人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

洋画と邦画のカメラワーク・演出の差は何か? @ [映画一般・8mm板]


洋画と邦画のカメラワーク・演出の差は何か? @ [映画一般・8mm板]
1: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/26(木) 18:26:27.69 ID:PeN2WRsj
個人的には脚本は同レベルであっても、洋画と邦画では、洋画の方が演出・カメラワークの点で圧倒的に優っていると思う
邦画の何が悪いんだろうか
2: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/26(木) 18:33:13.69 ID:eYMe5P5y
向こうはそれぞれが専業化してて、プロが責任持ってやってるから
3: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/26(木) 18:41:07.08 ID:PeN2WRsj
>>2
日本はそうじゃないの?
4: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/26(木) 21:04:20.86 ID:dMSIdDVY
>>1
答えは簡単、物量の差。

アメリカなんかは複数台で(だいたい四方向)から対象を撮影して、ショットごとに一番よく撮れてるものを編集して使うが、日本のはだいたい1台固定で撮ってるから、それを使うしかない。


脚本家崩れの俺が言うんだから間違いないよ。
6: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/26(木) 21:36:49.15 ID:xtm+4rSR
黒澤明マルチカム撮影を広めたのは黒澤明だけどな
5: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/26(木) 21:05:35.37 ID:PeN2WRsj
>>4
それならそれなりに絵コンテの段階で完璧な構図をつくり上げるとか、なんパターン撮っとくとかいろいろあるやん?
31: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/16(木) 01:25:08.18 ID:y8rt/gJu
>>4でだいたい言い尽くされてる。
キャメラを4台回すならバレないように大がかりなセットが必要になるが、広いセットを作るカネがなければキャメラが何台あろうと1台しか回せない。
ステージが狭いのも衣装が安っぽいのも照明がしょぼいのも雨さえまともに降らせないのも、結局は予算がないからだ。
35: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 01:37:01.03 ID:rU07HLmP
>>4
違うと思う。
たけしの映画なんかカメラ一台しか使ってないけど、カメラワークも画面の繋ぎも、他の邦画に比べて圧倒的に優れている。
単純に画面構成力の違い。頭の中で画面を描けるような頭のいい人が少ないだけ。
36: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 02:37:33.67 ID:bn/qtAEo
>>33 >>35
たけし映画が「優れている」例になってる時点で・・・あれは所詮は「アート」系の絵であってハリウッド的な商業映画の絵には全くなっていないでしょ?

ワンキャメで行くかツーキャメ(マルチキャメ)で行くかって、それだけでも現場の効率も編集も全然違ってくる。
ワンキャメでチマチマ撮る暇にマルチキャメで大量に効率よく素材を撮れるし、編集で色んな試行錯誤をする余裕も出てくる。

商業映画を舐めんなよっての。
37: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 02:46:39.62 ID:rU07HLmP
>>36
じゃあ、日本の監督が複数のカメラや豪華なセットを手にしたら、素晴らしい絵が撮れるかって言ったら絶対違う。
結局画面構成力の違い。少ない予算でも画面構成力があれば質の高いエンターテインメントは撮れる。

確かにハリウッドみたいなゴージャスな映像にするんならマルチキャメラが必要になってくるだろうけど、日本の映画監督はそれ以前。
日本の監督に膨大な映像素材を渡したところで、その繋ぎ方すら分らない。頭の中に映像を描けないのが根本的な問題だと思う。
39: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 02:56:59.32 ID:bn/qtAEo
>>37
言いたいことは分かるが結局は精神論だよね。
個人的には上に書いたように日本の映画人の勘違いもひどいとは思ってるけどね。

