人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

家紋・紋章・エンブレム・旗印などを語ろう @ [世界史板]


家紋・紋章・エンブレム・旗印などを語ろう @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/21(土) 22:47:52
丸に一文字ちなみに我が家の家紋は、丸に一文字(つまり晴れの記号)
5: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/21(土) 23:12:01
小泉首相がプレスルームに立つとき、演台に桐紋があるね。
あれって小泉家の家紋?
21: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 投稿日:2006/01/22(日) 19:32:58
>>5
総理の紋じゃありませんでしたか。確か五三の桐。
24: 世界@名無史さん 投稿日:2006/02/02(木) 23:40:31
五七の桐>>21
五七の桐では?
34: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/11(土) 23:28:41
>>21 >>24
五七の桐は法的には定められていない慣習的な日本国の国章として使われています。
実際には政府関係の紋章として使われていたんですが、近年の首相会見用の台に付いてるので首相の紋章として理解されるようになってますね。


菊の紋章は皇室の紋であって、日本国の国章ではありませんが、変形の菊花紋はパスポートなどに使われてます。
26: 世界@名無史さん 投稿日:2006/02/18(土) 23:31:33
丸に違い鷹羽小泉の紋は「丸に違い鷹羽」だろ。
何年か前に靖国参拝した時の紋付はそうだったぞ。
6: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/21(土) 23:20:19
戦国時代、ヨーロッパからやって来たひとが日本に家紋があるのをみて驚愕した。
ヨーロッパを出て以来、途中の世界には家紋制度を見かけず、ヨーロッパ独自のものだと思い込んでいたら、世界の果てに来て突然家紋を発見し、「うっそー!」と言ったとか。


どの本だったか、詳しく書いた本を失念してしまった。
7: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/22(日) 00:57:38
>>6
気になる
8: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/22(日) 02:30:01
ヨーロッパの紋章と日本の家紋はちょっと性質の違うものだろ。
14: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/22(日) 09:55:35
ビートルズも「カモン、カモーン」と連呼してるな。
THE BEATLES - Please Please Me - 1963管理人より:ビートルズの「カモン、カモーン」は「Please Please me」のこと。
27: 世界@名無史さん 投稿日:2006/02/19(日) 13:00:25
宣教師が「Ussohhh!」と叫んでる様子、激しく気になるな。
日本の家紋は、デザイン的にもきれいだし…。

