人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

物理学的にUFO問題を検証するスレ @ [物理学板]


物理学的にUFO問題を検証するスレ @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 20:07:50 ID:kmdZS77N
UFOって存在するの?
2: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 20:09:04 ID:kmdZS77N
289 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2013/10/10(木) 20:52:08.91 ID:ygSdcEdb [1/3]
http://ja.wikipedia.org/wiki/UFO%E3%87%E3%A3%E3%B9%E3%AF%E3%AD%E3%BC%E3%B8%E3%A3%E3%BC%E3%BB%E3%97%E3%AD%E3%B8%E3%A7%E3%AF%E3%88
3: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 20:09:34 ID:kmdZS77N
292 名前:名無し三等兵[] 投稿日:2013/10/10(木) 21:51:41.88 ID:ygSdcEdb [3/3]


UFO ディスクロージャー・プロジェクト(日本語字幕)

UFOディスクロージャー・プロジェクト (Wikipedia) UFOディスクロージャー・プロジェクトとは2001年5月9日、米国の首都、ワシントンD.C.にあるナショナル・プレス・クラブ(英語版)で開かれた記者会見である。
2001年5月9日 ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブにて、20名を超える軍・企業・政府関係者らによる記者会見が行われた。全米規模の会見であり、100名を超える報道陣が集まった。会見の内容は、これまで機密にされていたUFO(未確認飛行物体)に関わる情報の暴露であった。その内容ゆえにこの会見はUFOディスクロージャー(暴露)・プロジェクトと呼ばれた。
記者会見を行った証言者の代表者はノースカロライナ州の緊急医師であるスティーヴン・グリア(en: Steven M. Greer)。グリアは会見を行った理由についてこう 述べた。1つは「UFO情報は人類共通の問題で、アメリカ一国が独占すべきものではない」ためであり、2つ目は 「地位と名誉ある人物が証言すれば、世間は信用する。 」ためであると述べた。また「いまやUFOが存在するかどうかなど論議している場合ではなく、人類最大の問題であることを一般の人に認識してほしい。 」と語った。また実際に証言を行ったものは二十余名だが、その背後には400名を超える証言者がいたと述べた。
6: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 20:37:42
マンテル大尉事件とかこう釈然としないものがある。
マンテル大尉事件 (Wikipedia) マンテル大尉事件 マンテル大尉事件(マンテルたいいじけん、Mantell Incident)は、1948年1月8日(現地時間では1月7日の午後)にアメリカ合衆国のケンタッキー州にて発生した未確認飛行物体 (UFO) 目撃とそれに伴って起こったアメリカ空軍機の墜落事件。

銀色の未確認飛行物体
1月7日の朝より続発していたゴドマン市民とケンタッキー州警察からの未確認飛行物体の目撃通報により、アメリカ合衆国空軍のゴドマン基地は、同基地に所属する戦闘機、ノースアメリカンP-51で付近を飛行中のトーマス・F・マンテル大尉率いる4機に対して未確認飛行物体の追跡を指令した。また、これと前後して、直径100メートル近くの大きさで、上部が点滅している銀色の未確認飛行物体がゴドマン基地上空に飛来し、基地管制塔などからも観測された。

墜落
この後他の3機は、燃料不足のため追跡を断念したが、追跡を継続していたマンテル大尉は、上昇していく未確認飛行物体を確認し司令部に「未確認飛行物体は上空を飛行中で、さらに上昇を続けている」、「高度7,000(フィート)までに追いつかなければ、追跡を断念する」と報告し、さらに、「飛行物体の中に何人かの人が見える」との連絡を取ったのを最後に消息を絶つ。数時間後にマンテル大尉は、広範囲に散らばった機体の残骸と共に遺体で発見された。
7: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 21:22:30
軍事板(笑)の馬鹿が糞スレ立てちゃったか。
あのな、この板はな、そーゆう低レベルでくだらねえ糞質問するための板じゃねぇんだよゴミクズ。
数式を使って物理の話ができねえ低レベルのゴミ糞板の虫ケラごときが物理板にきてんじゃねぇよカス。
目障りだからさっさと消えろ粗大ゴミ。
11: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 22:31:27
>>7
>>8
>>8
>>10

