人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なぜ光速は不変なのですか? @ [物理学板]


なぜ光速は不変なのですか? @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/14(土) 23:26:56.69 ID:csl1mG0+.ne
なぜなのか教えて下さい。納得がいきません。
相対論の入門書を読んでも光速度不変の謎には答えていません。


以前ある人から
なぜ××さんは光速度不変の原理にばかりこだわり続けるのかよくわかりません
そんなことを言い出したら、なぜ電子の質量は9.1×10-^28グラムなのか?とかわからないことだらけですよ
と言われました。

本当になぜ光だけ不変なのかわかっていないのですか?
2: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/14(土) 23:33:49.01 ID:t9kXiu6e.ne
ローレンツ変換がマクスウェル方程式を不変に保つから
管理人より:「光速度不変の原理」というのは、光は真空中を一定の速度で伝わり、この速さは光源の運動には依存しない、というアインシュタインの提唱した理論。相対性理論の2つの柱の1本です。
マクスウェルの方程式」は電磁場のふるまいを記述した基礎方程式。
(微分形による)マクスウェルの方程式とは以下の連立偏微分方程式である。 マクスウェルの方程式ここで E は電場の強度、B は磁束密度、D は電束密度、H は磁場の強度である。 また ρ は電荷密度、j は電流密度である。記号「∇·」、「∇×」はそれぞれベクトル場の発散と回転である。

ローレンツ変換」は
2 つの慣性系の間の座標(時間座標と空間座標)を結びつける線形変換
と言われてもよくわからないので、大雑把に言うと、物体の移動速度が早まれば、物体の長さがちょっぴり縮むとかそういうことだそうです。なんかこれ毎回書いてる気がするなぁ。
ローレンツ変換は、マイケルソン・モーリーの実験結果を矛盾なく説明する手段として提案された。ローレンツは、時間の流れや光速度はすべての基準座標系において同一と考えたため、「大きな速度で動く座標系では、2 点間の距離(物体の長さ)は縮む」というローレンツ収縮を結論した。しかし、ローレンツ収縮は実験結果と矛盾した。後に、アインシュタインは、光速度の不変性と物理法則の相対性(「物理法則はあらゆる慣性系間で同一である」)の 2 つを原理として、特殊相対性理論を築いた。そこでは、ローレンツ変換から帰結される事実として、時間の進み方が観測者によって異なることを結論した。

マイケルソン・モーリーの実験
マイケルソン・モーリーの実験」というのは、当時、光の媒質であると考えられていた「エーテル」という架空の媒質を検出するために行われた実験。
図のように、真ん中にハーフミラーを斜めに置いて、分散した光がどのように到着するかの時間を測るもので、装置全体が回転できるようになってます。で、これを地球の時点に垂直に、あるいは平行にあれこれ向けて実験しましたが、結果は変わらず、光が進むのに媒質は必要ない=エーテルは存在しないということが明らかに。
5: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 00:53:15.26
光の速度が一定ではなく、真空における光の速度がこの世の上限速度。
何故そうか?
この世の物理現象を説明するのに最も適当であり、また観測結果や実験結果とも一致しているから。


まず数式ありきではないぞ。
6: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 03:39:44.40
>>1
どの答えも「ローレンツ変換」で数学的でつまらない。物理的な答えがほしいのだろう。

物理は「何とか力学」ばかり出てくる理由を考えたことがあるか
物理学の中心が「力」であり絶対的なものだからだ。そして全て近接作用つまり伝播する。

力の法則が観測者(座標)に依存しないならば、力の伝播も絶対(一定速度)でなければならない。
光とは電磁力の伝播であり、真空中では物質に邪魔されない理想的な力の伝播となる。
現代物理学が教えるところによれば、電磁力だけでなく重力、強い力、弱い力も全て同じだという。


キミは絶対的な力が欲しいのだろう、ならばくれてやる
14: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 22:22:34.25
>>6 のつづき
万有引力の法則とクーロン力の法則くらいは中学生でも知ってるだろう