イギリスには、キルトの模様でも家を表すんじゃなかったっけ?
28: 世界@名無史さん 投稿日:2006/02/19(日) 14:33:44
スコットランドね。
紋章の説明
管理人より:というわけで、ヨーロッパの紋章の各部位の説明をここで。大雑把な和訳もつけておきます。
クレスト(羽飾り):一番上の兜の羽飾り。騎士たちは槍試合でこれを付けました。
マント:鎧の上から羽織るマントで、2色からなります。太陽の日差しから首を守るためのもの。このマントのビラビラ具合もけっこう細かく定められており、ビラビラが激しいほど、戦場で活躍したという証。
ヘルメット(兜):そのひとがどれほど重要な人物かを示すマーク。金や銀で描かれるのは貴族だということ。
コロネット(宝冠):高位の貴族のみつけるのを許されています。葉と玉は爵位が「伯爵」であることを示しています。
:「Coat of arms」と書かれていますがこれは紋章全体も指す言葉。普通は「Shield(英)」とか「Escutcheon(仏)」とか言います。戦闘中に個人を識別するためのマーク。盾の中が分割され始めたのはもっと後になってからで、こういう場合は先祖の由来とか領地とかを意味します。マークにもそれぞれ細かい意味が定められており、例えばツグミなどは、十字軍遠征の際に生還の願いを込めて付けた騎士も多かった模様。
サポーター:盾を支える動物などで、これも重要人物のみ許された飾り。左右同じ場合もあるし、違う場合もあります。例えばイギリスの国章は左がライオン(イングランド)、右が一角獣(スコットランド)です。
モットー(標語):その騎士、もしくは騎士の一家の標語が描かれています。主にラテン語、フランス語で。このモットーが描かれている箇所は「戦旗(バナー)」と呼びます。ここに書かれているのはラテン語の格言「武勇は行動にこそ(VIRTUS IN ACTIONE CONSISTIT)」といったような意味。この「virtus(ウィルトゥス)」を英語の「virtue(美徳)」と訳してるサイトもありますが、「virutus」はローマ時代の戦場で(男子の)勇敢さを示す言葉だったので、英語なら「valor(武勇)」の方が近い模様。
一例として、ロシア・ロマノフ王家は「Съ нами Богъ!(主は我らの側に!)」、スペイン・ハプスブルク家は「Plus Ultra(限界を経て先へ)」、フランスのブルボン家では「Montjoie Saint Denis!(モンジョワ・サン・ドニ!)」これは戦場での古いときの声です。
コンパートメント(台座):サポーターの動物が立っている台座。ここには描かれていません。
イギリスの国章
ここで一例。主にイングランドの象徴である獅子がメインで、スコットランドの一角獣は鎖で繋がれており、それに従属したことを示す紋章。
盾の赤字に金の獅子はイングランド王国を、金地に赤の獅子はスコットランドの、竪琴はアイルランドの紋章。回りに描かれているのはガーター勲章で「HONI SOIT QUI MAL Y PENSE(思いの邪なるものに災いあれ)」、モットーは「DIEU ET MON DROIT(神と我が権利)」、だそうです。(イギリスの国章より)
今上陛下の紋章
ちなみに今上陛下の金羊毛騎士団員としての紋章。皇室の菊紋をあしらったデザインで下部に金羊毛勲章がぶら下がっております。ついでにガーター勲章もお持ちですんで、そっちのバージョンもあります。
18: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/22(日) 11:24:06
日本の家紋は一つの家で何種類もあるしな。
113: 世界@名無史さん 投稿日:2007/05/09(水) 16:04:49
丸に三つ引き>>18
マジ?うちの家紋は一つしかない。
丸に三本線。引き紋って言うんだっけか?
小さい頃、本家の人がうちは公家の出だって言ってたけど、刀とか家宝みたいなのないし、田舎だし、先祖は農民っぽいんだよな。
管理人より:日本の家紋は、平安時代の貴族が牛車につけて個人を識別するためのマークが由来です。なにも一家にひとつ、とはっきり決まっているわけではなく、定紋(本紋)のほかにオルタナティブ家紋とでも言うべき「替紋」というのを好きに使っても良かったと言われています。また戦場で使う家紋(旗紋)もありました。
31: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/05(日) 18:31:04
トリノ五輪を見ていたら、ドイツのユニフォームに、ホーエンツォレルン家の鷲が、ロシアのユニフォームに、ロマノフ家の双頭の鷲が付いてたんだけど、今現在でも、国を象徴するような存在なの?
ハプスブルク家の紋章
管理人より:ホーエンツォレルン家の紋章は白黒ツートンの猟犬ですんで、ハプスブルク家の紋章の勘違いかと思います。神聖ローマ帝国のルドルフ1世以降はこゆ感じの鷲の紋章。オーストリア=ハンガリー二重帝国になってからは双頭の鷲になります。現在のドイツの国章は単頭の鷲に戻っています。
ロマノフ家の紋章
ロシアのロマノフ家の紋章はみっつの王冠をかぶった双頭の鷲の紋章。これは現在のロシア共和国の国章もこれがシンプルになったデザインで、真ん中の盾に描かれた「竜を倒す聖ゲオルギウス」もそのまま。ロシア帝国は東ローマ帝国の正式な後継者である、という建前だという意味でしょうか。
33: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/11(土) 22:56:02
そもそも、ああいう家紋は欧州全域に広まっているの?
封建制が定着した地域のみですかね。
43: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/13(月) 22:00:10
日本の家紋の話題は板違いなので、移動汁。

