人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なぜ人間は戦争をやめられないのか? @ [哲学板]


なぜ人間は戦争をやめられないのか? @ [哲学板]
1: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 00:02:13.05
人間にとって望まれる人間性とは「平等」と「素直さ」だと思うんですよね。
でも人間はその両方を全うすることはできないんです。

なぜなら、完璧な平等性を持つには自分の欲を殺さないといけない。
すなわち素直さを犠牲にしなければならないということ。

そして、完璧な素直さを得るには他人を犠牲にしなければならない。
つまり自己中心的にならないといけないということ。

人間性には矛盾が生じているんです。
だから我々はどちらかの思想を選ぶことになった。
その結果が「資本主義」と「社会主義」なのです。


まあ、あとはわかるよね?

だいたいの戦争の原因がその国々の思想違いだったりするけど、その根本が人間性の矛盾なんです。
要は人間は人間だから戦争をやめられないってことだと思ったんだけど。


どうかな?意義は認めます。
2: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 00:05:21.35
今の戦争は民族紛争がメインじゃないの?
歴史的なイザコザのない現代的な戦争というのはあるのかな
3: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 00:08:17.69
石油とか、ある国家のライフライン確保のために必要なら戦争はするだろうけど、それは止まらない気がする
5: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 00:11:54.65
米中戦争はあり得るのかな
そこは興味がある
6: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 00:21:32.81
最近はやっぱり平和風潮が強いから、戦争は起きにくいけど火種はいつも作られている状態かな。

ロシアとアメリカがいい例だよ。
7: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 00:33:13.80
文字通り安全保障をどうするかということだよね
国家の安全保障は、他国からの自立を守るためのもののようだけど、この安全保障を目指す中で拗れが生じていって、それがどうにもならないときに戦争になるのだと思う


柔軟な国際安全保障体制を作る事が大事なんじゃないかと思う
8: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 00:37:01.79
戦争をやめるという発想を持たない人間がいることをあまり考えて無いのかな?
誰が戦争を反対しようが平和を求めようが、内心で戦争をしたがっている人間が大勢いる
12: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 01:02:20.44
うーん、戦争をやめるかやめないべきかということじゃなくて、人間という生き物が戦争せざるを得ない生き物だってことなんですよ。

条約や、安全保障とか言ったって考え方に亀裂が生まれるのは仕方無いからある程度の意味しか発揮しないと思うんですけどね。
15: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 01:10:32.72
>>12
破壊が極力起こらないようにする事を目指すしかないですかね

ジークムント・フロイトマルティン・ハイデッガー
フロイトは死の欲動を想定せざるを得なかったようだし、またハイデガーも破壊という言葉を自ら実践すべきものとして使ってしまったようで

そうは言っても簡単でないとは思うけど
13: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 01:04:23.24
戦争については柔軟な国際安全保障体制をどう作るかという事を考えていけば良いと思う
17: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 01:12:44.35
>>13
それは所詮希望論なんですよ。
柔軟な、てところが現実的に難しいし、仮に出来たとしてもある程度の抑止力にしかならないと思います。
18: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 01:15:16.20
現行の国家という仕組みそのものを破壊したがっている人間にしてみれば、平和だの安全だのどうだっていいんだろう
常に火種を絶やさないように手回しするのだから
21: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 01:29:58.60
初期の戦争は食糧等の奪い合い
所謂縄張り争い
やがて農耕民族と放牧民族に分かれていき放牧民族が戦争を仕掛ける側となった

そうやって戦争を繰り返していくうちに、戦争の経済効果が双方に理解されていくうちに、部族が集まって都市国家や共和国ができる
一方で戦争で支配していくことで帝国ができる

ミクロに見れば単純な生存競争
そしてマクロでみてもやっぱ生存競争

中間点でみると一見戦争の利点が無いように見えてもやっぱ始まりも終わりも競争から始まっているんだよ

戦争を止めることよりも如何に効率よく勝つことを考えるかが重要
で現代の効率のいい戦争は抑止力って考えですな
22: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 01:46:24.23
外交での解決だって後ろに控える武力(同盟国)があってこそ成立するんですよ
話し合いでだけでは解決できない
戦争が盛んだった古代や中世では、経済的に豊かな国が常備軍を持たず傭兵を使って戦争していましたが、殆んど例外なく滅んでいます