F=m*n/r^2 だ。物体が並進運動してる場合、rは何時の距離なのか?
現在の瞬間の物体同士の距離ではない。
現在の物体同士に力が伝播する時間t= x/c 以前の距離xなのだ。
そして力の伝播速度cは、どの観測者(慣性座標)でも不変だとするのが相対論力学だ。
7: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 10:50:17.71 ID:iwHZtpWz.ne
物理は実験によってしか確かめられない原理(経験則)を見つけて、そして運用して予言する学問だからね。
13: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 21:13:51.68 ID:NcsGtarA.ne
>>1
この説明みたらよく解かる
光速度不変性の原理の地位
10: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 13:15:08.97
>>1
全ての運動が相対的でマックスウェルの電磁気の方程式が全ての慣性系で等価になるためには光速は絶対でなければならないから。

ジェームズ・クラーク・マクスウェル実はマックスウェルは光速は相対的で、光源と観測者の相対速度で変化すると考えた。
しかしそれを確認できない(当時の技術ではその差を検出することはできない)と嘆いた。

アルバート・マイケルソンエドワード・モーリー
しかしマイケルソンとモーレが困難を克服して実験を行った。
しかし、充分な精度で試験したにもかかわらず、光速の変化を検出することはできなかった。


ヘンドリック・ローレンツローレンツらは、光速が変化しても、その差を検出できない理由をいろいろ考えた。

アルベルト・アインシュタイン一方アインシュタインは、そもそも全ての運動が相対的であり、マックスウェルの電磁気理論もそれに従うなら光速は絶対出なければならない、と考えて相対性理論を提唱した。
ここがアインシュタインのえらいところ。
19: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/16(月) 21:00:02.91 ID:3FUCV6VH.ne
これ、よくある浅はかな回答だから騙されるな。

>全ての運動が相対的でマックスウェルの電磁気の方程式が全ての慣性系で等価になるためには光速は絶対でなければならないから。
現実の宇宙がどこでも相対的なのか、そんなことはこの地球上の誰も断言できないし全宇宙を調べることもできるわけがない。
アホノシュタインの相対論というのは一人のボンクラの妄想であって、宇宙はいつでもどこでも机上の空論である「絶対に相対的なもの」なのかどうか、永遠に答えなど出ない。
むしろ多様であり不均一と考えるほうが自然である。
電磁方程式を含めた物理法則は決して相対的なものではなく、場所や状況によって形が変わることを全宇宙レベルで否定できる存在はいない。

少なくとも、太陽系すら脱出できない地球人レベルがそれを否定するのはおこがましいにもほどがあってちゃんちゃらおかしいわ。

光速は誰が観測しても不変なのか、地球人レベルでは断言などとてもできない。
とりあえず、このせまい地球上の今の測定技術レベルでは光速に差が見出せないという答えが正しいんだよ。


電磁方程式から導出される電磁波の速度を光速とみなしているが、その元となる誘電率と透磁率は、その測定系での値だから光速もその系での速度となるのだが、この基本を理解せずにマックスウェルもこの速度が何に対するものなのか悩んだ、とかデタラメこいている池沼連中がいるから騙されんなよ。
そんなもの、誘電率と透磁率を測定した系での速度に決まってるし、電磁気学を本当に理解してる人間は一切悩んでなんかいないからな。アホらしい。

すべては池沼相対論アホノシュタイン教のあとづけだから、wikiはじめクソサイトに騙されんなよ。
30: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/16(月) 23:13:56.30 ID:5Xn/GTlC.ne
>>19
地球から観測される範囲の宇宙で相対性理論は厳密に成立する。
誰も確認できない「可能性」だけを盾に相対性理論を否定しても虚しいだけだ。
管理人より:上の方に挙がってる光速度不変性の原理の地位によると、
まず指摘しておかなければならない点は、『光速度不変の原理』が、(しばしば誤解されるように)「運動している観測者から見ても光は同じ速さで伝わる」と主張するものではないことである。原論文にはっきりと記されているように、この原理は、光速が「光源の運動に無関係」だと言っているのであって、「観測者」の運動状態については全く触れていないのだ。アインシュタインのロジックの構成を理解する上で、この点はきわめて重要である。
と書いてあるので、よくある誤解のひとつでしょうか。
ちなみにこの赤枠さんはスレでは「相間」と呼ばれていますが、そういう物理用語に基づく揶揄なのか、物理板の名物コテハンなのか、判別できず。おそらく後者。
8.9追記:コメント欄で「もしや、対性理論は違ってる厨なのでは?」とのご指摘があり、それかなーと思いました。
11: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 20:30:19.41
光速99%の速度でで宇宙船で1年生活すると地球では7年が過ぎている。
タイムマシンは完成だね。
12: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/15(日) 20:48:37.21 ID:/wQPqEBE.ne
>>11
だから、未来に行くのはもんだいないんだつてば。
問題は過去へ行くことができない点。
21: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/16(月) 21:09:06.07 ID:3FUCV6VH.ne
>なぜなのか教えて下さい。納得がいきません。
>相対論の入門書を読んでも光速度不変の謎には答えていません。
納得がいかなくて正解ってこと。それでよい。
全宇宙レベルで光速不変や相対性原理(物理法則の形は不変)など、誰も調べようがないんだから納得できないチミが正しい。


