人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【桜】日本人と花の関係について語ろう【朝顔】 @ [民俗・神話学板]


【桜】日本人と花の関係について語ろう【朝顔】 @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2010/09/11(土) 16:33:32
日本人と花の歴史を語りましょう
2: 天之御名無主 投稿日:2010/09/12(日) 00:03:50
高校生のとき、古典にでてくる花は桜を指すって聞いて桜の特別扱いに何故か嫉妬した
3: 天之御名無主 投稿日:2010/09/12(日) 08:42:19
万葉集だと梅が多いよ
桜はそれ以降
4: 天之御名無主 投稿日:2010/09/12(日) 15:13:36
中国では桃だから記紀の時は桃だったと思われ
桜
管理人より:というわけで今回は花にまつわる和歌を、チョロチョロ挟んでいきたいと思います。
春霞 たなびく山の 桜花 見れどもあかぬ 君にもあるかな
(春霞がたなびく山の桜花のように、いくら見ても飽きないあなたです)

詠み人知らず(古今和歌集)

5: 天之御名無主 投稿日:2010/09/15(水) 02:29:19
日本の花って何があるかね?
椿とか?桜は日本の花じゃなかったような…。
6: 天之御名無主 投稿日:2010/09/15(水) 06:50:09
韓国人はそう主張してるが、桜(ソメイヨシノ)はクローンだから純粋に日本オリジナルの花だよ。
椿は中国。油を取るために輸入された。


それより、菊と藤がなぜ皇族系の紋に使われてるのか気になる。
藤は蛇と同義だからなんとなく解るけど・・・
菊は鏡かなあ?
8: 天之御名無主 投稿日:2010/09/15(水) 21:24:51
>>6
太陽じゃね?
9: 天之御名無主 投稿日:2010/09/17(金) 01:03:58
>>6
ユキツバキは日本にしか野生がない
椿
管理人より:古くは古事記にも登場し、神聖なものとみなされていたようです。
河上の つらつら椿 つらつらに 見れども飽かず 巨勢の春野は
(川辺に咲く椿をいくら見ても飽かないほど、巨勢野(こせの)の春は美しいものだ)

春日蔵首老(万葉集)

11: 天之御名無主 投稿日:2010/09/19(日) 02:16:47
菊を「キク」って読むのは、音読みだろう。
訓読みがないってことは、完全な外来種の花を、天皇家は家紋にしているのか?
19: 天之御名無主 投稿日:2010/09/23(木) 15:31:17
>>11
菊が観賞用になったのは中国の影響だからね。
野菊は自生していたが、観賞用の大輪種は比較的近代の13世紀に渡ってきたと考えられる。
和音が生まれなかったのはそのためだろうね。


ただ、一部では古代メソポタミア~ユダヤ王家が菊の紋章を使っている事に結びつけて、日ユ同祖論の根拠にしている人も居るようだが流石にトンデモだね。

菊紋は、菊好きでよく知られている後鳥羽上皇が、自分で打った刀に使い始めたのが、確認できる最古の例だから。
20: 天之御名無主 投稿日:2010/09/27(月) 00:59:46
>>19
この板で、学問的な書き込みを久しぶりに見たな。
菊
管理人より:上でも言われているとおり、飛鳥時代、奈良時代には観賞用の大きな菊はなく、平安時代になって和歌にも登場します。桜が春なら、菊は日本の秋を象徴する花。
おく霜に うつろはんとや 朝な朝な 色かはり行く しら菊の花
(霜の降りる中移ろいゆくようだ、毎朝色が変わってゆく白菊の花よ)

後嵯峨院大納言典侍(新続古今集)

12: 天之御名無主 投稿日:2010/09/20(月) 12:15:39
なんか、卑弥呼と同時代の遺跡から、桃の実が2000個以上発掘されたってニュースでやってたね。
桃は悪霊や災難から身を守ると言われてるし、薬としても使われてたからやはり特別な意味を持っていたのだろう。