>>33
欧州全域という意味合いが難しいが、戦争の褒賞が重要だった地域には大抵ある。
ついでにいうと一般的な貴族の紋章は父系と母系の要素を取り入れてアレンジするので、非常にバリエーションがあるね。
45: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/14(火) 00:51:51
欧州以外って言うと、中韓アジアか、アフリカ、南米、北米か。
朝鮮は家系を気にかけてるんだったらありそうなんだけどなあ。
57: 世界@名無史さん 投稿日:2006/04/10(月) 19:05:09
>>45
中韓は全然聞いたことないな。
旗印などで姓一字を図案化したものを見かけるが、あれが代わりのような存在だろうか?
管理人より:ヨーロッパの紋章に相当する「個人または一家を識別するマーク」という意味での使われ方は、ヨーロッパ以外では、実は日本の家紋のみだそうです。(国家を表すマークはたくさんある)
46: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/14(火) 03:47:17
欧州の「百合の花」「双頭の鷲」「立てる獅子」の意匠は、もともとイスラム諸侯の紋章だったりする。
47: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/14(火) 17:47:56
>>46
いや、違うから・・・。
どこの与太話を引っ張ってきたんだか。
51: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/18(土) 22:44:19
>>46
百合の花はそもそも百合かどうかすらわからないってホント?

つか双頭の鷲はローマの鷲の流れだと思ってたんだが
52: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/19(日) 10:05:58
>>46
>>51
キリスト教で百合の花は聖母マリアの象徴だったはず。

【双頭の鷲】はビザンツ帝国のパレオロゴス朝から使われていた。
【鷲】はローマ皇帝の象徴。
53: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/19(日) 16:24:21
>>52
>キリスト教で百合の花は聖母マリアの象徴だったはず。
そういう問題ではなく、紋章で使われている百合の花の意匠は本来百合の花を表していたものではなく、後代になってそう言われるようになったということ。
55: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/30(木) 00:57:11
>>53
その通り。はじめに形ありきらしい。
日本の家紋の唐花が実際には何の花の事か分からないのと同じだな。
ブルボン家の紋章
管理人より:「百合の花」はフランス王家の、「双頭の鷲」は前述のハプスブルク家やロマノフ家などの、「立てる獅子」はやはり前述のイングランド王国の紋章の意匠。上のやつはブルボン家の紋章。ナヴァール王アンリが、ヴァロワ家最後のお姫様マルグリットと結婚して、アンリ4世として即位したのがブルボン王朝の始まりなので、ナヴァール王国を表す赤の紋章とツートンに分かれているタイプもあります。
下にぶら下がってる勲章がなにかよくわかりませんが、たぶん精霊勲章?ではなかろうかと思います。
在日フランス大使館の公式サイトによると、精霊勲章は現在ではフランスの国家功労勲章に統合されたみたいです。
ローマの鷲の紋章
共和制ローマで、ポエニ戦争の後くらいから、軍隊の隊旗として、黒字に銀の大鷲が意匠として使われるようになったということだそうです。赤字に金は帝政以降ですかね?とにかくこれは共和制・帝政を通じてローマを象徴するマークになります。回りに描かれているのは勝利と栄光を意味する月桂樹ですかね。
「S.P.Q.R.」の文字まで書かれてたのか知りませんが、これはラテン語の「Senatus Populusque Romanus(元老院議員、並びにローマ市民たちよ)」という元老院や市民集会で演説を始める時の決まり文句。公式文書、公式な告知など、あらゆる局面で現在のローマでも使われるフレーズ。
セルジューク朝の双頭の鷲
双頭の鷲に関しては、シュメールのニンギルスという神様の象徴として描かれたのが最も古いということです。東ローマ帝国やロシア帝国のみならず、ササン朝ペルシャ、セルジューク朝トルコなどでも広く採用された模様。
48: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/17(金) 21:06:33
西洋でも12~13世紀頃まで紋章の規則もハッキリせず、旗じゃなく盾に書いていたんでしょ?
49: 世界@名無史さん 投稿日:2006/03/18(土) 01:54:58
>>48
いやそもそも盾に書くところから始まったから、ああいう形なんだが…。
62: 世界@名無史さん 投稿日:2006/05/04(木) 15:19:08
家紋は封建制とセットだろ
封建制のない中韓にはあるわけない
63: 世界@名無史さん 投稿日:2006/05/04(木) 16:39:38
じゃぁ、封建制だった春秋戦国時代には家紋があったのか?
64: 世界@名無史さん 投稿日:2006/05/05(金) 13:03:13
封建制の性格が全く別。名前が同じだからって(訳名なんだし)実質を混同してはいけない。
78: 世界@名無史さん 投稿日:2006/09/09(土) 23:28:33
日本とか欧州は、戦争の時に敵味方区別しやすいように家紋が発達した、と思うが、その他の国は家紋とか無くても、戦争の時に困らなかったのかな??
79: 世界@名無史さん 投稿日:2006/09/10(日) 01:03:58
欧州の家紋はそういう由来だけど、日本の家紋は戦争と関係ないよ
86: 世界@名無史さん 投稿日:2006/11/21(火) 21:39:25
>>79
>日本の家紋は戦争と関係ないよ
そんなこたあない。旗印は軍功の目安だった。
管理人より:前述のとおり、日本の家紋の由来は平安時代の貴族が牛車につけた個人識別マークだと言われています。旗印云々はもっと後です。
80: 世界@名無史さん 投稿日:2006/09/12(火) 03:57:28
だから盾の形をした家紋が多いのかな。 <西欧の
81: 世界@名無史さん 投稿日:2006/09/12(火) 17:46:51
そうだよ