まあそういう「頑張ればなんでもできる!」みたいなのを信じたいならご自由にねwww
50: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 11:56:20.95 ID:gWyiwr8n
>確かにハリウッドみたいなゴージャスな映像にするんならマルチキャメラが必要になってくるだろうけど、日本の映画監督はそれ以前。
ハリウッドがゴージャス?
ゴージャスな映像って何だよw
そもそも、マルチキャメラとゴージャスがどう繋がるんだよ?
7: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/27(金) 11:26:17.45 ID:qF8OClPh
>>4
POV形式の映画でも明確な差があるんだよなぁ
8: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/27(金) 17:39:47.81 ID:4XnQftSl
POVでも複数カメラで撮影していいほうを使ったほうが有利だろ。
それとカメラマンも日本では専門教育受けてる人間が少ないだろ。

徒弟制度みたいなのはもう育たなくなってるし。
ブレアウィッチ・プロジェクト
管理人より:「POV撮影」とは「Point of View Shot」のことで、主観視点での撮影のこと。一例を挙げれば一世を風靡した「ブレアウィッチ・プロジェクト」など。登場人物の視点から撮影することで、臨場感を出す効果があります。
10: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/28(土) 00:37:08.40 ID:dbmq3EsA
邦画は被写界深度が深いもとい不快
12: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/28(土) 01:49:41.64 ID:6EX8aCUN
>>10
え、被写界深度は浅いんじゃないの?
セットとか金をかけられないからぼかしてごまかすのが邦画
被写界深度
管理人より:3D洋ゲーなどではよく出てくる言葉ですが、「被写界深度(FOV)」はカメラの焦点距離をどこに設定するか、ということ。FOVを上げれば(浅くすれば)見える範囲は広がり、焦点距離は短くなり、奥行きが増える。
15: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/28(土) 19:37:36.49 ID:r9J5vkRn
ワンシーンワンカットがただの引きで工夫なさ過ぎ。
クソつまらない演技でそれやられると救いようがない。
16: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/28(土) 20:07:52.65 ID:C9goAIER
>>15
まさにこれ
26: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/29(日) 16:06:53.11 ID:ElDiH7pr
>>15
それは本末転倒
引きで耐えられる演技を要求すべきで、アップやカットでどうにかしようというのは単なる誤魔化し
27: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/29(日) 16:28:10.51 ID:fZJwS4El
>>26
いやいや、少しでも映画演出、映像を勉強すれば演技に任せるのは愚かな行為って分かるはず
19: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/29(日) 05:07:45.00 ID:VqNtTnci
でもアクションシーンにカメラ揺らせばOKと思ってるハリウッド映画も多すぎ
22: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/29(日) 11:52:33.71 ID:fZJwS4El
スタンリー・キューブリックキューブリックみたいな計算しつくされたカメラワークの監督はおらんのか?
24: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/29(日) 12:19:47.32 ID:3DVPnit/
邦画ってピントを全てに合わせすぎる傾向あるな。
動かさなくても色々できるだろうに。
29: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/30(月) 12:15:55.95 ID:0YaBlK1x
引き固定ワンカットでよく出来てる例って寅さんの居間のシーンくらい。
裏からタコ社長が出てきて大げさに喧嘩するまで、
見えない位置から聞こえる声含めて演技と注目対象をバランスよく配置してるから観客はカメラの事など気にせず映画が成り立つ。


どういうわけか邦画はキャラクター全員を引きで映して、一人ひとりが下手な演技で自己アピールするのを「日常のリアリティ」とか壮絶に勘違いした解釈する。
車寅次郎らしさ 第15作 男はつらいよ 寅次郎相合い傘管理人より:タコ社長が怒鳴りこんでくるシーンは見つからなかったけど、やっぱり演出はうまいなぁという印象。でもこれ「寅さん」というキャラが魅力的すぎる&渥美清がうますぎるのかもしれない。
30: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/15(水) 21:23:20.07 ID:1sgu5b56
昔の映画はどれもカット割りやカメラワークは良かった印象がある

