じだろ。俺だってLとRの区別が有ることぐらい知ってる。
ただ、そのRを使ってRICEを発音したら何でスペイン語圏の人間は笑われないのに、日本人がライスというとノミだなんだと馬鹿にされるのかと聞いただけ。


それともスペイン語圏の人間はRICEのRを巻き舌で発音してるのか?
98: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/18(木) 12:44:47
>>42 >>44
その違いは、日本語のラ行の発音が語頭と語中で違うことから生じるもの。
環境異音なので普通の日本語話者は全く気づかないが、それを知らないことで>>44は大きな間違いを犯している。


日本語の語中のラ行は歯茎はじき音。[ɾ]。
日本語の語頭のラ行は歯茎側面はじき音。[ɺ]。

英語のRは歯茎接近音。[ɹ]。
イタリア語やスペイン語のRは歯茎はじき音。[ɾ]。
イタリア語やスペイン語のRRは歯茎ふるえ音。[r]。

英語などほとんどの言語のLは歯茎側面接近音。[l]。

日本語で「ペロ」と言った場合、スペイン語のperoと同じような発音になる。
しかし、語頭では違う。日本語で「ライス」と言った場合は歯茎はじき音ではなく歯茎側面はじき音になる。
この音ははじき音であるという点ではR的だが、側面音であるという点ではL的だ。
このため、「lice」に聞こえるという揶揄が生まれるのだ。スペイン語のRにはそのような要素はない。

スペイン語で「rais」と言った場合、日本語の「ライス」とは子音がかなり違う。L的な要素は全くない。

なお、歴史的には、日本語の語中のラ行は固有語にもあったが、語頭のラ行は漢語由来であり、側面音になっているのは、中国語のLを模倣したためと推定される。
100: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/18(木) 22:37:55
>>98

最終段以外は同意。だが、日本語の語頭ラ行子音の音価は、中国語の影響ではないと思う。
LとRの区別を持たず、はじき音一つを持つ言語にひろく見られる現象に過ぎないのではないか。

日本語のラ行子音と完全に同じ音を持つ言語として、ニュージーランドのマオリ語があるが、やはり日本語と同じような状況になる。
(LとRとDの間の音だと、英語話者がはっきり書いている)
マオリ語と同じ「L非弁別R音」は、ポリネシアの島々の近縁な言語に広く分布するが、これらの言語は、宗主国などとの歴史的経緯から個別にラテン文字化されていて、LだったりRだったり、全く同じ音なのに、島によってバラバラの表記となっている。
スペイン語の場合は、Lが存在するので、語頭でも日本語のような異音は「特に許されない」のだろう。


なお、中国語も実はLとRの区別は存在しない。
だから、実は北京語のLは完全な側面音なのかどうか、音素体系上は怪しい。
今の北京語のRは、米語のRとたまたま良く似た音だが、Lとの弁別が問題になるような音素ではなく、この発音が出来ない台湾人などでは、Zのような音に変換される。
101: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/19(金) 02:14:37
>>98
スペイン語の語頭のrは弾き音じゃなくてふるえ音だけどな。
管理人より:「ふるえ音」というのはいわゆる巻き舌のこと。舌をどのへんで震わせるかで3種類の発音があり、スペイン語のそれは「歯茎ふるえ音」だそうです。
発音は楽勝や!スペイン語卑怯道」によると、スペイン語の発音はカタカナでかなりイケる模様。そして語頭の「r」はふるえ音になり「rais」は「ゥゥルライス」みたいになるんだそうです。
49: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/06(土) 22:15:02
どこの人だろうが、カタコトで話す人の発音が下手だからって馬鹿にしない
逆にイギリス人が下手な日本語で話しかけたからって馬鹿にしないだろ
それと一緒だ
50: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/06(土) 23:47:27
>>49
その例えは少しズレてると思うなー。
日本語は日本人しか使わないから(大連とか以外)、私たちは外国人がカタコトで喋っても頑張って聞き取ろうとする。
一般的に、旅行客などの外国人で流暢に日本語を喋る人が珍しいから、私たちはそれが普通と思ってる。
確かに英語圏の人たちは、外国訛りの英語に慣れてるかもしれないが、それでも実際は聞き取れる程の英語が喋れないと、冷やかされて笑われるよ。
あっちの人は『世界語が話せて当たり前』と思ってるから、理解する姿勢があまり無い。
51: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/07(日) 00:45:00
>>50
それは海外に行った事が無い人の意見だな
英語圏の人が来てた所に行った時にも、あまり流暢とは言えない喋りを理解してくれたけどね
何度か聞き返されたりは確かにしたが、それを馬鹿にしてると捉えるのは難がある


自分の思い込みが正しいとでも思ってる?
52: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/07(日) 00:58:16
>>51
いや、自分の体験を元にしてるんだけど。
確かに親切?というか心ある人なら、丁寧に理解して接してくれるけど、実際そうじゃない人もいるよ。