また同盟国の軍事力で守られた国は、戦争が起きて頼った結果、同盟国に結果的に属国にされたり、さらなる軍事費の援助を恒常的に捧げる条約を結ばされる
さらに指導層が同盟国だった人間に置き換えられていつのまにか半植民地に

日本人が戦争と無縁だと思っているのは錯覚ですよ
アメリカに軍事費を払って武力面で依存しているからそう思い込んでいるだけです


まだ第二次大戦が終わって70年
歴史を紐解けば、この程度の安定期で戦争を忘れるのは愚か者です
23: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 01:46:26.40
これは深いテーマだ
29: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 03:58:09.53
過激派では自爆テロを自ら進んで誇りのためにやるのが当たり前
みんな笑ってる
30: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 06:22:14.04
そうやって他者の至高や背景を理解することを放棄した節約的思考が戦争とは別のテロリズムを進める
所謂愚衆の心理やつですなぁw
39: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 10:32:29.21
この論理の終着点は歴史的な考えとか、政治的な考えとか必要ないんですよ。
一番重要視されるのは人間性だけであり、根本的な考えに基づく戦争の理由が、「平等」と「素直さ」の人間というものの矛盾であるということなんです。
40: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 15:05:10.38
それはお前の理屈であって万人理屈じゃないな
一人で便所でつぶやいてろ
41: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 15:59:38.63
>>40
だからスレッド立てたんじゃないか
47: kodou 投稿日:2015/06/13(土) 21:46:09.76
タイトルの書き方がいけなかったのかもしれません。
みなさんの意見は戦争の理由に当たりますが、主旨は合ってるのですが論点が少しズレてるんですよ。

この論理には人間とは?という視点から戦争について考えるので、もっと心理的な所から考えて欲しいです。(汗
54: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 23:48:27.25
>>47
それは>>1の人間性の理解に誤謬があるからだよ
求められる人間性が平等じゃなく公平さだからだよ

公平さとは能力、或いは成果に応じた報酬
平等は能力や成果に関係なく分け与える報酬


平等を求める人は概ね相対的な能力が低いと感じている人の思考
公平さを求める人は能力や結果に対する評価が低いと感じている人

最初から多くを持っている人が平等を求める事は少ない
56: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 00:37:03.37
>>54
確かにそうです。
ということは平等=社会主義 公平=資本主義
という事にもなるのでしょうか。


しかし、平等派の人々は少ないにしてもいることにはいますからね。
弱者にハンデを持たせることが正義だと考えることができますからね。
一方、資本となると強者を煽るのでそれが平等性にかけると考えられるので、こちらはと言えることができるんですよ。

あくまでこれは社会主義者の考えですが。
管理人より:»56はコテハンがついてませんが、これも»1さんの発言です。
49: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 22:55:30.85
誰でも人間性に矛盾があるけど、その矛盾が緩やかに統合されて個があると、京極さんの小説にあったけど、その矛盾と国を守る為の戦争とは関係ないんじゃないですか。
58: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 01:13:44.32
どちらも立場の違いでしかなく本質は一緒
平等を求める人はズルをして怠けて報酬を得ようとしているとも
50: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/13(土) 23:14:01.29
欧米は世界統一の為、戦闘しているのかも。
日本も戦後70年、原爆があったことで米国に守ってもらっていたけど、欧米に自由、平等の資格を認めてもらうには、共にたたかわなきゃいけないんじゃないかな。
67: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 22:33:16.43
実際のところ、戦争が起こるのは、主義の違いじゃなくて、人口増加と武器の消費、この二つの理由で発生すると思うけど・・・。
68: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 22:48:25.43
だから、ユニセフには、ワクチン普及するのと同じくらいに、現地で避妊教育もして欲しいんだよね。本当は。
69: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 23:23:05.56
フランスの悪口はやめるんだ!
70: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 23:25:51.82
何故人口増加と武器の消費で戦争が発生するのか?
その何故を何回か繰り返してみればいいよ。
71: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/14(日) 23:53:28.04
気分転換に寄って67-68を、書き込んでみたが