桜が高級な桃の庶民代替品だったとすれば、何となく理解できる。
14: 天之御名無主 投稿日:2010/09/20(月) 15:03:35
そういや最近は建築で風水学を利用してるものが多いな。
桃の花を植えてる所もあった。
桃
管理人より:桃は中国原産。夏にはあま~くておいしい果実をつけ、その実は血行を促進し婦人病や利尿にも作用するとのこと。和歌では女性の美を修飾する時に使われることが多かったようです。
桃染めの 浅らの衣 浅らかに 思ひて妹に 逢はむものかも
(桃の色に染めた薄い色の着物のように、薄っぺらな気持ちであなたに会ったりはしないのですよ)

詠み人知らず(万葉集)

18: 天之御名無主 投稿日:2010/09/23(木) 11:53:30
なんで白かった桜をわざわざ桃色になるように改造したんだろうか。
21: 天之御名無主 投稿日:2010/10/01(金) 09:40:08
桜花、梅花、橘花、藤花、数十年前にあるモノにつけられた名前・・・
22: 天之御名無主 投稿日:2010/10/01(金) 22:04:37
やはり、ジェットが吹き出すさまが花がさいたように見えたからでしょうかねえ・・・・・
桜花はまさに花のように散ったわけですが。
23: 天之御名無主 投稿日:2010/10/06(水) 13:45:44
何か最近、桜花という名前の子どもを見たんだけど、親はそういう歴史をしらないのかね?
自分はギョッとしてしまった。
33: 天之御名無主 投稿日:2010/11/22(月) 11:55:20
>>23
自爆グライダーの桜花なら海軍の勝手で命名されただけだし、本来の意味の桜花なら別に不自然じゃないでしょう。
桜花22型
管理人より:「桜花」は第二次大戦末期に開発された、爆弾にちょっと翼が生えてる感じの特攻兵器のひとつ。
親を惟ひ 国を憂ふる心あらば 身を桜花となりて 散りゆかん
(両親を懐かしみ、国の行く末を憂う気持ちがあればこそ、身体を桜花と変え、散ってみせよう)

谷暢夫海軍少尉(特攻隊員の書簡より)

英霊よ、安らかなれ…。
27: 天之御名無主 投稿日:2010/10/08(金) 07:10:37
くだもののことを「もも」というよね。
28: 天之御名無主 投稿日:2010/10/08(金) 15:58:01
言うのか?
水菓子、木菓子くらいしか果物の言い換えは知らんけど。
29: 天之御名無主 投稿日:2010/10/09(土) 12:03:04
そういや、桃の仲間でないのに「コケモモ」とか「ヤマモモ」ていうのあるよな。
おいしい果物自体をあらわす言葉でもあるのか?
30: 天之御名無主 投稿日:2010/10/09(土) 17:11:11
広辞苑の桃の項や果物の項には載ってなかったから多分方言。
38: 天之御名無主 投稿日:2011/03/03(木) 19:03:19.44
武家には古来、菖蒲(アイリス)。五月五日は菖蒲の節句。

古来、花は梅。
桜の花見は神霊、具体的には山の神(里山に鎮まる祖霊神(先祖霊)と土地神)=田の神(里山から降りて田の神、豊穣の神と成る)の依代とされて、農事に先立ち里山へ村人総出で神迎えの神事として行っていたのが元来の意味。

酒食を伴うのは神人同食、直会の神事が本義。

コレの一大転機が太閤秀吉公の催した世紀の一大イベント。醍醐の花見。
もちろん、当時は近年主流のソメイヨシノは有りません。
山桜などが主流。


ソメイヨシノは江戸時代中期に挿し木で人工的に作られた鑑賞用品種。
ソメイヨシノは花は咲かすけども種を結ばない(タネのようなモノは作る)ため、数本の原木からの挿し木で人工的に殖やしていく全てはクローン木。
だからほぼ同時期に一斉に咲いて同時期に散ります。