私が>>50で言いたかったことは、日本人と英語圏の人たちの態度の違いについて。もしかしたら人種差別的なことも要因なのかなー?
まぁ気を悪くしたならごめんね。
54: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/07(日) 06:14:21
とりあえず、 D=ド T=ト って発音するのは止めようぜ。かなり恥ずかしいらしい。
真面目な話、英語圏の人間が日本人のこの発音を聞くと、おかしすぎて笑いが止まらないらしい。「僕は日本人でチュー」みたいな感じ。


だから真面目な場所では日本語英語っていうのは誇りを持って使うのは不可能だと思うんだ。
【らしく】聞こえる日本人専用の英語を発明しないとだめだ。
55: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/07(日) 10:09:24
英語のほうこそ改革が必要。
表音表記のくせに整合性の悪いゴミ表記。難解なローカル発音
口頭会話にこれほど向かない言語もない
59: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/07(日) 21:23:38
アメリカ英語喋ると第三世界では狙われやすくなるよ
60: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/08(月) 22:32:39
アメリカのは英語じゃなく米語
イギリスと意味が違う単語も多いし発音も少し違う
71: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/11(木) 11:22:14
けど、いちいちアクセント気にしてたらカタカナ英語作れなくなるじゃん。
通じればいいんだよ通じれば。


ジョン万次郎なんてevening=エブネンとカタカナ発音して通じていたんだから、アクセントなんかそんなに気にして作る必要は無い。
77: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/12(金) 22:03:05
受験英語しか知らないと、生の外人がどう発音するか分からないから仕方が無いのかもね。
それに、口の筋肉や発音の振動で確かめる作業も、「通じるカタカナ英語」を創るのには必要不可欠だ。

英語は「知識だけでは話せない」し、通じる英語は「英語の知識だけでは」作れない。

英と米の英語の違いをどれだけ知っていても、肝心の「彼らに通じる英語」が喋れなきゃ意味が無い。
このスレは「英語の薀蓄を語って悦に入る場所じゃない」と思うしね。

あと、ジョン万次郎は「自分が生で聞いた英語発音」を「そのまま」カタカナにして辞書を出版している。
こういう経緯も知らないで「ただのカタカナ表記」と言い切ってしまうのは無知を晒している様なものだよ。

ジョン万次郎は【英語の知識をひけらかすだけが取り得】の人間と違って、生の英語に触れた日本人だ。
だから彼のカタカナ英語の発音は今でもネイティブに通じるんだよ。
78: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/12(金) 22:27:04
>>77
通じる英語などと言ってるのは、英語を授業以外で話した事が無い証拠
英会話学校に行ったからって、世界を知ったような言い方をするなよw


>英と米の英語の違いをどれだけ知っていても、肝心の「彼らに通じる英語」が喋れなきゃ意味が無い
米で通じても、英じゃ通じない言葉ってのもあるんだよ、坊や
79: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/12(金) 22:44:21
>>78
言いたい事があるなら最初から安価を付ければよかったのに。

俺は別に英語が出来る人間が偉いという考えは少しも持っていない。
なまじ英語の知識があるからといって、出来ない人間を見下す人間は心が狭い低脳だと思っている。

そもそもこのスレの趣旨は「無理して英語発音したくない」でしょ?
要するにカタカナ英語で通じればそれで良いんだよ。英米の英語のアクセントが多少違おうが、通じるカタカナ英語さえ創れればそれで良い。


英語の知識がなまじあるからといって、他の人を見下すような奴はお呼びじゃ無いってこと。

大体、イギリスのコメディーは翻訳無しで主要英語圏に輸出されてる。
もし意思疎通に支障をきたすほどアクセントが違うなら翻訳されるはずだがそれも一切していない。
つまり主要英語圏のアクセントの差異など微々たる物だと言うことが容易に理解できる。
こういう些細なことから推理する論理的思考もあんたは持ち合わせていないようだね。

このスレはいかに日本語発音でネイティブに通じる英語を創れるか議論するスレのはず。
少なくとも「英語の知識をひけらかしたいだけ」の人間は必要ない。
管理人より:この後ふたりは喧々諤々の罵り合いを続けるのですが、つまらないのでカット。
86: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/14(日) 23:31:36
スレ自体に水差して悪いんだけどさ、

