人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

天動説でなんか不都合ありますか? @ [物理学板]


天動説でなんか不都合ありますか? @ [物理学板]
1: 投稿日:2011/08/31(水) 01:55:00.24 ID:Hx09q6iR
地球が中心で、月と太陽が地球の衛星、木星とか火星は、地球の衛星である太陽の衛星
これで全部説明できて矛盾がない

地球をとめて図を描いてみればわかるよ、みんな地球を中心に回っていることが
2: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 01:57:48.99 ID:HCV2oD+J
ダメです。終了。
5: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 02:01:45.66
古典力学と矛盾する気がするがそれでも良いのか?
6: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 02:05:09.50
どっちを原点に取るかが違うだけ.
天動説でも別に構わん.
7: 投稿日:2011/08/31(水) 02:05:53.57 ID:Hx09q6iR
地球を中心に据えた地球系の図がこれから流行ると思う
8: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 03:20:55.29
単に軌道計算が面倒臭くなるだけ
無駄な労力を使いたいならそうすればいい
10: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 04:31:44.68 ID:Ugp10QpY
これ俺も昨日猿でもわかる物理学的な本読んでて思った
基準どこにおくかってたけの話だよな
11: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 05:07:49.53
まあ地球が中心だろうがなんだろうが俺の生活には無関係だな
12: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 09:14:03.50
地上の物体の運動と、「はやぶさ」などの宇宙船とでは従う運動方程式が変わってしまうと思うのだが、なんでそんなことまでして天動説にこだわるの?
13: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 10:22:06.37
赤道付近では地球の自転から来る遠心力で僅かに重力が軽くなるんだけど、天動説だとコレどうやって説明すんの?
14: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 13:06:03.00
それは地球が自転しているとすれば問題解決
でも天動説だと衛星の軌道がおかしなことにならなかったけ?
15: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 16:07:25.16
観測する系による、って問題か?
16: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/08/31(水) 18:52:07.01
地球から離れた星々は光速より遥かに早いスピードで移動しつつ、慣性力で宇宙の彼方にフッ飛ばないように物凄い力で地球に引き付けられ続けてる事になるような……
17: 投稿日:2011/09/01(木) 12:41:20.07 ID:JWWnmD4k
何か不都合がありましたか?
もしあったとしたら、その不都合の本質は物理学者の怠慢ですよ
19: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/01(木) 14:00:05.50
>>17
>何か不都合がありましたか?
>もしあったとしたら、その不都合の本質は物理学者の怠慢ですよ
地上と宇宙で運動方程式が異なるのが不都合。
それは、天動説をゴリ押し足した人間(君)が運動方程式をチェックしなかった怠慢。
18: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/01(木) 13:19:39.49
計算めんどくさくなるだけで何も不都合はないって言ってるのに何が不満なんだ?
22: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/01(木) 15:15:31.44
仮に天動説地動説の知識が零の状態で、自分一人で観測して判断しろ、と言われたら…地動説なんて思いつかないだろな
日常生活上ではどちらでも問題ないし…
23: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/01(木) 15:32:36.75
何も知らないところから地動説なんて発想するやつは異常
地面が丸くて宙に浮かんで回ってるなんて誰も考えないだろう
24: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/01(木) 23:16:26.25 ID:y9jLEmdc
ニコラウス・コペルニクスコペルニクスでも、古代ギリシア人でも思いついたはず。
少しは見習えよな。
26: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/02(金) 14:51:36.52
地動説に至るには惑星の軌道を観察しなくちゃいけないからやや難度が高い
地面が球形になっていることは太陽の南中角度や水平線や気づく機会は多い
他には天体が天球に張り付いているわけではないことなんかも気づきづらい
地球は丸かった
エラトステネス管理人より:ギリシャの数学者にエラトステネスというひとがいましたが、このひとはシエナからアレクサンドリアまで人足を雇って正確な距離を測定。夏至の日・正午の日照角度の傾き(南中角度の視差)から、地球の直径を、現在の測定値からしてもまぁまぁな感じで割り出す、という離れ業をやってのけています。