現在、ソメイヨシノの種としての寿命が短く成っていると言われ、山桜などは百年、二百は普通なのに六十年程度に成っているのでは?と言われています。また、ちょっとしたキズにより腐りやすく、さらに枯死に至る場合もザラに有ります
39: 天之御名無主 投稿日:2011/03/03(木) 19:09:05.74
桜の季節は旧暦の桃の節句(三月三日)の頃に重なります。
これからも桜が重用されだしたのが比較的新しい事の査証とも成るかも。
40: 天之御名無主 投稿日:2011/03/05(土) 19:17:00.78
いざとなれば「きぼう」に種持っていけば解決済んじゃね?

宇宙桜はどれもすくすく育ってる事だし
梅
管理人より:桜はもう出しちゃったから、梅の歌でも出しましょうか。
人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞ昔の かににほひける
(あなたはわたしのこともご存知なくそのようにおっしゃるが、昔なじみのこの宿では梅の花だけがわたしの心をよく知っていて、昔と変わらない香りで迎えてくれている)

紀貫之(古今和歌集)

41: 天之御名無主 投稿日:2011/04/03(日) 20:17:36.82
アサガオの語源?ルーツ?を知った時感動した
43: 天之御名無主 投稿日:2011/05/11(水) 14:20:00.43
>>41
駅なんかによくあるあれの事?

江戸時代には品種改良が盛んでいろんな朝顔があったんだってね。
44: 天之御名無主 投稿日:2011/06/05(日) 14:33:32.32
江戸時代でも品種改良とかしてたんですねー!

朝顔は昔、織姫と彦星関連の名前だって聞いた事があったので!

民俗学は図書館で本を借りるぐらいの知識がありません...申し訳ないです
45: 天之御名無主 投稿日:2011/06/16(木) 08:29:42.84
変化朝顔 江戸時代 で検索するといろいろヒットするね。
画像もたくさんあるけど、ものによっては普通の朝顔とかけ離れ過ぎてて、あまり綺麗に思えない(汗)
55: 天之御名無主 投稿日:2011/08/05(金) 01:16:41.46
朝顔につるべ取られて
56: 天之御名無主 投稿日:2011/08/06(土) 04:58:11.76
笑福亭鶴瓶鶴「釣瓶が分かれへんがな、釣瓶言うの俺や思てんねん

上岡龍太郎龍「世の中に無くなって来りゃ分からんで当たり前でね」
朝顔
管理人より:あのふたりはほんとにこういう会話を交わしてそうw
こちらも中国原産で、遣唐使が持ち帰った種子より。古来より品種改良が大量に行われて、その多彩さは他に類例がないほどだそうです。上記は「暁の海」と呼ばれる美しい品種。
朝顔に つるべ取られて もらい水

加賀千代女

という俳句は有名ですね。和歌もひとつ。
見しおりの 露忘られぬ あさがほの 花のさかりは 過ぎやしぬらむ
(昔みた忘れられない朝顔も、花のさかりは過ぎてしまったのでしょうか)

紫式部(源氏物語・朝顔)

光の君と朝顔の君の出会いのシーン。
64: 天之御名無主 投稿日:2011/10/23(日) 13:13:22.40
アメリカ朝顔の種はキマる。
これ豆知識な。
57: 天之御名無主 投稿日:2011/08/27(土) 10:00:29.82
夏前に咲き出す笹百合の花が好きだな。
あと少ししたら咲き出す曼珠沙華の花もいい。
58: 天之御名無主 投稿日:2011/08/28(日) 02:25:49.13
曼珠沙華=彼岸花だっけ