え?ユニセフってフランス産なの?て、別に悪口ではなく、ただの提案。
ユニセフに提案しようと思ってはいるけど、英語苦手だからメンドーでしてない。

もし1が英語を得意なら、私に代わって1がユニセフのアメリカのお偉いさん宛に提案してくれないか?
したらば30年後には、世界中から(間接的に)感謝されてると思う。
80: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 03:03:04.23
>>71
ユニセフも建前は児童支援だけど、実際はアメリカ中心に自国の医薬品メーカーの輸出対策だよ
ODAとかアジア投資銀とか全て理事国の外交戦略
どうせ金儲けするなら建前は奇麗にしておこうってやつ
74: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 00:46:30.44
軍事産業の需要を確保する必要があるから。
76: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 01:13:37.08
こうやって戦争から遠ざかっているために生じる無知と先見性の無い視野が、経済優先に捉えてしまう
強い軍隊を維持するために軍事行動をしその結果軍事産業が儲かる

経済を見れば判るように軍事以外の経済圏のほうが遥かに大きい
その他の経済を犠牲にしてまで軍事産業のために戦争する必要は無いんだよ

車だって軍事車両より一般車両のほうが遥かに多いだろ?
77: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 01:16:12.52
戦争に需要があると言うなら今の時代は何だろなと思う。

戦時下でもないのに他国の軍隊がいてドンパチやってるなんておかしな国もあるんだ。
例えばテロリストと軍隊とか。
国家の対立ではないから戦争とは言えないでも、軍隊が何かとドンパチやるんだから平時とも言いがたく。
78: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 01:29:37.17
中東・アフリカは日本で報道されていないだけで、常に自国内で主流派民族の他民族への弾圧が続いている
但し他国の軍隊が駐屯するといった事は紀元前の国家間の戦争時代より続いている
別段おかしな話でもなく軍隊と戦争とは古代よりそういったものなんだよ


ローマ史などを見れば一目瞭然だ
79: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 01:46:18.63
歴史的に見れば軍隊が弱い国、負けた国が戦後もずっと強国の都合に振り回されるのは常識
日本だってアメリカに軍事費を払い続けている
駐屯だって未だにされている
おかしいといって誰がそれを裁定するのか?
平和ボケもいいところの考え


馬鹿な沖縄県知事や民主のアホ総理が何か言ってアメリカの対応がかわったか?
国内を乱し害しただけで対外的には何もなしていない
実際何も出来ない口だけのクズどもだ
81: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 07:10:24.26
>>78
>>79
言わんとする事は分かるんだがそうじゃないんだ多分例えが悪かったかな。

例えば199X年の某所で某宗教団体が地下鉄でのテロに飽き足らず本格的な武装蜂起をしたとしましょう。
警察ではどうにもならず軍事的組織が動く事になったとしたらそれを戦時と定義するか否かって話。
対テロ戦争なんて単語があるあたり言葉遊びになってしまうのかな。
83: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/15(月) 15:18:12.51
>>81
本格的な武装蜂起で警察で対応出来ないなら内戦だろ
実際そう言う連中に資金や装備渡して第三国が戦争煽っていくんだし
105: 考える名無しさん 投稿日:2015/07/05(日) 18:30:00.77
>>81
実際、地下鉄サリン事件の時だって刑法の内乱罪を適用しようという 意見もあったんですよ。
226事件の時も適用しなかったんだから」ということで見送りになりましたが。

自衛隊法にだって「治安出動」という制度はあります。実施されたことがないだけです。

日本では明治10年の西南戦争を最後に「内戦」は起こっていない(ということになっている)からピンと来ないだけで、「権力」とか「国家」の本質から考えれば不思議ではないし、世界的には特に珍しいことでもありません。
現にウクライナでもイラクやシリアでも内戦を行っています。
チュニジアでは今日非常事態宣言が出たみたいですし。
111: 考える名無しさん 投稿日:2015/07/23(木) 03:21:34.85
>>105
内乱罪にしたからといってどうなんですか?
それでアノ事件が内戦と思う人は殆んど国内にいない
精々警察や司法関係者の功名心を刺激しただけでしょうね
管理人より:ちなみに刑法77条「内乱」、78条「予備及び陰謀」、79条「内乱等幇助」。
90: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/18(木) 19:04:30.15 ID:E27MttL4f
アメの取り合いが好きだから。
それが国家レベルだと何の考えもなく、国民に配慮せずに取り合いに国家を乱用しまくり、それを金にして甘い蜜をすすってる変態たちが偉そうな顔をするようになる。