「カタカナだけ使ってそれらしく聞こえる発音」を覚える(一語一語どころか連語、文全体をよりカタカナ的に洗練された形で覚える必要がある)より、辞書に書かれてるいわゆる「発音記号」を覚え、その標準的な音声的実現を知るほうが、暗記の手間としても実際の運用としてもずーっと楽だと思うんだけどなあ。
91: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/15(月) 23:21:08
>>86
語学教育一般の理屈としては極めて正しいと思う。
しかし日本の学校の英語教師にそういう仕事のレベルを求めるのは、残念ながら現段階では非現実的だ。
93: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/17(水) 07:50:34
>>86
賛成。というか、それが当たり前。
文章ごとに通じるカタカナ、いわゆるホッタイモイジルナ的なものは、ウケはいいかもしれないが、実際、全くほかに応用できないし、いくつ文章を覚えるんだ?ってこと。


ただし、日本の伝統的辞書の発音記号は出鱈目のものが多いし、「音素」が把握できないので、これが問題だ。
97: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/18(木) 07:58:11
ジョン万次郎のころの日本には発音記号(あるいはそれに準じるもの)や今の英語のカタカナ表記もなかったので、waterを「ワラ」にするのはむしろ当然すぎる。

ただ、ジョン万次郎かいたものを見ると、だれしも気づくと思うが、あまりにも不規則であるし、同じ語でもいろいろな表記がありバラバラ。
つまりブレがありすぎる。
万次郎自体は彼の書いたもので100%発音してはおらず、日本人がわかるように、日本のカナに無理やり表記したとしか思えないものが散見される。
それを金科玉条のごとく万次郎式カナはすばらしい、というのは、はなはだ疑問。
1~5を ワン、ツウ、テレイ、ソワポゥ、パッイワ
本当に完全にこのように彼が言っていたか疑問。
108: 名無し象は鼻がウナギだ! 投稿日:2010/03/20(土) 14:11:04
世界で一番多く話されている言語は
「ブロークン・イングリッシュ」

ハイ、なるほど。言わんとすることはわからんでもないですね。
「rightとlight」「sitとshit」「sinkとthink」みたいなやつは、別の発音でも、日本人のカタカナ英語だと同じになってしまうとかそゆ感じのこと。

でも日本人には難しいから無理して発音すんのやめよう!…というのはちょっと乱暴な気がしないでもない。
こちらの言うことが伝わるかどうか、という点のみ気にしてるみたいだけど、正しいアクセントや発音を知らないと向こうの言うことも聞き取れないですしね。
よく映画なんか観てると「ファスタボゥ」って聞こえる時があってなんだろうなぁーと思ってましたが「First of all(まず最初に)」だと知った時は、ガックリきたもんです。「ファスタボゥ」と「ファースト・オブ・オール」は天地の開きがあろうと言うもの。

スレではイギリス英語とアメリカ英語の違いについてもちょっと出てましたけど、ひとくちに「イギリス英語」「アメリカ英語」つっても、国内でさらにいろいろありますからね。
昔の映画のイギリスの俳優とか観てると、発音がかなりドイツ語っぽいというか、「r」の発音が巻き舌だったりしますから、今ではだいぶんアメリカ英語に近づいていってる気もします。

とにかく英語話者は世界各地にたくさんいるので、訛りも多種多様。
少々の発音がおかしくても、まぁ意思の疎通が可能な程度には通じるというふうに言われますね。はたしてカタカナのジャパニーズ・イングリッシュもその仲間入りできるだろうか…。

「hotel」という単語の場合、カタカナにすると「ホテル」。日本語はアクセントが平板ですが「ホ」に弱くアクセント。
英語の場合は「tel」に強くアクセント。無理やりカタカナで表記すると「ホテイオゥ」みたいに聞こえ、「ホテル」でないことは確かです。日本語は子音と母音がセットになってるから、最後の子音を強めに発音してしまう傾向が。日本人はボイン大好きですね。

いわゆるヘボン式のローマ字表記とあいまって、このあたりカタカナ表記には限度があるのかなぁ~。
向こうは発音のまずさはある程度許容してくれるけど、アクセントを間違うと通じないこともあるそうですから、なんとかアクセントを表記できる方法があれば…。

というわけで、次回は「英語のカタカナ表記を考えるスレ」みたいのをやります。続いて「いやむしろ英語の綴りのルールの方を変えよう!」のスレをやり、英語を中心に据えた言語学ネタを3回に渡ってやります。地味スレですがお楽しみに。
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
森沢 洋介
ベレ出版
売り上げランキング: 97