これ、納得したつもりになってる連中は知的レベルのおかしい池沼だからな。
知ったかになって相対論ふりかざしてると、加速器の中で起こっている現象をすべて、相対論でこじつけようとするから意味分からん素粒子がどんどん出てきてしまって、まったく収拾の付かないデタラメ素粒子論詐欺の池沼ザルどもと変わらなくなるから、知ったかはやめとけよ。

素粒子論はメシ食うための詐欺集団であって、その道具が相対論教。
そんなもん、まずはとなりの銀河系でも同じことが言えるのか確かめてから言えカスども。

このボンクラどもの素粒子論は大嘘デタラメだから、実社会にはまったく何の役にも立っていない。それが現実だ。
32: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/17(火) 08:19:54.29
光って減退して波長が伸びたりしないのかな
空間が伸びるとかどう考えても無理があると思うんだけど
35: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/17(火) 12:22:08.07
>>32
CGの元絵は莫大な数の微小な三角形(ポリゴン)で構成されてるので拡大・縮小・変形できる。
宇宙空間は真空でもそれと同様なテンソルで構成されると仮定するから伸び縮みできる。

それを認めるかどうかは自由
管理人より:「テンソル」というのは、物理ではよく出てきますがどこの説明を見てもよくわかりません。管理人がおぼろげに理解したところでは「ある一定の量を多次元的に計測する目安・計測用データ集」みたいなもの。スカラー(大きさ)やベクトル(大きさと向き)の上位互換版のような…。もうちょい分かりやすい説明があったら教えてください。
39: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/17(火) 23:04:52.29 ID:V3y0otZO.ne
>光って減退して波長が伸びたりしないのかな
その考えは普通にある。
遠方の天体が放つ光の赤方偏移は宇宙が膨張している証拠とされているが、実は長距離では光の波長が伸びる特性があるとすれば宇宙が膨張しているわけではないという考え方だ。

これも誰も否定できない。

つまり、相対論や宇宙論そして素粒子論はいかに「思い込み」の危ういエセ科学かが分かろう。
地球上での今のところの技術での辻褄合わせが全宇宙の真理だと思い込んでる連中のヨタ話ってことだ。
管理人より:これも毎回書いてる気がしますが、「赤方偏移」というのは、離れていく光源のスペクトルがちょっぴり長くなる現象のこと。波長の長い可視光は赤、短いのは青(紫)なので、赤い方にズレるということでそう呼んでます。このように光の波長がズレることを「光のドップラー効果」とも。
40: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/17(火) 23:33:38.18 ID:68ZK3l+Z.ne
>>39
>実は長距離では光の波長が伸びる特性があるとすれば


宇宙論的赤方偏移はドップラー効果である
宇宙空間を伝播する過程で未知の理由によりエネルギーが減衰するならば、距離に比例する赤方偏移が生じる。
データに基づいて否定された
43: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/18(水) 18:42:24.67
>>40
>データに基づいて否定された
それは何の障害物もない事前提じゃないの?
加速膨張はダークエネルギーがある事前提だと思うけど

なんか不公平だね
46: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/18(水) 22:28:37.39
>>43
>それは何の障害物もない事前提じゃないの?