実際人種や宗教や顔の違いなんてどうでもいいんだよな。こういうのはさ。
金になるし、それでぜいたくできるからだよな。
いい気分だぞう?そういうの?
91: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/18(木) 19:06:03.44 ID:E27MttL4f
まあ、戦争ってある意味じゃ、国家間の度を超えた遊びだから国民が一番バカを見せられるのは確かだな。
時によってはしっかりした立派な警察活動でもあるけどね。
93: 哲人 投稿日:2015/06/19(金) 13:41:38.10 ID:h7AVQvFk2
なぜ人間は戦争をやめられないのか?

答えは簡単です。
人類が脳の使い方を誤っているからですよ。
98: 考える名無しさん 投稿日:2015/06/22(月) 11:14:04.13 ID:+DynxaYE1
なぜやめられないのかというと、まるでやめた方がいいと決まってるような言い方だが、そもそも戦争はやめた方がいいものではない。
なので戦争は続く。

ハイ、なんだかすっごい哲学ぽいですね。
やや青臭いところのある»1さんの望む方向へ議論は進みませんでしたが、当サイトのコメント欄は盛り上がりそうな気がする。

現在、ヨーロッパは地中海を渡って押し寄せる、シリアやアフガンからの難民が大問題になっていて、最初の窓口になるハンガリーなどはいろいろ音を上げてるようです。「migrant crisis」とか「refugees crisis」とか呼ばれていますねぇ。
現在のシリア~バルカン半島の火種の遠因は、アメリカさんやヨーロッパ諸国がガチャガチャ引っ掻き回した結果ですから、今ごろ形を変えてツケが回ってきたのかな。

また、日本ではこないだ安保法案が可決されたばかり。
これには「集団的自衛権」も含まれていますから、日本がいかに、無害な核弾頭ミサイル「遺憾の意」を発射したとしても、アメリカが参戦を決めたら日本も参戦する(せざるを得ない)可能性が高い。キナ臭くなる一方の中国の領土拡張への野望へ、抑止力となるでしょうか、それとも戦争に雪崩れ込むでしょうか。

まぁあの、巷でもっぱらウワサされることのひとつに、「武器弾薬の使用期限」がだいたい11年~12年くらい、というのはよく言われることですよね。
湾岸戦争が91年、イラク戦争が03年、今年が15年ですから、もうそろそろヤバイんじゃねーの、という感じで。

思想信条や、安全保障や、民族問題やなんかは、戦争をする建前にはなっても、その(真の)理由にはなり得ないということでしょうか。
いつの時代も、戦争というものはけっこうドライな理由で起こるものです。
人間には無限の欲望があり、それがある限り戦争はなくならないのかもしれませんネェ…。

トップ絵はなんか適当に探してきた、たぶんポーランドの装飾騎兵のイラストかな、と思います。
戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)
トルストイ
新潮社
売り上げランキング: 90,713