あれは何とも表現し難い、不思議な魅力があるね。
有毒だとか墓場に咲くとかで、余り好まれない印象だけど…


暑さが落ち着いて水がスッキリし始める頃、日陰に無言で咲いてる。
群生してるのが不意に視界に入ると、何だか困惑してしまう。心地好いような困惑。
微笑んでるのか泣いてるのか、はたまた無表情なのか…どうにも計りかねる。
繊細で、華やかで、穏やか。
僅かな風でやさしく揺れて、静かな赤色。澄み切った空の青さとの対比がまた鮮やかで。


今年は涼しいから、少し早いかな。
60: 天之御名無主 投稿日:2011/10/02(日) 22:20:35.01
>>58
えらく美しい文章だな。
民俗板で、こんなにも文才を感じさせるカキコは、初めて見た。
62: 天之御名無主 投稿日:2011/10/09(日) 00:21:14.21
彼岸花は確か非常時の食用で、普段食べない様に不吉な名前をつけたとかなんとか
ヒガンバナ(Wikipedia)
63: 天之御名無主 投稿日:2011/10/19(水) 02:13:19.91
>>62
wikiも読んでみるもんだなぁ、面白い。
特にこの一文↓
なお、山間部森林内でも見られる場合があるが、これはむしろそのような場所がかつては人里であったことを示すと見るべきである。
どれほど正確な見解かは分からんが、民俗板的に何かドキドキする。
人里が滅んでしまった事自体は寂しいけど、郷土史や伝承なんかと一致したら興奮するな。
彼岸花
管理人より:昔はそこらへんによく咲いてましたけど、確かに管理人も「毒があるから…」というようなことを言われましたね。痩せた土地でもぐんぐん育ち、球根に毒があるけど水洗いすると毒は消えるそうです。
道の辺の いちしの花の いちしろく 人皆知りぬ わが恋ふる妻
(まるで道ばたにある彼岸花のようにとても目立つ花。そのようにみんなに知られてしまった、わたしの愛する女性のことは)

柿本人麻呂(万葉集)

71: 天之御名無主 投稿日:2012/02/18(土) 06:13:25.37
暦上はもう雪はとけ始め、梅が柔らこうなってくる頃か

寒ほどけ 紅い香りの 雪手水 小川聴こゆる 春の待月
管理人より:»71さんのオリジナル和歌ぽい。美しい歌ですね。
74: 天之御名無主 投稿日:2012/03/30(金) 19:30:04.04
とうとう桜スレ落ちたんだな
さすがに10年は無理だよなぁ

キタ━(゚∀゚)━!!! って書きたかったわw
管理人より:民俗板の桜スレは以前まとめました。ガ――――(゚Д゚;)――――ン!
77: 天之御名無主 投稿日:2012/05/01(火) 02:49:30.06
藤も綺麗
藤
管理人より:こんな感じで蔦が木に巻き付くタイプのマメ科の花。和歌では「藤波の…」となる場合が多いですね。
藤波の 咲く春の野に 延ふ葛の 下よし恋ひば 久しくもあらむ
(藤が豊かに咲く春の野に這うように延びている葛のように、人目につかぬように密かに恋していたら、想いがかなうまでにはずいぶんと時が経つでしょうね)

詠み人知らず(万葉集)

78: 天之御名無主 投稿日:2012/06/28(木) 10:26:10.39
山吹なんてどうだい。
里山によく生えてるので結構日本的だと思うが。


余談だが山吹の芯ってスポンジみたいな感じで、これを箸で突っつき出して釣りの浮きにする方法を、爺さんから昔教わった。
山吹
管理人より:果実は固くて食べられませんが、「山吹色」とも言われる鮮やかな黄色い花をつけます。学名は「Kerria japonica」で一応日本の花ということになってるのかな。自生するのは岡山県のみ。
七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだに なきぞ悲しき
(七重八重に花は咲いているけれど、山吹が実の一つさえもないように、蓑一つさえもないのは悲しいことです)

兼明親王(後拾遺和歌集)