未知の理由によりエネルギーが減衰するならば、距離に比例する赤方偏移が生じる。
データに基づいて否定された


未知だから原因が何であれ(障害物であれ)だろ。
47: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/18(水) 23:51:12.00
宇宙にある物質の約半分は銀河間空間にある
非常に希薄な銀河間空間

ひじょうに希薄らしいけど何億年もす通り出来るものなのかな
48: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/19(木) 00:08:55.51 ID:vtl9/yqe.ne
>>47
100億光年超まで見えてるわけですが
それに途中で物質にぶつかりまくってたら、フラウンホーファー線があちこちに出来るし線も滲むはずだ

しかし太陽と10億光年先を比較しても、綺麗に赤方偏移が起こっているだけ
赤方偏移これはシンプルに考えると膨張しているということ
45: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/18(水) 21:22:45.01
物質によるエネルギー減衰ならそれは波長に依存するはずだな。
つまり同じ銀河からの電磁波でも波長により赤方偏移量が違うはずだ。
そんなデータはあるのか?
49: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/19(木) 04:33:41.87 ID:OFL5DAmM.ne
>つまり同じ銀河からの電磁波でも波長により赤方偏移量が違うはずだ。
今観測してるのがその結果だろ。
一つの銀河でもいろんな色が混在して見えるのは、元の波長のままなのか波長が伸びているのか、何を見ているのか分からんってことだ。


しょーもないエセ理論で、超長距離でも元の波長のままだとか思い込みが激しすぎるバカザルばっかなのが、相対論宇宙論素粒子論の落ちこぼれどもだってーのボンクラ
52: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/19(木) 10:25:38.88
>>49
>何を見ているのか分からん
>>48にあるように、元素特有の吸収線など、元の波長がわかっているものを目印にして、どれだけ偏移しているかを観測している。
何を見ているかわからんなんてことはない。
57: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 00:17:51.76 ID:i1tJ92OW.ne
ある方向に星があるが、その星が出す光と同じ方向に光速で移動する観測者にはその光は見えない。
なぜなら、その光が観測者に到達していたとしても電磁波としての振動がないからである。


また、ある方向に星があるが、その星が出す光と同じ方向に光速の2倍で移動する観測者にはその光は星と逆方向から来るように見える。
光をその2倍の速度で追いかけることは、逆方向に光源があるのと同じ見え方をする。


ちょうど光速やその2倍の速度でなくても、観測者が光速を超えていれば光源の位置は真逆の方向になり、振動数と波長も変わる。

つまり、この宇宙で見えている銀河の位置は、実際にその位置なのか真逆の位置なのか分からないということだ。
このことに気付いている人間は見たことがない。
それぐらい、相対論宇宙論素粒子論の落ちこぼれどもはボンクラのクズばっか
60: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 14:34:28.05
>>57
昔々からある「間違った論理」だが当人以外の人にどこが間違いか見てみる

星(太陽でも)を見て、首を回せば星との距離から運動は光速を超える見かけの速度を、実際の運動速度と言うのは基地しかいないので論外。

(1)地球の観測者から見た、実際に光速を超える物体運動は天体でも今まで観測されていない。否定するなら実例を具体的に示せ。

(2)観測者Aから見た物体BとCが反対方向にほぼ光速で運動したとして、BCの距離が光速の2倍の速さで開くのは誰も否定しない。
しかし、B上の観測者から見たCの速度は光速の2倍かどうかは実際Bの観測でしか判らない。仮に2倍(加算)と仮定してみる。

(3)地球が他の天体から見れば運動している事実を認めればBの観測者と同様になり、1の観測事実と2の仮定は矛盾する。

つまり、観測事実を無視した自説(速度の加減算)を元に論理展開してるだけ。
自然はきみの説と違う運動のやり方をするだけだ。
61: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 15:54:49.88 ID:9nw1lcuA.ne
>>57
>観測者が光速を超えていれば光源の位置は真逆の方向になり振動数と波長も変わる。
>つまり、この宇宙で見えている銀河の位置は、実際にその位置なのか真逆の位置なのか分からないということだ。
天体の位置距離は赤方偏移に頼らずに調べる事が出来る
その距離と赤方偏移は比例関係にある(一部の近隣銀河を除く)


>このことに気付いている人間は見たことがない。
気づいてないんじゃなく、多角的な観測事実と全く整合性の無い話なので相手にされないだけ。

相対論・量子論・ビッグバンを否定するのは結構だけど、もうちょっと真っ当なのを推すべき
65: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 19:10:21.39 ID:i1tJ92OW.ne
>天体の位置距離は赤方偏移に頼らずに調べる事が出来る
宇宙スケールでは、光はどのように伝播するのか(減衰および周波数の変化、星間物質の影響等)まったく不明なのに、サルは勝手に妄想してろなバカザルども
66: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 19:45:15.17 ID:LtcD50It.ne
>>65
ここで起こっていることはあそこでも起こっているだろう。
そしてそれは観測結果とよく合う。