元スレ:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1266422259/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 0:32
    >>98の"日本語で「ペロ」と言った場合、スペイン語のperoと同じような発音になる。
    しかし、語頭では違う。日本語で「ライス」と言った場合は歯茎はじき音ではなく歯茎側面はじき音になる"
    という指摘が素人の私には興味深いものだった。
    かつてロシアが「おろしゃ」と言われたようにかつて日本語は語頭にr音がこない言語だったが(ハンガリーなどもそうだったと記憶している:母音調和が存在した面でも似ておりおもしろい)、欧化の過程で生み出された新しい言語ルールなのだろうか。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 4:32
    >>10 non-rhoticをdisるのは無茶じゃないかな
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 8:33
    ファスタボゥは「First of all」じゃなくって
    「Firstofall」と前後を繋げてしゃべってるだけなんで発音は難しくないですよね
    問題は聞き取りですわ
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 9:26
    そもそも受験英語って言葉自体がおかしいよな。英語を学ぶのは受験のためじゃないだろ。数学とかは大学に入ってからの基礎になるけど英語はそういうわけじゃないし。
    あと日本人の英語とネイティブの英語の一番の違いは単語だと思う。それこそ受験英語で出てくるような難しい単語なんて一般会話じゃでてこない。ネイティブは全部熟語を使う。イメージだけどね。
      • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.5.8 4:41
      日常のおしゃべりだけできればいいのなら基本語だけでいいんじゃない?

      本来大学は学問をするために行くの
      自分の論文を書くためには既往研究について読む必要があるわけだけど英語の論文や専門書を読む機会は多いし、まともな所に出すなら英語で論文を書く必要もある
      受験英語が大学入ってからの基礎にはならない?笑わせんなよ

      論文なんて書かないとしても新聞・ニュース・本・契約書・取説なんかには難しい()単語いっぱい出てくるよ?
      誰かが日本語に訳してくれるのをのんびり待つか金払って翻訳してもらうのならそれでもいいけどね
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 11:03
    英会話が成立しないのは、発音以前に語彙が決定的に不足してるせいだぞ
    「言いたい事は分るが、子どもと喋ってるようだ」って言われてショックだったが、
    その家の子ども(4歳半)と遊んでたらスゴク意味が理解できた
    おしゃまな子どもが大人ぶって喋ってるような感じなんよ
    「そちらを取ってくれませんこと」なんて言い回しを、舌足らずで喋るからね
    単純簡潔に伝えるために、言い回しや単語を単純簡潔なものに置き換える
    そういうことを、大人は自然とやってる
    それだけで、随分印象が変わってくるからね
    一つの単語やフレーズに、一つの意味や内容しかあてはめようとしない、
    そういう教育の弊害だな
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 13:04
    どうせ国際語なんて世界情勢が変われば変化するあやふやなもの
    そんなことより日本語の国際化目指したほうがよい
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 13:48
    そういえば、三池監督の「スキヤキウェスタン・ジャンゴ」は「マカロニウェスタンは英語の発音めちゃくちゃなのに開き直ってやってるから、日本でもやっていいんじゃないか」ということで登場人物みんな英語なんだとかww
    まぁ、メリケンみたいな言葉もあるんだし、英語が転訛して日本語みたくなるのはありかとは思います。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 14:17
    レイディオを聞きながらトメイトウ喰って寝ろ
      • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.8.4 22:40
      俺はタメイゴゥを食べるぞ!
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.2 17:19
    「ジョン万次郎の時代は発音に則した英語が使われていた」
    ひょっとして大母音推移がいつ発生したのか知らないのか?
  1. >かつて日本語は語頭にr音がこない言語だった

    へぇーそうだったんですか。語頭のrは発音しづらいのかな。
    -----------------------
    >non-rhoticをdisるのは無茶じゃないかな

    地域によっては「r」を発音しないところもあるんですね。なるほど~
    -----------------------
    >問題は聞き取りですわ

    そうですねぇー。話し言葉は早口ですし、lとrをちゃんと聞き取らないと、分からない単語を調べづらいということも。
    -----------------------
    >英語を学ぶのは受験のためじゃないだろ。

    とはいえ学校の英語教育は英語会話のためのものでもないですからね。
    まぁ中途半端ということでしょうか。
    -----------------------
    >発音以前に語彙が決定的に不足してるせいだぞ

    これはほんっとにそう思います。英語の教育要綱が古臭いのかなぁ。
    -----------------------
    >レイディオを聞きながらトメイトウ喰って寝ろ

    Let's Call the Whole Thing Off♪
    という歌によると「トメイトウ」派と「トマートゥ」派があるそうです。
    -----------------------
    >ひょっとして大母音推移がいつ発生したのか知らないのか?

    そゆのがあるんだ…と思ってこれも調べてみたら、ジョン万次郎の頃にはほぼ終わってますね。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.20 7:01
    そもそも日本の高校までの英語教育は英文読解に重点が置かれていて云々
    今はネイティブスピーカーによる授業も行われているが英語に慣れさせる以上の役割は果たせてない
    小学校中学校からネイティブが一々発音やアクセントを厳しく指摘していきながら会話でもすれば多少は発音も改善されるだろうが大多数の子供は意欲をなくしてしまうだろう

    要するにアメリカ英語の発音が出来るようになりたければ幼少期に親がそういう環境を作ってくれるような運に頼るか大人になって必至こいて留学なりなんなりするしかない
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。