86: 【小吉】 投稿日:2013/02/01(金) 04:51:28.25
四季はそれぞれ最低二ツに分かれる。春の一ツ目は雪解けの春。
遠くに白銀の峰、手前に紅梅の蕾が柔らかにふくらむ。
まだまだ冷たい風に、磯が香り始める。
新筍と鱈の椀に岩海苔をほどいて木の芽。
雲子と菜の花の小鉢物、土佐酢に生姜おろし。
牡蠣、蕗の薹の天ぷらの熱々。塩か天つゆか。
冬の名残と春のハシリが重なり、いよいよ盃が進む。
雪灯籠の火が揺れ、倦んだはず雪もまた一度愛しく思う。
ちらり、ちらり。雪はもう、溶けてしまうんだな。


そうした憂いも二ツ目の春まで。
花盛り、爛漫の春がやってくる。桜と祭り囃しと御神酒の春。
要するに腹減った酒呑みてえ。立春大吉。
88: 天之御名無主 投稿日:2013/10/09(水) 17:33:07.12
自分は梅と桔梗を贔屓花にしてる。あとは水仙も好き。
へそ曲がりだからかな。
90: 天之御名無主 投稿日:2013/10/17(木) 13:37:23.42
梅もいいと思うけどな。
手入れは簡単だし、開花時期も長い。慌てなくてもゆっくり楽しめる。
普通に何千本単位で植えられて昔から親しまれてるし。
江戸より前は梅の方が珍重されてたんじゃないかねえ。

ハイ、なんだかとっても感傷的なスレですね。

トップ絵でも最後でも梅の花を持ってきましたが、福岡には学問の神様・菅原道真公を祀る神社、太宰府天満宮というのがあります。
道真公が詠んだ有名な和歌が以下。
東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主無しとて 春な忘れそ
(春になって東風(こち)が吹いたら、またかぐわしい香りを漂わせてくれ、梅の花よ。主人がいなくても春を忘れてはいけないよ)
最後の一節は「春を忘るな」となってる場合もありますが、これは太宰府天満宮の入り口にデカデカと書いてあるので、ご存知の方も多いかもしれません。
どういうシチュエーションで詠まれたのか、というのが以下のエピソード。

道真公がまだ京都にいた頃、庭にはそりゃもう丹精込めて育てた梅の木があったんだそうです。
ある日、時の帝が屋敷を訪れ、梅の木を見てひとこと。「こりゃまた立派な梅の木だねぇ、ウチの庭にもこんな立派なのはないよ」と。

帝が臣下の持ち物を褒めるというのは、イコール「ワシにくれ!」という婉曲表現。
忠臣であることでも知られる道真公は、心の中で血の涙を流しながら「献上いたします」と言わざる得なかったわけです。

愛する梅の木と別れる前日の晩、道真公は梅の木の前で酒を飲みながら、別れを惜しんでこの歌を詠んだと言われているそうです。

後に政治闘争に敗れて失脚、大宰府の長官に左遷され、当地で没した道真公ですが、今では福岡県下の学生は受験シーズンになると、漏れ無く太宰府天満宮にお参りに行き、学問の神様のご利益にあやかろうと必死です。もちろん管理人も高校の時行きましたよ。
そして道真公が愛した例の梅の木は別離に耐えられず、ご主人様を慕って一夜の内に大宰府に飛んでったという、「飛び梅伝説」というのがあります。
だから、今でも福岡の県の花は「梅」、県のマークも梅をかたどったものとなっています。

太宰府名物「梅ケ枝餅」は、焼きたてがすっごくおいしいですから、大宰府に来られた際にはゼヒとも試してみてください。(宣伝)
太宰府天満宮参道 やす武 太宰府名物 梅ヶ枝餅約70g×10個
有限会社 やす武
売り上げランキング: 11,232