敵味方の区別というより、敵を殺したのは誰の手柄か実証するため、各個人紋章を覚えてる紋章官が戦場で必死に誰が誰を殺したか覚えたりしてた

ここでもどうぞ
ヨーロッパ紋章学
82: 世界@名無史さん 投稿日:2006/09/12(火) 18:54:06
ほう西洋では戦目付を紋章官というのか
83: 世界@名無史さん 投稿日:2006/09/16(土) 18:04:54
>>82
そうだよ
88: 世界@名無史さん 投稿日:2006/12/12(火) 00:28:07
モンゴルのタムガは部族単位の紋章だったのですか?
92: 世界@名無史さん 投稿日:2007/01/23(火) 22:02:04
>>88
おおもとは家畜の所有印として、焼印を押したりしたのが起源らしい。
タムガ
管理人より:タムガというのはこういう感じのマーク。部族の家畜を識別するための印章です。
97: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/10(土) 19:19:35
質問があるんですけど。
例えば動物のポーズってのは勝手に作っていいんですかね。
例えば、キングギドラみたいな3つ首のドラゴンは大丈夫と思うけど、一つの首は左、二つ目は正面、三つ目は後ろ向きとか。
ほかにも家紋の菊水のうねった帯は西洋紋章の中には見当たらないけど、無いだけでつかっていいのかな
103: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/16(金) 14:04:00
>>97
法律的には何の縛りもないらしいから、個人が使う分には自由なんじゃない?
104: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/16(金) 21:30:56
>>97
世界の国章を網羅した図鑑を見ると、基本的に西洋の紋章の構成そのままの紋章を使っている国がかなりの比率を占めている。
要するに、まん中に盾があって上に王冠が載ってて、両脇からは一対の動物が盾を支えてて、下にはリボンがうねってて国名とか標語が書いてあるってやつ。

で、その盾の両脇の動物なんだけど、定番のライオンとかも多いけど、アフリカとか太平洋の新興国だと見たこともない「特産品」が支えてて面白いよ
シカみたいなヤツ、シマウマ、伝統的戦士、怪物、かなりポップな感じになるけどカジキマグロもあったと思う。


国章でアリなんだから当然個人の紋章でもアリでしょう。
伝統を重んずる西洋の貴族とかは付けたがらないだろうけど。
105: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/18(日) 11:36:02
97
いや、サポーターやクレストの動物ではなく盾の中に書かれる動物です
ライオン・ランパント・リガーダンド・テイルナウド・カラーウィズチェイン
というと片足立ち姿尾を結び首輪に鎖を付けたライオンが後ろを振り返たポーズです。