上の誰かも言ってるけど、テレビ屋が映画やりだしてから一気に糞になったと思う

素人の俺ですら、え?いきなりこのシーンに飛ぶの?とか、このカットいるか?とか、もっと見せ方あるだろ?、とかそういう不満が出るようになったのはここ15年くらいの間かな
33: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/17(金) 20:50:24.34 ID:E9uXzRnr
TV屋は、どこに人がいて、どういう位置関係で・・・
と分かりやすく分かりやすく説明するのが習性となっている
ふつうに数百万人が見る媒体は、大部分の視聴者に分かりやすくないとダメ
特に報道で、そうするように叩き込まれる


観客を選ぶ映画は、そういう撮り方するわけにはいかんでしょ
1台で撮るか、4台で撮るかは、本質的な問題ではない
14: 名無シネマさん 投稿日:2013/09/28(土) 05:02:00.38 ID:xKO1xSt7
カメラ自体の性能はどうなの?やっぱハリウッドのは全然高い?
32: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/16(木) 01:27:57.83 ID:y8rt/gJu
>>14
キャメラはデジタル撮影になってから日本製がトップクラスになった。
でもレンズはまだまだ。
38: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 02:56:19.32 ID:bn/qtAEo
>>32
でもそういうのも結局はカネじゃないの?
いい機材・技術を買う(借りる)・開発するにも結局はカネだしさ


デジタルカメラが日本のメーカーのものはいいって、それは35mmフィルムカメラとも、また違ってデジカメが(映画TV制作以外の)プロユース・民生用などへの転用・応用に使える(売れる)からでしょ?
あの辺のメーカーは別に映画TVの為だけに開発してるわけじゃないからね。

日本映画なんかここ40年ぐらいは機材も現場もポスプロもケチケチ、チマチマやってるだけだし。
あと現場の勘違い(引き絵がカッコいい、アップは駄目みたいな)もひどいよ。

あんまTV局が映画を撮るようになってどうこうってのは関係ないよ。

それ以前から日本映画の絵は悪くなっていた。
これは(それ以前⇒70年代)(70年代⇒80年代)と見比べれば歴然としている。
だいたい70年代~80年代と二つの断層があるからね。
40: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 02:57:19.76 ID:rU07HLmP
三池崇史座頭市、キッズリターン、アウトレイジ辺りは商業映画の範疇に入ってくるだろうけど、他の邦画なんかよりずっと画面構成は上手い。金の掛け方の問題じゃない。あと三池崇あたりも上手い。

このぐらいのレベルの監督が物凄く少ないというそれだけの問題。
41: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 03:03:56.64 ID:bn/qtAEo
>>40
>座頭市、キッズリターン、アウトレイジ辺りは商業映画の範疇に入ってくるだろうけど、
>他の邦画なんかよりずっと画面構成は上手い。金の掛け方の問題じゃない
そもそもあの辺が本当に「上手い」かあという気がするし・・・

つかたけしの映画って実はたけしのイラストと一緒。あのイメージをそのまま映画で再現しているだけ。
あとその辺は「他の邦画」なんかよりは遥かにカネかかってるしなあ・・・

結局はやはりカネじゃないの?
44: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 03:29:18.36 ID:rU07HLmP
岩井俊二あと岩井俊二の映画も上手い。内容はともかく、編集や画面構成はハリウッドの水準に達している。
しかも、フィルムを使わず全部ビデオで撮ってるのだから、金を掛けている訳でもない。
45: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 03:31:04.99 ID:rU07HLmP
黒沢清黒沢清も上手いかな。
この人も絶対金は掛けてないはず。
46: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/18(土) 03:59:22.28 ID:bn/qtAEo
>>44
もうメチャクチャ。
少なくとも篠田昇が生きてきた頃の岩井の現場は照明もフィルムも、贅沢に使うもの凄い事になっていたらしいがな。
岩井は決して安上がりな監督ではないよ。むしろカネを使う方。

>>45
で今度は黒沢か・・・ああいうのが「いい」ってのも所詮はあんたの好みじゃんかw
あと少なくともメジャーで撮る場合は黒沢さんもそれなりにカネは掛けてるでしょ?