一方、君の言う「違うかもしれない」は観測されたことがない。
69: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 21:09:18.61
相対論・量子論・ビッグバン

どれも人類の直感に反した世界観だし、最初からすんなり受け入れられたわけじゃない
ただただ実験・観測結果にぶっちぎりで合致するからこそ定説になれたんだよ

定説はあらゆる方向からの検証(あら捜し)にほぼ耐え、一部の不一致はダークマターなどの仮定で説明しているのに対して、他の理論は仮定の数がずっと多く、さらに仮定での説明すらされない点も多々ある
70: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 21:59:04.25
身近というか地球上で空間が伸びた現象ってあるの?
部屋の空間が伸びたら面積増える?
先生よくわかりません!
71: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/20(金) 22:22:30.69
>>70
地球から冥王星までの距離でみて1秒間に0.13ミリの膨張が
検出できるか?っていう。
銀河間スケールで分かる事なの。
72: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 05:24:13.36
空間に本当に何も無ければ「伸びる」とかは無意味、2つの物体が力学運動で離れても空間が伸びたとは言わないだろ
空間には電磁力・重力が存在して力が伝播する、その距離・時間進みを決める物理的実体があると認めた上での議論になる
84: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 14:43:20.30 ID:0jUT5Nzg.ne
>>72
>2つの物体が力学運動で離れても空間が伸びたとは言わないだろ
これにはどういする。

では、皆は何を以って「空間が伸びた」と言うのだ?
それを示すのは赤方偏移のみか?
86: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 21:53:49.41 ID:jZWLKQPn.ne
>>84
> これにはどういする。では、皆は何を以って「空間が伸びた」と言うのだ?
30万km/sという速度はどの観測者からみても不変であるという前提があるから、そのつじつまあわせのために空間が伸びたという解釈をしているだけ。
76: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 12:18:46.03
中学の時ニュートン力学を勉強するだろ?
中学性が扱う力学の範囲ではこれが完璧に正しいと考えていい。

確かにアインシュタインは相対性理論でニュートン力学を書き換えた。
でもそれは中学生には無理だ。
「作用反作用の法則は間違ってる」
なんて言っても無駄だ。

いま、相対性理論も僕らが議論する範囲では厳密に正しいと考えていい。
確かに今世界樹運物理学者たちは相対性理論を書き換える理論の構築に躍起になっている。
そのうち新しい理論で書き換えられる日が来るかもしれない。
でもそれは僕らの想像もできない条件でのことだろう。

だから僕らのレベルでは「光速が一定だなんておかしい」と言っても単に相対性理論を理解できてないだけだ。
77: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 12:22:27.92 ID:jZWLKQPn.ne
ちなみに光そのものの速度は不変じゃないぞ。
80: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 12:35:02.66
それはわかってる。
だけど議論の肝はそこじゃないだろ?

それともこのスレの「なぜ光速は不変なのですか?」に対して「ガラスの中や水中では光は遅くなるよ。だから屈折するわけだ」というのが解答なの?
81: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 12:47:14.56
物理学は「何故」に答えない。
答えてほしかったら哲学板に行け。
82: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 12:50:51.93
物理学の範囲で答えるなら、光には質量がなく、質量が無い粒子はみな光速で運動する。
別に光が特別な訳ではない。
というところまでだな。

そっからさきは哲学か宗教だ。
83: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/21(土) 13:09:56.79 ID:jZWLKQPn.ne
地球の自転する方向と、逆の方向、それぞれで光の速度を計測したときに同じ速度が計測されている。
つまり、30万km/sの速度はどんな観測者からみても秒速30万km/sということがいえる。


これは実験結果からうまれたまぎれもない事実であり、どうしてそうなるのかは誰にもわからない。
管理人より:上述の「マイケルソン・モーリーの実験」その他のことです。
93: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/22(日) 11:16:08.33 ID:bZIZOPU2.ne
>>83
あなたが正しい側にいるのはわかっているが、次のことは訂正させて欲しい。