元スレ:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/min/1284190412/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.9.23 8:12
    山吹の歌は太田道灌の実の=蓑が有名だけど
    斉藤道三が美濃ひとつないと嘆いたか若い娘に言われたか
    伝説の本かなんかで読んで記憶にあったんだけど調べたら浄瑠璃にあるみたい。
    もう少し調べてみようかな。知っている方教えてください。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.9.23 10:19
    とりあえず彼岸花が好きになりました
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.9.23 13:13
    柿は日本の固有種で、日本で最も早く食用果物として栽培された(はず)
    果実が成るくらいだから花だって咲くだろうに、見聞きしたことがないな
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.9.23 14:01
    彼岸の頃咲く曼珠沙華
    赤の群生を見てるとなんとも言えず懐かしいような恐いような
    北原白秋にありましたね。
    いつまで取っても曼珠沙華 曼珠沙華 恐や赤しや まだ七つ
  1. >山吹の歌は太田道灌の実の=蓑が有名だけど

    浄瑠璃はまーったくわからないんですが、太田道灌は調べる過程でチラホラ見ましたね。
    「本朝廿四孝」とかいくつかあるみたいではありますが…。
    -----------------------
    >とりあえず彼岸花が好きになりました
    >いつまで取っても曼珠沙華 曼珠沙華 恐や赤しや まだ七つ

    美しいものと恐ろしいものが表裏一体ってのは、けっこうよくありますよね。
    なんとなく北原白秋のやつみて、野坂昭如の「骨餓身峠死人葛」というグロ美しい小説(短編)を思い浮かべてしまった…。
    -----------------------
    >柿は日本の固有種で、日本で最も早く食用果物として栽培された

    おー!さすが鋭いですね!柿のことをすっかり忘れてました。
    甘いモノが貴重品だった昔は重宝されたとか。
    柿の花ってたしかにあんまり聞かないけど、黄色くて可憐な花が咲くみたいですよ~
    • ※6 : 農耕採集女将
    • 2015.9.28 19:50
    某「菊作方覚書」(天明元辛寅年)と言う

    江戸で流行してた菊作り方を江戸詰めになった際
    某田舎藩の某侍が菊作り大好きで
    専門業者(専門業者で出来るほど人気だったり、お金のやり取りがあったり、趣味にする階層がいたり)から
    秘伝を伝授してもらい(個人の老後の楽しみにするのなら、まあいいかと教えてもらえた)
    作り方を色々に書き留めた古文書があるんですよ。

    菊の異名を 星見草 千代見草 より草 残り草 ちき里草 とも言うそうです。

    で、新品種や変種を競って作り、「これぞ!!」と思うのが出来ると
    然るべき筋を頼りながら、京都の御公家さんに天覧していただき
    認められると「御銘菊」となり、『紫の絹幕をうち、扨又御銘と申札を立置也」
    苗は高値で取引されます。

    油紙を使った温室や
    魚粕を使った「古やし(肥やし)」や
    アブラムシが付いたら、針金を使ったり
    添木には細竹の古竹を使ったりしてます。


    菊にも流行があり、
    「京江戸共 宝暦の頃より 大輪捨てり。安永の頃より中菊のよれかかへ咲き時行(時行く=流行)。
    天明の頃より よれかかへも捨てり。
    一重二重の中輪乱れ咲き時行候よし。と人の言う伝也。

    花に誘われ
    昔の園芸書を少し紐解いてみました。
    • 昔のお侍さんは、生花とか日本舞踊なんかも教養の一環として嗜んでたとか聞きますが、かなり本格的みたいですね。
      それだけ豊かで平和だったってことでしょーか。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.12 1:50
    すばらしいスレですね。私は植物の研究室(院中退)にいたので高山植物なんかが好きですが高山植物を読んだ和歌はなさそうですね。
    • ありがとうございます。
      高山植物とはまたロマンチックですね。あまり一般的には目にしないと思いますが、あの当時はもっと自然に親しんでたでしょうから、探してみたらあるのかもしれません。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*