というか黒沢さんの「低予算」以下のまさに無予算で撮ってる日本映画も多いと思われる現状で、「カネ掛けなくてもいい絵が撮れる」と言われてもねえ・・・
52: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/19(日) 15:16:08.25 ID:YC3KhcV0
CG使った超大作でもない
アート映画でもない
これがハリウッドの普通のエンタメ映画のレベル
日本じゃ無理

Captain Phillips - Official Trailer #2 - In Theaters 10/11
54: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/19(日) 16:47:26.09 ID:HzY3HRwk
ポール・グリーングラス>>52
これボーンシリーズの監督だろ
スピード感や緊迫感をカット割りで表現させたら世界トップレベルの人だと思うんだけど


いずれにしろこういう演出にはちゃんと方法論が確立されてて海外のスタッフはきちんとそれを学んでる
こういう構図やカット割りってのは個人のセンスが全てじゃない


日本はそういうのを学ぶ場所があんま無いんじゃないの?
とくにTV番組上がりの人はそのへんまったくわかってないで映画作ってる印象
アニメ畑のほうがまだちゃんとしてる
The Bourne Supremacy Official Trailer #1 - Brian Cox Movie (2004) HD管理人より:「キャプテン・フィリップス」の監督はポール・グリーングラスで、ボーンシリーズは2作目「ボーン・スプレマシー」を担当。このシリーズは脚本が良かったですね。
57: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/19(日) 17:45:06.93 ID:sbXtCrkj
絵コンテ描く邦画監督が少ないからね

「うんうん、そんな感じ~」と和気あいあいで撮影は進むw
照明は、俳優の表情がくっきり分かるように、上からカンカンに焚く
58: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/19(日) 17:52:24.24 ID:FZmZtq9Q
メイキング見たら邦画も洋画も変わらないんだよね。
洋画アクションなんかもメイキングだとたいした事無い。
それが完成品になると全く違う。
59: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/19(日) 18:20:28.61 ID:sbXtCrkj
>>58
拳銃のマズルフラッシュにしても、いつまでも西部劇スタイルで、煙ばっか噴き出すの見てると、邦画は工夫が無いなぁと思うよね

CGとか織り交ぜて、バンバン煽るような演出も洋画の方が数段上
The Expendables VFX Breakdown by Worldwide FX
管理人より:すごい細かいとこまでCG使ってるんだなぁ…。
61: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/20(月) 23:51:00.56 ID:io947Ftf
ハリウッドの映画はカット割りがチャカチャカし過ぎ。観客を飽きさせないようにするとああなるんだろう。
だけどそれって、視覚的な刺激に釣られて見てるだけで内容が高まってる訳ではない。
日本が良い訳じゃないけど、日本とかヨーロッパの映画がゆったりしてるのは、実際の人間の生活をそのまま反映させているから。


カット割を速くすればするほど実際の生活感覚とは離れて行って、単なる刺激としての消費物に変わっていく。
62: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/21(火) 02:55:04.97 ID:X8+OY9Q8
>>61
それは間違った伝統だね。
実際には戦前~70年代頃までの日本映画のカット割も大変に細かいものが多かった。また映画のテンポも早いものが多かった。


論より証拠、観れば分かる。
そういうのが成り立たなくなったのには理由がある。

日本映画は昔から基本ワンキャメ撮り。マルチキャメで大量に素材を集めるハリウッドのように編集室でモンタージュを操作するのは難しい。
そんな日本でそういう細かい撮影・編集を行えていたのは「現場の段階でコンテまで完璧に脳内に創り上げ『中抜き』や役者・特機の動かし方などのテクニックを知っている監督」、「その意図を解釈し現場で段取り良く動けるスタッフ」こういう人たち。