>つまり、30万km/sの速度はどんな観測者からみても秒速30万km/sということがいえる。
>これは実験結果からうまれたまぎれもない事実であり、どうしてそうなるのかは誰にもわからない。
アインシュタインは、運動の相対性を電磁気学に適用するならば、真空中の光速はどの慣性系から測定しても同じになるどいうことを論理的に導いた。
なぜかわからないが測定したらそうなってたというのはローレンツまで。
89: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/22(日) 07:04:17.59 ID:kQjY7dAP.ne
>地球の自転する方向と、逆の方向、それぞれで光の速度を計測したときに同じ速度が計測されている。
その実験はいまだにあやふやであり、光は速すぎて速度差を見い出す技術が確立していないというのが正しいんだってサルが
91: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/22(日) 09:14:57.38 ID:Bb8tY++i.ne
>>89
> その実験はいまだにあやふやであり、光は速すぎて速度差を見い出す技術が確立していないというのが正しいんだってサルが
マイケルソンらの実験は、その後のより制度の高い観測でなんどもおこなわれているが、同様の観測結果が得られている。

なんどもいうが、「空間が伸び縮みする」ということは直接実験から得られた観測結果ではないぞ。
実験結果で得られているのは「光速度不変」であって、「空間が伸び縮みする」というのは「光速度不変の原理」からうまれた解釈。
虚無な空間であろうが、なんであろうが、「空間が伸び縮みする」と考えることによって「光速度不変」の矛盾を解決しようとしているだけ。


ちなみに、重力により空間が歪むことが重力レンズで確認できるとかいうはなしは、ここでは関係ないぞ。
92: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/22(日) 10:44:49.03 ID:bZIZOPU2.ne
>>89
>その実験はいまだにあやふやであり、光は速すぎて速度差を見い出す技術が確立していないというのが正しいんだってサルが
ちょっとは勉強してからものをいえ
96: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/22(日) 12:20:44.93 ID:Bb8tY++i.ne
赤方偏移←「宇宙が膨張している」と、「空間が伸びる」を混同しているとおもわれ
116: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/03/23(月) 04:12:35.10 ID:pmyEW7Ag.ne
>>89
あの~サルはお前だと思うよw

ハイ、赤枠さんがひとりで荒らしまくってたので、まとめようかどうしようか迷ったスレ。ちょっと宇宙寄りでしたね。

まぁ気持ちはわかんなくもないというか、真空中を時速100kmで飛ぶ宇宙船のライトから出る光は、なんだか「光速度+100km」のような気がしますが、そうではないんですねぇ。
これは現在では様々な局面で確認されることなんだそうで、どうやら本当のことなんです。不思議だ…。

光のモトというか「光子」というのは質量がゼロなんだそうで、質量ゼロの物質が飛来する速度の上限が30万km/秒なんでしょうか。それ以上はどうやっても超えることはできないんでしょうか。仮にそうだとするとSFによく出てくる「ワープ航法」なんて無理ですねぇ。

「光速度不変の原理」というのは、それまでの様々な研究を基にアインシュタインが提唱した理論ですが、元はこのひと、「もし自分が光速で飛ぶことができたとして、その時鏡を持って自分を見たら何が写るのか?」というのが、そのきっかけだったと言われています。
当時はまだアインシュタインはベルンの特許局で働いてた頃に思いついたそうですが、よくそんなことを疑問に思いましたよね。

同じこと以前も書きましたけど、あのニュートンだって万有引力の法則を思いついたきっかけは、「木からリンゴが落ちてくるのを見て、その梢の先に見えた月は、なぜリンゴのように落ちてこないのか?」がきっかけだったと言われていますし、偉大な発見というのも、そのきっかけはなんでもない疑問なんですよねー。

もちろんそのきっかけを理論化するのに莫大な時間と知的労働があるにしても、些細なことに疑問を持つ心を大事にしたいもの。
そういうのが、相対性理論をも覆す大発見に繋がるかもしれませんヨ。
光速より速い光 ~アインシュタインに挑む若き科学者の物語
ジョアオ・マゲイジョ
NHK出版
売り上げランキング: 571,266


元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/sci/1426343216/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.9 21:27
    物質が移動してるんじゃなくて
    エネルギーが移動してるだけだから