お前ら>>2>>3をちゃんと見てそんなこと言ってるんだろうなw
政府関係や軍人たちが証言してることだ。

フォンブラウンの言葉もある。
13: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/12 22:38:42
あの記者会見は日本では報道されなかったからね。
タケシのTVタックルで一部流れただけ。
大半が偵察用軍用気球とか偵察機の誤認だけど
UFO否定論者でブルーブック終了させた物理学者コンドン博士ですら
否定できなかった事例もあるのに。。。
17: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 12:40:55
UFOプッ・・・みたいな雰囲気造って話を潰すってのが気に食わん。
アラスカに日航機に目撃事例だって機長が地上勤務強要されたし。
2ちゃんくらい自由な論議封殺するの辞めようぜ。
18: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 13:44:35
フランスにはUFOを調査する機関がなかったっけ。

最近流行ってるのはタイ式の灯籠流しをUFOだと思う事例だとか。
19: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 14:35:35
フランス空軍にそんな組織あったっけ?
22: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 15:27:57 ID:2CWJLe5D
>>19
フランスはあるよ空軍に。
30: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 18:00:12
>>22
正式名称と組織図を提出せよ
31: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 18:50:58
未確認飛行物体 (Wikipedia) 未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい)とは、その名の通り、何であるか確認されていない(正体不明の)飛行体のこと[1]。「Unidentified Flying Object」(アンアイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の頭文字をとってUFO(ユーフォー)とも呼ばれる。
(中略)2007年4月のこと、フランス国立宇宙研究センター(略称CNES。いわば米国のNASAのフランス版)が、未確認飛行物体としてフランス国民から寄せられた目撃証言や写真などの情報を、CNESのウェブサイト上で公開した[5]。CNESの発表によると、公的機関が未確認飛行物体に関して保管してきた情報を一般の人々に公開するのは世界初であった[5]。(ちなみに英語UFOは、仏語ではOVNI オヴニと略す[5])。CNESには「未確認飛行物体研究所(GEIPAN)」が存在しており、同研究所所長のジャック・パトゥネは、「科学者やUFOマニアたちの研究に役立ててもらうために情報公開に踏み切った」と述べた[5]。2007年4月の段階で、同ウェブサイト上で約400件の情報が閲覧できるようになっていた。
20: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 14:40:43
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%E8%AA%E3%B8%E3%A3%E3%B3%E3%9C%E6%A9%9FUFO%E9%AD%E9%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6