80年代頃になると長年業界にいるこの辺の監督・スタッフの多くが引退や死去で徐々にいなくなり、あるいはトシを取り現場的な動きや感覚が鈍ってきてしまい、もうそういう撮影が出来なくなってしまった。
また70~80年代には既に日本の業界の現場が荒れていて後進が上手く育たなくなっていて、そうした技巧が殆ど継承されなかった。
63: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/21(火) 02:56:08.63 ID:X8+OY9Q8
また映画の内容的にも後期黒澤明や相米慎二のように「引き画で長回し、アップは入れないのがカッコイイ」という妙な風潮が出来てしまい、本編の監督・スタッフが細かいカッティングやアップを殆ど撮らなくなってしまった。

80年代以降の日本映画が「引き画・長回しばかり」「アップも無い」間延びしたものばかりになったのはこの辺の背景故で、
「実際の人間の生活をそのまま反映させている」
なんて高尚なもんじゃないよ。
単に間延びした映画を撮って「アート」「本格」ぶってるだけ。
おまけにたまに海外で賞を撮ったり、またハリウッド商業映画の文法に飽きているハリウッド監督がそういう映画に実は憧れていて高く評価してくれたり
(実はハリウッド映画人も「アート系」やアメリカ外の
珍しい映画が大好きw 要するに自分達が普段は出来ない事に憧れている隣の芝生)、その辺で勘違いしているだけ。

あと一口に「ヨーロッパの映画」っていうけど、あの辺の映画も「アート系」以外の商業映画は普通にカット数は多いよ(ハリウッドほどでは無いにせよ)

ここ30年ぐらいの日本映画が余りにカット割がいい加減なだけだよ。
64: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/21(火) 11:58:54.11 ID:ndbQkhvW
「あんな風に撮りたい」と思って映画業界に入ってくる人はいるからね
黒澤明風みたいな作調ばかり溢れることになるのかなw


エピゴーネンばかりじゃね
観客の嗜好も変わるし、って安手のTVドラマの拡大版で満足する客も多いけど
管理人より:「エピゴーネン」とは、模倣、亜流、パクリのこと。
65: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/21(火) 12:04:42.62 ID:zym7paO9
ハリウッド映画でも編集者の腕による部分は大きいと思う

例えば新生007シリーズで言うとスチュアート・ベアードが編集した『カジノロワイヤル』と『スカイフォール』には何の違和感もなく没入できる一方、彼が担当してない『慰めの報酬』はガチャガチャして見づらかったり

あと日本でハリウッド風の編集をしてる監督といえば原田眞人がいる
個人的にはあれもガチャガチャしてるだけでうっとうしく感じるけど、それもハリウッド風だからというわけじゃなく単に下手くそだからだと思う
66: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/22(水) 07:48:35.24 ID:mbFrX7fl
映画ってカメラワークだけで決まらないからね。
最近の洋画ってBGMのかかるタイミングとかセンス悪すぎ。そもそも場面と合ってなかったり。

「ディープインパクト」なんてこれから地球が滅びるかもって時に犠牲者ゼロでした的な曲流れてるし。
はっきり言って話にならねーわってレベル。
67: 名無シネマさん 投稿日:2014/01/22(水) 12:03:57.25 ID:834xEcR2
お、おう…
68: 名無しシネマさん 投稿日:2014/02/28(金) 15:35:37.81 ID:L9oV2eeS
なんでアメリカと比べようとするの?
フランスやイタリアと比べようよ
美しさが全然違う
予算の問題じゃない


アメリカ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、イラン、ドイツ、イギリス、インド、中国
少なくとも上記の国に負けてる

もしかしたらブラジル、カナダ、ポーランド、韓国、タイにも負けてる
69: 名無シネマさん 投稿日:2014/04/17(木) 13:59:02.92 ID:Q93iXTaG
ディープインパクトが酷いのは単にディープインパクト単体の問題であって、最近の洋画全体に拡大されてもな…
しかもディープインパクトなんて最近の洋画ですらないし