    たとえば船が発生させる波は船が居る点から発生する
    波の速度は『船の移動速度+波の速度』には成らず
    船が発生させる前に進む波も横に進む波も後ろに進む波も同じ速度になる
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.9 22:38
    相間・・・もしや、相対性理論は間違ってる厨の意味か?w

    特殊相対性理論は人間の常識からはずれている事を言ってるわりに、平易な数学で説明されてるので、誰しも通る道ではあるよね
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.9 22:43
    光速は超えられないということは、最初っから超光速なら問題なしだったりします
    いわゆるタキオン粒子ですが、逆に光速未満には減速できませんけどね

    昔はよくタキオン入りのペンダントが売っていて、身に着けるとダイエット効果があったり金持ちになったり恋人ができたと言われています
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.9 23:08
    間違っているというなら、それを示す観測結果を出せばいいだけ。
    赤枠はなにをぐずぐずしてるんだ。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.10 2:06
    有名な(思考)実験だけど、『落下するエレベーターの壁で光ったライトが反対側の
    壁まで到達する距離』は、エレベーターに乗っている人から見ると壁から壁までの
    距離、地上から見ている人にとっては落下する放物線が描く距離。

    かかる時間は同じだが観測している人間にとっては違う距離…なかなか理解しづらい。

    速度についてはマイケルソン・モーリーの実験で「相対的には変わらない」と結論
    づけられたな。その時は結果だけで原因や性質については論議されたまま。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.10 10:46
    「無限大」は数学にはあるが現実世界には無い。 あるのは「事実上の無限大」。
    事実上の無限大を更に大きくする事は出来ない。
    何故なら無限大より大きな数は無いから。 つまり事実上の無限大は一定。
    この理屈に従えば光速は「事実上の最速」でありその速さは一定である。
    とかいう理屈をどこかで読んだ。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.10 11:32
    単に光より早いものがまだ発見されてないだけでは?
    じゃだめなの?
    今後タキオンだとかが発見されたらそれに合うように理論が修正されるだけ
    物理学があって世界が合うように成り立ってるのではなく、逆だからね
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.10 12:35
    多くの理論は「光速は不変」という前提で成り立っている。
    じゃあ「光速は不変」というのは、何か明確な根拠があって導き出された物なのか、
    理論上や今まで行った実験を踏まえると辻褄が合うからって事で成り立ってるのか。

    ってことを>>1は聞いてんじゃないの?

    「当たり前」とされてる物が形成された経緯を聞いてるのに、
    「そう考えるのが当たり前だから」とだけ返されてるような。
      • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.8.11 22:32
      定義だもんな
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.10 14:35
    1+1は何故2なの?ってのと基本同じ質問
    そのように定義して理論を構築したってだけ

    なぜそのように定義したかというと
    そう定義して構築した理論がいい具合だからだ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.10 16:22
    結局のところ、「観測者が3次元を知覚する人類」だからでしょ
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.11 22:31
    別に普遍でなくても良いのよ
    普遍と言う事を定義にしてるから普遍になるだけで他になにかいい定義が有れば不変でなくてもいい
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.8.12 1:10
    定義というよりか原理または仮定だな
  1. >相間・・・もしや、相対性理論は間違ってる厨の意味か?w

    そういう意味かもしれません。追記しておきました。どうもです~
    ----------------------------
    >速度についてはマイケルソン・モーリーの実験で「相対的には変わらない」

    当時としてはなかなか厳密な装置だったそうですね。ノーベル賞ですたい。
    ----------------------------
    >いわゆるタキオン粒子ですが、逆に光速未満には減速できませんけど

    へぇーそうなんですか。「速度落としたら負けなんじゃあー!」と言って、学ラン姿で爆走する漢・タキオン先輩が脳裏に浮かびました…。
    光速がなにかの境目になってるんでしょうか。
    ----------------------------
    >この理屈に従えば光速は「事実上の最速」
    >単に光より早いものがまだ発見されてないだけでは?

    あったとしても人間には観測できないだけかもしれませんしね。
    ----------------------------
    >「そう考えるのが当たり前だから」とだけ返されてるような。

    まぁ一応スレでもマイケルソン・モーリーの実験についても触れられていますし、実験で確かめた面も多いのでは。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。