日本はアメリカ式で欧州では割とパイロットはUFO目撃証言するけどね。
ベルギーでUFOが大量に目撃された事件ではF16のパイロットに
クリアファイア。と命令出してるから撃っても良いってことだったよ。
日航ジャンボ機UFO遭遇事件 (Wikipedia) 日航ジャンボ機UFO遭遇事件 日航ジャンボ機UFO遭遇事件(にっこうジャンボきユーフォーそうぐうじけん)は、1986年11月17日に日本航空の貨物機が、アメリカのアラスカ州上空で未確認飛行物体(UFO)に遭遇しUFOに追跡された事件。
1986年11月17日、パリ発アンカレッジ経由東京行きJL1628便、日本航空のボーイング747-246F貨物機が、アメリカアラスカ州のフェアバンクス上空の高度約10,000メートルを飛行中に、両端にライトを点灯させた巨大な母船型UFOに遭遇した(ただし、「母船型」と言っているのは寺内機長だけで、副操縦士は「光は見たが、機長の言うような形には見えなかった」と証言している)。
同機の寺内機長によると、UFOは自機の大きさの3~4倍にも匹敵する巨大な球形で、1時間弱の間、旋回して逃れようとした同機と併走するように移動し、機内の気象レーダーにもはっきりと写ったが、なぜか雲のような透明状のものとしてレーダー上では写っていたとのことである(金属製の物体なら赤く映るがUFOの像はグリーンであった)。
27: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 17:11:47
スカイフック気球とかモーグル計画とか気球って偵察用があるんだな無人の奴で
MIG-23に急きょ機関砲が搭載されたのは米軍の気球撃墜のため。
当然のことながらUFOと間違えられる。
スカイフック気球 (Wikipedia) スカイフック気球 スカイフック気球(スカイフックききゅう)とはアメリカ海軍の海軍研究本部によって1940年代後半から1950年代にかけて大気の研究、特に高高度における気象観測に使用された無人気球である。
モーグル計画 (Wikipedia) モーグル計画(Project Mogul、ときどきモーグル作戦Operation Mogulとも呼ばれる)はアメリカ陸軍飛行隊による高高度気球を使った極秘計画であり、その第一の目的はソビエトの核爆弾実験と弾道ミサイルからの上昇する熱い空気の乱気流によって生成される音波の長距離探知だった。この計画は1947年から1948年後期まで行われた。
29: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 17:26:50
ロズウェルで落ちたのが気球とかって…
あそこにいた航空部隊って核攻撃部隊のB29の航空団だけどね。
32: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/13 19:09:18 ID:2CWJLe5D
>>29
だから実験したんじゃないのか?
MKウルトラだって化学戦部隊の将校を実験台に
CIAがLSDの実験台にして殺してるからね。
ロズウェル事件 (Wikipedia) ロズウェル事件(ロズウェルじけん、Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。ロズウェルUFO事件(Roswell UFO Incident)とも呼ばれる。なお、付近といってもロズウェルからは70マイル離れていたが、ロズウェル陸軍飛行場(のちの ウォーカー空軍基地(1967年に閉鎖))が深く関わったため、ロズウェル事件と呼ばれる。世界で最も有名なUFO事件といわれている。
この事件の発端となったのは、1947年7月8日にロズウェル陸軍飛行場(RAAF)[1]が発表したプレスリリースである。このプレスリリースの中で、軍は「 第509爆撃航空群の職員がロズウェル付近の牧場から潰れた「空飛ぶ円盤(flying disc)」を回収した」と発表した。しかしその数時間後、第8航空軍司令官はこのプレスリリースを訂正し、「RAAF職員が回収したものは「空飛ぶ円盤(flying saucer)」ではなく、気象観測用気球であったと述べた[2]。
35: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/15 08:14:10
*UFOについてのイロハのイ
UFOとは「未確認飛行物体」の略
空中(宇宙空間を含む?)を飛んでいる物体で、正体が解らないもののこと
実際は鳥や飛行機やスーパーマンであっても、手持ちの情報だけでは正体を確定できなければ、その「物体」はUFOとして分類される
また、謎の円盤が海中や地中を潜航していても、たぶんUFOとは呼ばれない
そして、宇宙人の乗り物は「エイリアンクラフト」として区別される
定義上、宇宙人の乗り物と判明したUFOは、その時点でUFOでは無くなる

以上を踏まえた上で考えれば、
UFOは今も昔もこれからも間違いなく存在し続ける
が、そのUFOが、宇宙人や未来人や古代文明人やナチスの乗り物かどうかは、まったく別の問題
正体の判明しない物体の目撃談=UFO=宇宙人の乗り物、よって科学者は宇宙人を認めるべきだ
というのは間違った論法
1つ目のイコールは定義上そのとおり
だが、2つ目のイコールを証明するには、その乗り物から宇宙人を誰であってもそれが宇宙人だと確認できる状況へ引っ張り出してくるほかない
その宇宙人が「正しい心」の持ち主の前にしか現れないなら、「正しい心」とは何であるかが問題となる以上、科学でなく宗教や政治の範疇となる
36: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/15 16:00:40 ID:xDGoEB3M
>>35
一言でいうと物理学者の範囲外と言いたいわけね
38: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/18 10:45:56 ID:TwK0ClXo
>>35
コンドンレポートには大半の物理学者が疑問だって思ったらしいが
管理人より:Wikipediaの「未確認飛行物体」のこのあたりをご覧下さい。
42: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/19 11:17:24 ID:GRa6jZW0
アレン・ハイネック博士はUFO現象を科学的に調査する価値はある。
ただしエイリアンクラフトであるかどうかはどうだろう?といってたよ。
47: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/20 17:30:10
*UFOについてのイロハのイ、再確認
空中を飛行していた物体について、科学的に調査したが結局正体は分からなかった。ゆえにUFOである
この文章は、
科学的には今の材料では証明ができないので、新たな証拠が見つかる日まで『UFO』とでも名付けてファイルしておく
という意味であって、決して、
科学的に説明ができないのだから、それは未知のテクノロジーが用いられたエイリアンの飛行機である
という意味ではない
UFOはその正体を特定できるだけの新たな証拠が出ない限りはいつまでもUFOであって、金星でもプラズマでも宇宙人の乗り物でもない
52: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/20 18:51:15
>>47
物理学者らしく仮説を立てたらどうなる?