てか邦画がポーランド映画や韓国映画に負けてるのはしょうがないだろ
ポーランド映画なんて昔から巨匠を多数排出してるし、韓国映画は下らないのも多いが一部は化け物級のクオリティーだしね
70: 名無シネマさん 投稿日:2014/04/20(日) 19:33:09.75 ID:d1F8H7mE
>>69
だから予算の問題じゃないよね
むしろ日本は予算がある方なんじゃないの?
映画産業が盛んな方だと思うし今のポーランドや韓国に負けてるのはしょうがないと思わない

今のポーランドの話ね。今の日本映画の話をしてるんだから
75: 名無シネマさん 投稿日:2014/06/03(火) 14:53:46.65 ID:apTgf8du
画質もぜんぜん違う
使ってるカメラの差かな?
それとも証明技術の差?
76: 名無シネマさん 投稿日:2014/06/03(火) 14:55:38.07 ID:apTgf8du
踊るや海猿のカメラワークて、ほんと永久凍土並に寒いよね
82: 名無シネマさん 投稿日:2014/06/18(水) 15:18:03.01 ID:Cyxhd2rW
今の邦画は切った方がよくなるような演技とか残したままにしてるよね
あれすっごいたるい


切ったら70分くらいになっちゃうからかもしれないけどさ
87: 名無シネマさん 投稿日:2014/07/31(木) 11:06:35.77 ID:+Wt/9mR+
>>82
70分。大歓迎だ。

最近はやたら長すぎる。せめて90分位にしてくれよ。
92: 名無シネマさん 投稿日:2014/08/09(土) 05:23:47.38 ID:WBnf4+2F
>>87
それ大賛成!
アイディアややりたいことが溢れるほどあるのに、90分しか制限時間が与えられてない方が、よく考えて中身の濃いものが出来上がってる気がする。
84: 名無シネマさん 投稿日:2014/07/11(金) 15:26:05.51 ID:ZkAco35J
向こうの映画は制作費1億ぐらいの超低予算のでも、日本の大作より画面が綺麗だなぁ
93: 名無シネマさん 投稿日:2014/08/12(火) 19:27:20.77 ID:uQ/5RTLB
邦画があまり動かないのは映っちゃいけないもんが多いからだろ
94: 名無シネマさん 投稿日:2014/08/17(日) 05:34:19.71 ID:B1hhABLX
洋画は数十メートル四方の空間のショットを撮るのに、数百四方の面積を占拠して、対象からたっぷり距離をとって望遠気味の撮影でクレーンやレールを使って撮るけど

邦画は数十メートル四方ショットに数十メートル面積しか占拠できない
カメラは近距離から広角撮影気味で狭苦しくて圧迫感のある映像ばかり
やはり予算の問題は大きいよ。
98: 名無シネマさん(岐阜県) 投稿日:2014/11/05(水) 17:57:28.07 ID:G+deBLlB
すごく客観的に邦画、洋画の演出だなんだを分析して、語っちゃってる業界の方がいらっしゃるが、ご自身の作品がとてつもなく凡庸でねえ
表現出来るポジションのお方がここまで解っていらっしゃるんだから、クチ先だけと思わせない程度のモノは見せてほしかった

愛などいらぬ!
愛ゆえに映画ファンは苦しまねばならぬ!
愛ゆえに映画ファンは悲しまねばならぬ!
こ、こんなに苦しいのなら、悲しいのなら……(映画への)愛などいらぬ!
というわけで、なんか一方的な片想いの感のある映画ファンの憤りスレ。ウフフ。

あんまりカメラワークに注意して映画観てないからイマイチピンとこない部分もありますが、「明らかに違う」という部分は確かにあるでしょうね。
スレでは予算もしくは技術の問題ではないか、という指摘が一番多いように思います。