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.10 21:47
    大勢で苦労して動物を仕留めて食料にしたり、穀物を多大な時間と労力をかけて収穫するより、それを武器を持って殺戮して奪ったほうが効率がいい。それだけの話。
    石器の最大の用途は武器、つまり殺人のため。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.10 22:11
    戦争止めれないの人間だけじゃないんだけど。
    生きるための競争は結局、全て戦争だよ。人間は小賢しく自我があるから
    競争に色々理由と名前、建前をつけているだけだし、自分勝手な正義感を振りかざす。
    自我がない生き物は純粋に繁殖のために戦う。でも全ては同じ行為。
    生きる事って戦う事なんだよね。人間同士の争い(競争も)にだけ小賢しい理由を付けて
    「戦争を無くすには」ってのたまうのってなんか違うよ。
    生き物であることを止める事以外解決策は無い。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 0:27
    欲があるから。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 0:58
    >>1が人間性と呼んでいるものは類人猿性と呼ぶべきものだと思う
    本能と理性が葛藤している状態はまだ人間ではない
    それと戦争はやめる必要などない前線を遠ざければよいだけだ
    争いたい奴にはやらせておけばいい
    そう思えば自分の中で戦争は終わる
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 1:05
    戦争はコストに過ぎない。
    コストを上回るリターンが期待できる限り、戦争がなくなるわけがない。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 1:11
    道具を持つことで戦争が起こって文明が始まる。先制攻撃したほうが有利だから、類人猿よりはるかに激しい戦いになる。結束力のある集団・社会ができて仲間は守り、敵に対しては徹底的に戦う感情が生まれた。類人猿のほうがはるかにおとなしい。
    むしろ本能より理性が優っていくことで残虐性が強まっている。動物よりも人間の方がはるかに残虐性が高い。戦争に導くのは理性。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 2:09
    戦争は経済の一形態だ、経済がある限り戦争はなくならない
    戦争をなくしたいなら
    経済の要たる人の交流を完全に分断する事で全社会を崩壊させ類人猿同様の生活に戻すしかない
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 5:07
    自然の摂理さ
    大量発生したイナゴは食料不足になり、餓死し、元の生態系バランスに戻る。
    それと同じで、
    増えすぎた人類は住む処、利益を求めて戦争を起こし、人口を減らそうとする。
    世界から戦争を無くすには地球の外へ出ていくしかない。
    この星に人類70億は多すぎるんだよ・・・
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 8:43
    戦争によって他国から奪わねば餓死を待つしかないような
    貧しい国が戦争しかける場合もあれば
    些細なきっかけで大戦争になることもあれば
    復讐のために戦うこともある
    原因など無数に存在するため発生を防ぐことなど不可能
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 10:35
    人間がアリみたいに個人の欲望を持たないでただ本能で行動すれば戦争は無くなる
    のか?と考えたけどアリは戦争するな
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 11:58
    ウチのおとんとおかんの平和は、7日と続いたことはない
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 16:42
    War.. War never changes
    人は、過ちを繰り返す

    最近新作が出たFoシリーズより
  1. うーん、コメントになんて返信したらいいかよくわかんないですが、経済的な部分との結びつきを挙げてる方が多い感じですか。

    >最近新作が出たFoシリーズより

    Fallout4ですか?いーなぁ。
    管理人のPCではグラボのスペッコが足りてなくてたぶん動かないし、仕事忙しくて大作ゲームやってるヒマがないですよ…。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.11 19:21
    弾薬が余ったら大規模演習を行って、新しい弾薬を買う方が買う方も売る方も特だからなぁ

    軍需企業からすれば戦争に使う金を、武器の更新に回したほうが儲かるし
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.12 0:28
    戦争行為の由来、それ自体は哲学で考察するほど重大なテーマではないと思う
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 21:44
    各々の集団が豊かになろうと競争したときに行き着く先あるいは途中経過にあるものが戦争なのでは
    例えば日本の江戸時代は幕府が意図的に国民が貧乏になるようコントロールし(参勤交代など)鎖国によって海外との競争から解き放たれた結果おおきな戦争はほぼ起きなかった
    代償として欧米にかなり国力に差をつけられちゃいましたが
    富と競争が戦争の鍵かなと
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.8.14 8:06
    日本の歴史から考えるならば、豪族同士の権力や生存領土争いから始まってるよね(?)
    その統治の結果、朝廷やらなんやらとあったりするわけで…。
    結局は本能的な生存とか種の繁栄の為に争ってる、と考えればかなり簡単ではないかな。

    今はそこに経済という貨幣価値の誕生により、貨幣に生存を握られてしまっている社会でもあるからして、結局国の都合や世界の都合で戦争を止められない、止めたくない思っている人達が大多数を占めているんだと思う。
    本気で止める気があるなら、それこそ理想郷ではないかもしれないが、キリスト教の一節を引用するならば、汝の隣人を愛せよとか。村社会の良い所であった共存の為に行われていた共用、供与、…所謂助け合いってのを本当の意味で貨幣価値など関係無く世界的に行えば、違うのかもしれない。
    まぁ……とは言え、まだまだそこに至るには百年単位で時間が掛かるのかもしれないな…。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*