紋章学では指定されたポーズがあるのはご存知でしょう。
しかし、それがどこまで決まっているかはよくわかりません。
特徴のあるポーズやラインは自分でつけてよいのかということです。
つまり、紋章官が見て言葉で説明できるようにしたいのですが、菊水の水の流れなどは特徴があっても言葉で説明できません。

そうなると「日本風の水の線」というような造語をつくって登録できるのかなと。
127: 世界@名無史さん 投稿日:2007/07/18(水) 20:01:22
>>105
登録?単なるトレードマークだったら自分の好きなデザインにして特許事務所に登録するだけじゃないの?
正式な紋章としてだったら、例えばイギリス人の正式な紋章は紋章院が授与する物だから、デザインに関しては本人は大まかな希望が言えるだけで、後は向こうにおまかせだそうだけど。

規則が色々あるからだろうし、あくまで向こうが与える物だからね。
動物の姿勢とか希望出して、ダメって言われたらダメということで。
128: 世界@名無史さん 投稿日:2007/07/19(木) 01:31:51
>>105
↓例えばニュージーランドだとマオリの意匠を紋章に用いたりする。

ニュージーランドの紋章の例
New Zealand Civic Heraldry

上の例のように自分で勝手に決める分には何の問題もない。
ただ紋章官がどうたらになると、その紋章官がどこまで許すのかという話になるので一概には言えない。

カナダ版紋章院である The Canadian Heraldic Authority は登録された紋章その他の一部を公開しているので探してみたら
バッジではあるが↓明らかに非西欧的な意匠を許していて、それらしく紋章学の用語で説明している。

カナダ・ニスガ族の紋章
The Public Register of Arms, Flags and Badges of Canada

>>127
紋章院は勝手に決めた紋章も後から追認するから、必ずしもおまかせではない。
("confirmation of arms"でぐぐれば出てくる)
106: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/18(日) 14:47:30
マレーシアの国章
マレーシアの国章はライオンではなくトラが盾を支えている。
107: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/18(日) 18:52:50
オーストラリアならコアラタンやカンガルータンなのねw
オーストラリアの国章
管理人より:オーストラリアの国章はアカカンガルーと、コアラ…ではなく絶滅危惧種の「エミュー」です。
101: 世界@名無史さん 投稿日:2007/03/11(日) 21:31:16
ドイツの国章
ドイツの国章(Wikipedia)
ドイツの現在の国章って、鷲からやる気のなさが伝わってくるw。素敵だw
122: 世界@名無史さん 投稿日:2007/07/17(火) 16:05:58
ヨーロッパの紋章研究家で、日本の家紋に興味を持つ人もいるみたいですね。
123: 世界@名無史さん 投稿日:2007/07/18(水) 13:32:57
フランシスコ・ザビエルフランシスコ・ザビエルは、日本に十字の家紋があるで不思議に思ったらしい。
131: 世界@名無史さん 投稿日:2007/09/19(水) 15:36:24
自称戦国武将の子孫の皆さん。捏造合戦ご苦労さまです。
姓を拝借しただけでなく、家紋もパクって辻褄合わせですかw


でもね、皆さん、旗紋ばかりパクってませんかね?
戦国武将といえば旗紋が有名で誰でも知ってますからね。
家紋と旗紋は違う場合があるから気を付けて下さいね。
紋付袴に旗紋は付けませんよ。いつまで戦うつもりですか?w
小野田少尉もびっくりの長期戦ですねw
六文銭管理人より:ちょっと逆の例になっちゃうけど、有名な真田家の六文銭は大河ドラマなどの合戦シーンで描かれますが、実際には旗紋としては使用されず、「総赤に金線」が使われてたそうです。
89: 世界@名無史さん 投稿日:2006/12/28(木) 23:16:56
沖縄系の友人は家に家紋がないとかで家紋を作るに当たり、ターボ車が好きってことで、セラミックタービンなる紋を提案したのだが、一族に却下されたそうだ
ちなみにその紋は菊の紋にそっくりだった