↑以前こういうのやりましたが、やっぱり邦画は映画ファンの間ではイマイチ不評。
こういう問題って結局個人の好みに終始するので、なにが良いのか、という点は「ひとそれぞれ」ということになりそうですが、なんかみんなハリウッド式の演出に慣れちゃっただけなんじゃないかなぁ…という気がしてきました。
アメリカのそれは良くも悪くも「分かりやすい演出」だと思うんで、結局はそういうものが大衆受けするのかもしれませんね。

管理人自身が邦画を見るにつけ、その撮影という部分に絞ると、どうもテレビドラマとの違いがよくわからん…という感想を持つことが多いです。
スレでも出てた「お寒い」と評判良くない「踊る大捜査線」ですが、ドラマも数話くらい観てるし、「The MOVIE」の方も観てますが、あれはドラマの2時間拡大版のような感じですね。
それが良い/悪いは別として、撮影手法は全く一緒なのかな…という点はちょっと気になります。

逆にハリウッドの場合はどうなんでしょう。そしてヨーロッパ映画は?
ドラマと映画の撮影はずいぶん差があるんでしょうか。もしないとするなら、ドラマと映画の明らかな撮影クオリティの差が説明つかないので、きっとあるんだろうと思いますが、単に予算の差なんでしょうか。
それとも、映画畑とドラマ畑は、技術者の住み分けがなされてるのかな。疑問は尽きない…。

トップ絵のオッチャンたちは左から、映画プロデューサーのジェフリー・カッツェンバーグ、監督のジェームズ・キャメロン、スティーヴン・スピルバーグ。
踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]
フジテレビジョン (2003-06-18)
売り上げランキング: 19,854



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.12 22:23
    邦画は視線の誘導が下手なんだと思います
    あと、光のぺたーっとした画面
    奥行きがないんだよね

    それを逆手に取った演出はだめなんだろうか
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 1:34
    みんな難しいこと考えながら映画みてるんだな。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 2:11
    カメラワークもだが
    ストーリーも大胆さんが無いよね
    こじんまりとしてる
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 4:08
    今の邦画は、PS4のゲーム画面(ムービーではない)のカメラワークにも劣ってる
    ライトフィールドカメラの動画8Kカメラが出てくれば、ゲームに追いつけるかもな
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 6:27
    洋画と邦画の最大の違いは照明だよ。
    撮影で一番時間と金が掛かるのは照明のセッティングだから。
    照明に時間をかけると、奥行きがあって重厚感のある画になる。
    ニューヨークで撮影してるの見たことあるけど、真っ昼間からでかいライトいくつも並べて、目を開けてられないくらい明るくしてたからね。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 12:05
    邦画でもコメディとか文芸ものとかは小品が多いけど結構頑張ってると思うんだけどなあ
    アクションやミステリーなんかはハリウッドどころか中国韓国に比べても見劣りするのばっかだけど
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 13:01
    技術的な問題よりも、受け手側に起因してるように思いますがね
    非日常を求めて映画を見るけど、そこには常日頃見ている卓袱台とか路地裏が出てくる
    で、その瞬間に、銀幕の中の虚構が一挙に現実とオーバーラップして色褪せて見える
    洋画ならば、その辺が脳内で補正されて、勝手にイーハン上がるだけでしょ
    見慣れない髪と肌と目の色の人たちが、異国の街並で異国の言葉を喋ってるって、
    それだけでテンション上がってしまって、現実との差異の補正なんて考えなくなるもん
    画面に没入しちゃえば、多少のアラなんか気にならなくなりますからね
    移動中に小さな画面で見ることができるようになったせいか、昔ほど洋画にも興奮しなくなった
    そういうことを、最近つとに感じるようになってます
    • ※8 : ドクター・マオ・ノーム
    • 2015.10.13 20:06
    進撃の巨人だっけ?
    監督だかが「金が無いからハリウッドにかなうわけが無いw」ってほざいてたの
    もう映画とかかわるのやめて欲しいわ
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.13 21:15
    ようするに、
    ここ15年ほどはもうね、
    映画に夢を持ってる監督が日本には
    居なくなったってことなんだよ。