宇宙人あるいは未来人の探査機くらいしか仮説の立てようがないw
55: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/20 19:08:10
>>52
ガメラやモスラだとして仮説を立てても全く問題がないw
50: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/20 18:48:01
2003年にnatureで発表されて以来、その後に世界中の古代遺跡から
『同じ構図の神のシンボル』が発見され
いわゆるLord of the animalsとかGod Selfとかと呼ばれ始め
その後、興味を持った考古学者によって
トルコ、ペルー、イングランド、トラキア、ウルク、ルリスタン、ウガリット、ケルト、ジロフト、スウェーデン、ボリビアの古代遺跡から続々と見つかり
古代には、もしかしたら共通の汎世界的な広がりをみせた神の存在が有り
その存在を象った紋章とレリーフがコレなんじゃ…っていう
オカルトをすっ飛ばしてSFの領域に突入しそうな話しが出てきてるから
怪しい円盤が無数に飛んで来ようがどうという事はないな
53: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/20 18:58:34
>>50
日本の神話に出てくる黄金のトビとかもろUFOだもんな。
天皇家を媒介にして氾世界的な古代信仰を未だに持ってる日本。
78: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/24 17:04:38
よくわからない飛行物体を連合国、枢軸側両陣営が敵の新兵器と思ってった
ドイツは対抗手段のためにベル型の飛行物体の試作までしてた。

一方日本はこんにゃく糊で風船爆弾を作ってた。
79: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/24 18:37:26
>>78
どさくさまぎれに日本ディスってんじゃねーよw

風船爆弾はあれで技術的には凄いんだぞw
82: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/25 19:41:28
>>79
かなり脅威だったと思うよ、じゃなきゃ小倉に原爆落とそうとしないよね
83: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/25 19:47:13
>>82
北米で山火事が増えただけ

爆弾としては大したことない

死人も数人程度

気球の技術が凄いんであって。。。
84: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/25 20:23:39
>>83
成功率も低かったしね、タマタマ届いたようなもんだろう
ただね、本土に落とされたのはショックだったと思うよ
戦闘機やミサイルならまだしも、風船だしなw
86: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/26 11:26:15 ID:tqTSKBHX
>>84
紙でできてた風船で北米まで届いたんだから
気球としてはかなり優秀だけどな
風船爆弾 (Wikipedia) 風船爆弾 風船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)において日本陸軍が秘密裡に開発した気球に爆弾を搭載した兵器である。陸軍少佐であった近藤至誠が、デパートのアドバルーンを見て「風船爆弾」での空挺作戦への利用を思いつき、軍に提案をしたが採用されなかったので、軍籍を離れ、自ら研究を進めた。その後、近藤は病死するが研究は進められ、神奈川県の陸軍登戸研究所で開発されている。 「ふ号兵器」という秘匿名称で呼ばれていた。戦果こそ僅少であったものの、ほぼ無誘導で、第二次世界大戦で用いられた兵器の到達距離としては最長であり、史上初めて大陸間を跨いで使用された兵器となった[1]。なお、「風船爆弾」は主に戦後の用語で、当時の本来の呼称は「気球爆弾」であった([1])。
93: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/28 01:13:43
で、ufoの飛行原理ってどうなってるの?
102: ご冗談でしょう?名無しさん??? 2013/10/30 13:07:12 ID:nC2X9/L9
>>93
物体の回りを反重力物質かなんかで覆ってるんだとは思うよ~そうすれば動きに関してある程度の説明はつく…ただ動力に何を使ってるのかは地球上の資源だけでは多分無理だお…
103: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/30 13:54:54 ID:HbGFDYUp
>>102
それだとペルー空軍大佐の証言と合わなくなる