2日間も更新休んでしまい、申し訳ありませんでした。
1週間も前倒しになったわりには、客前の実演でバグも出ず、ほっとしました…。また更新再開しまーす。

とういうわけで、紋章・家紋スレ。
管理人はこういうのが大好きなので(管理人だけかもしれませんが、)楽しいスレでした。気合い入れて画像いっぱい貼っちゃった。

日本の家紋というのは、最初からシンプルシンプルであんまり複雑化しませんでしたが、ヨーロッパの紋章はもうどんどん複雑化していって、ナポレオン時代などには大変なことになってたそうですね。
国家の正式な大紋章ともなると、盾の中に所狭しと領地の紋章が描かれワヤクチャなことに。
ルールもどんどん複雑化していって、身分や戦での手柄に応じて、細かく定められていたそうです。なにしろヨーロッパには「紋章学」という学問までありました。

やはり図案には強い動物が好まれたようで、鷲、獅子、一角獣、竜あたりが非常に多いですね。他には武器、植物といったところでしょうか。
モットーなんかも、ラテン語から英語に直してから意味を調べるんですが、なかなか含蓄に富んだものが多くて楽しい。

ハプスブルク家のモットーは文中に書いたように、大航海時代の頃は「Plus Ultra」でしたが、これの前は
Bella gerant alii, tu felix Austria nube.
戦争は他に任せよ、汝幸いなるオーストリアは婚姻せよ
ということで、節操のない婚姻政策と、死神を味方につけてんのかっていう類まれな幸運で、棚ボタ式に領土を広げたハプスブルク家らしいモットーです。

ロンドンの紋章
トップ絵は有名なロンドンの紋章。
白地に赤十字はイングランド王国の旗です。両側をドラゴンが支え、モットーには「DOMINE DIRIGE NOS(主よ、我らを導き給え)」です。
赤のコントラストが美しく、デザイン的にも重厚で良いですね~。

日本の家紋は、これとは真逆の方向性かつすごくシンプルで、これまた良いものです。
お葬式を仏式でやると家紋というのをお墓や納骨堂に入れないといけませんから、もしご先祖から伝わっていない場合は、適当に作って良いそうです。
ここはひとつ、センスよくカコイイやつを考案して後世に伝えていただきたいですね。ハイセンスなセラミックタービン紋だって、1000年も経てば由緒ある家紋になろうというものです。
紋章の歴史―ヨーロッパの色とかたち (「知の再発見」双書)
ミシェル パストゥロー
創元社
売り上げランキング: 321,998



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!
    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.28 12:06
    管理人の興味がある分野の記事は情報の整理が出来てて面白い、特に美術系のまとめは
    紋章に興味あるんでスレまとめ以外に紋章学講座の記事の投稿を期待してまする
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.10.28 16:08
    46の発言が正しいのに反証もなく否定してる47みたいなのは見ててイライラしますね
    管理人さんも双頭の鷲はイスラムが最古って書いてるくらいなのにね
    たとえば、百合の花はもっと由来が古くてエジプトやギリシャの柱に彫刻されてる例が多数ありザクロやハスなどとも言われてたり一番ナゾが多い紋章ですね
    獅子は拝火教やフェニキアの占星術とかにも遡れて、これもイスラム圏から由来するものですね
    あと、唐花はツバキよりザクロやハスだったのだろうと個人的には思ってます
  1. >紋章学講座の記事の投稿を期待してまする

    紋章学講座おもしろそうですねー!
    管理人が紋章に興味を持ってあれこれ調べたのって高校の時なんで、また勉強しなおさなくてはなりません…w
    やるかどうかはわかりませんが、企画のひとつとして頭に入れておきます。
    -----------------------
    >百合の花はもっと由来が古くて

    イスラムていうとイスラム教圏ていうニュアンスになるので、イスラム教はもっと後でしょ!と言いたかったのではないでしょうか。
    「オリエント」とか「西アジア」とか言っておけば良かったかも。
    百合の花の意匠については全然知らなくて、オリエント由来ていうのは始めて聞きました。
    やはり文明のゆりかごなんすなぁ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*