    海外の映画でさ、
    日本でも見れるものは得になんだけど、
    「俺はこういう映画を作るために生きてるんだ!」
    っていうね、覚悟がいたるところに
    ちりばめられてるんだが、
    かたや日本のほうはさ、こうすれば客が喜ぶとか
    アサッテなこと考えてしまってるんだよ、
    それが俺ら視聴者にも見えてしまったゲンナリしてしまうのな。

    大切なのは客がどう思うかでは無くてね、
    自分が作りたいものを作ってるっていうのをちゃんと
    意識しろってことなんだよ。

    ねぇ、本当に自分が心から作りたいものを
    映画にしたらな、それを見て喜ばない客なんか居ないんだぜ?
    誰だって自分が作りたいものってのを持ってるからさ、
    映画で出来てれば、自分にも出来るかもって
    思わせてくれるのが、一番の娯楽だし、一番の映画なんだよな。
  1. >それを逆手に取った演出はだめなんだろうか

    あまり方法論の研究というのがなされていないんでしょうかね。
    -------------------------
    >洋画と邦画の最大の違いは照明だよ。

    日本の照明はアチラと比べて暗めなんですか?
    -------------------------
    >邦画でもコメディとか文芸もの

    ストーリー重視のジャンルなら、脚本と演技力でなんとかなる…道理なんですよね。
    -------------------------
    >「金が無いからハリウッドにかなうわけが無いw」
    >俺ら視聴者にも見えてしまったゲンナリしてしまう

    あーそういう部分はあるかもしれませんね。
    商業主義は別にハリウッドでも変わらないはずですが、日本のソレは何がアカンのでしょうねぇ…。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.14 21:50
    邦画がダメなのは博識でアナログな技術に精通してる人が上に立たず現場仕事しかしないからかなと思いました
    監督とか撮影とか照明とか音声とか最初からその分野限定の知識と技術しか持ってない人が多すぎて考えが浅いのが原因かと
    たとえば、照明を明るくするのは絞りを小さくできるから“細かな表情が記録できるようになる”からですが、明るくすれば“とりあえず良くなる”と思っているような監督が撮影や照明に指示を出す現場を想像してみてください、駄作が生まれるのも必然かなって思いませんか?
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.16 7:22
    邦画のカメラワークで気になるのは映像の殆どが人物目線の高さってのが気になる。

    例えを出すなら車を降りるシーンは、立って待ってた人が扉をやや見下ろした構図ばかり。
    ハリウッド系みたいに降りる人の足元から写してから見上げる~
    とかそういうカメラが動くシーンを見たことがない。

    つまり絵が単調で飽きる。
    役者さんの演技とか別のお話と思う。
  2. >アナログな技術に精通してる人が上に立たず

    なんか技術の継承がうまくなされなかったんでしょうかね。
    日本人は変に凝るから…
    ------------------------
    >映像の殆どが人物目線の高さ

    あーたしかに。鋭いですね。言われてみれば…って感じです。
      • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.10.19 0:28
      基本が人物目線の高さってのは一応映画撮る人間の基本でしてナラトロジーという学問まである次第でして、実はこれが出来てない方が問題なんですよ
      たとえばホラーで主人公を足元から撮ると足元になにか潜んで狙っている感じになりますよね、これ普通のドラマでやられると何これ?ネズミかゴキブリの視点?ってことになり《語り手》が人間ではなくなってしまいます、意味を読み取ろうとする人間からは主人公は画面にいる人物だが語り手は非人間となり物語そのものがリアルからファンタジーへと変わってしまうのです
      たとえばローアングルからのカメラワークで、車のドアが開き足元を写してから主人の顔がアップになるありがちオープニング、この際に誰の目線でもない場合は観客は誰にも感情移入できず、待っていた人物の目線だった場合は待合せ相手が実は車の周囲を這いずり回って近寄ってくるような異常な存在という事前情報を得ることになるわけです
      その目だれの目?そういうことです
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*