ミラージュの三十ミリ機関砲で撃ったけど平気って

反物質なら物質に触れると
管理人より:ハイ、反物質と物質が触れると大爆発です。機銃どころかそもそも空気と触れただけでも大爆発です。
108: ご冗談でしょう?名無しさん??? 2013/10/30 15:15:55 ID:nC2X9/L9
>>103
それ知ってるお~反物質なら物質に触れると…って意味が?…ゴメンオ反物質だけなら充分物体に対して命中するおね~これも推測でしかないけど投影法に近いような事も考えられないかな;^^)
104: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/30 14:05:16
>>102
残念、反重力があれば浮き上がって飛行出来るとおもうのは、今更、地動説唱えるくらいの無知さ加減、物体にかかってる力の合力は地球の重力だけじゃないんで
106: ご冗談でしょう?名無しさん??? 2013/10/30 15:00:57 ID:nC2X9/L9
>>104
浮き上がって飛行の飛行の部分は動力に関してだからね~反重力物質かなんか~かなんかはそういうものの範疇という枠組みの意味であるからオイラだってわかるはずないお~検証であってこっちだって知りたいんだお(;^^)
118: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/31 06:34:35
>>106
反物質でくるめば、有る程度の説明はつくというのは根拠のない意見ということでいいんだな
119: ご冗談でしょう?名無しさん??? 2013/10/31 07:56:13 ID:ug9RMEgY
>>118
なるほど反重力物質或いは~かなにかわかれば科学である程度の説明がつくのではないか?という事ですね(^^)
122: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/31 20:27:37
63: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/21 09:15:06
宇宙人が本当にコソコソしたいなら光学迷彩とかなんか技術あんだろうに
65: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/21 10:24:13
まったくもって物理の話になってないが
66: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/21 13:20:46 ID:8SN3yWWf
ていうかビリーバーとアンチの煽りあいだけで…
68: ご冗談でしょう?名無しさん 2013/10/22 16:15:45 ID:3Z9vNlV7
ビリーバーと懐疑論者と悪ふざけでこのスレ終わったなw
科学的に話せないのか・・・・

まったくそのとおり!
管理人的には、VIPに立つ学問系のスレと、学問板に立つクソスレというのは似て非なるものだろうから、そこにはなんらかのおもしろさがあるはずだ!…という予測のもとにこのブログやってるわけですが、なんでこのテのスレはどうもイマイチな感じになるんでしょうかねぇ。物理学的考察はどこいったのか。

ちなみにこのブログでは何らかの形で学問と絡まない限り、純粋なオカルト(洒落怖のような)などは取り上げない方針です。SF+宇宙、オカルト+考古学のような感じでやっていきます。このスレは物理学板に立ってるわりに物理学要素ほとんどないですが…笑

で、今回はUFOネタということで、星新一の「ありふれた手法」に収録されてるショートショートに「あの星」ていうのがあるんですが、あらすじだけ紹介します。
広大な宇宙をまたにかけて仕事をする、とあるふたりの異星人が偶然行き会うことになった。
あの時は楽しかったとか、あの仕事はやりがいがあったとか、昔話に花が咲く。
お互い年をとり、特殊能力もだんだん衰えてくるにつれ、銀河全域で信じられてるジンクスの話しになる。
辺境のとある青い惑星の海に不時着できれば、生まれ変わってまたやりがいのある仕事ができる、というもの。
ふたりは偶然にもその星を目指して宇宙船に乗っているところだった。
生まれ変わってもまた一緒に仕事しようと約束して、ふたりはその星へと向かっていく。

…一方地球では。
「またUFOか。こないだ見たのと形が違うな。侵略するでもなく、友好の使者を送ってくるでもない。やつら一体なにしに地球に来てるのか」
案外こういうことだったらおもろいなぁーと思っているんですが。
ありふれた手法 (新潮文庫)
星 新一
新潮社
売り上げランキング: 274,939


元スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sci/1381576070/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!
  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*