アリスタルコスまた前々回くらいで書きましたが、恒星とは違う惑星の奇妙な運行を説明するために、サモスのアリスタルコスは、太陽を中心として地球その他の惑星が回っているという説(地動説)を、この頃すでに提唱しています。
しかしこの説は「上に投げた石がなぜそのまま同じ位置に落ちてくるのか」のような疑問に答えることはできなかったため、後述するプトレマイオスらの天動説が有力になっていきます。
27: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/02(金) 19:47:03.03
クラウディオス・プトレマイオスプトレマイオス体系になると、ほとんど完璧に観測と合致させられるので、そこから脱するのは難しいかもね。
天動説の概念図
管理人より:アレクサンドリアのクラウディオス・プトレマイオスは、それまでのギリシャ天文学の集大成をなした人物。惑星は観測していると、西へ行ったかと思うと急に東へ動き…といった具合に変な動きをするので、それを理屈づけるために、このような図を考案しました。各惑星は小さな円(周転円)を描きながら、地球の回りを大きく周っているというもの。これはなかなか説得力があり、長い間天体運動の真理として君臨しました。
上の図は月も周転円の軌道を描いていますが、ここはたぶん間違いですね…。
Chapter 03 Copernican and Ptolemaic Systemsこういうのが分かりやすいでしょうか。天動説と地動説における惑星運行の説明。
30: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/03(土) 18:55:32.61
天から見た宇宙像というものを考え、天体の運行について統一的な見識を与える事が重要。
32: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/11(日) 01:21:53.78 ID:LWyQErMM
話を簡単にするために地球と月だけで考えよう

不動なのは地球と月の重心で(かろうじて地球内部にある)、太陽系の重心はほとんど太陽中心に一致するが、理由は太陽の圧倒的質量にある(全体の99.9%以上)

地球は常に加速度運動をしてるので、相対的に不動と仮定することが力学的に無意味だし、近似値としても誤差だらけになる
34: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/11(日) 01:30:29.70
>>32
その理屈は歴史的な意味で間違っている。原始人には理解出来ないよ。
35: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/11(日) 04:30:39.59 ID:LWyQErMM
>>34
天動説でもそれなりに説明出来るみたいな書き込みが見たので書いた
歴史?無知(時代からすれば当然だが)と宗教的理念を言われれば、ああそうですかと逃げるほかなし
38: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/13(火) 00:42:05.53 ID:wjaA3G82
地球みたいなチビは相互作用が無視できないし、慣性系とは言いがたい
39: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/09/16(金) 08:18:41.44
地球と太陽の二体しか考えなければどっちでもいい
太陽系の他の星も考えるなら地動説しかない

当たり前だろ?
44: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/11/12(土) 09:43:39.23 ID:Q/WRJMx9
ティコ・ブラーエ地球の周りを月と太陽が回っていて、太陽の周りを惑星が回っていて・・・(ここまではブラーエが提唱してますね。)
その周りを銀河中心が回っていて、その銀河中心の周りを星々が回っていて、局所銀河団のそれぞれは、Aは地球に向かって・Bは地球から離れるように、Cは・・・動き、さらにその周りを大規模銀河団の中心が回っていて、その中心の周りを個別の銀河が回っていて・・・

そのような複雑怪奇な構造の中心こそが地球なのである。
45: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/11/12(土) 10:45:17.94
クラウディオス・プトレマイオスアイザック・ニュートン
プトレマイオスの体系は複雑すぎる。
地動説ならニュートン力学で説明できる。
天動説を説明できる力学を考えるのは可能なのか。
過去に開発されているのだろうか。
48: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/11/18(金) 00:47:06.86
自分を中心にしてそのまわりを地球がまわっている、といってみる
55: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/11/28(月) 11:34:30.38 ID:ENprPjTG
>>48
地球だけでいいのか。
えらく控えめだなw
53: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/11/22(火) 23:42:52.54
地球が太陽の重力により引き寄せられている時点で、地動説は避けられない
58: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2012/03/11(日) 16:02:23.08 ID:8mjiSOdK
地動説なら、想定する物理理論は、 f=maf=Gm1m2r^-2 だけでよい。
これだけで、まあ、天体の動きは全て説明できる。


天動説なら、その動きを説明できる物理理論は… ちょい想像できないんだけど…。
66: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2012/12/20(木) 23:35:20.59 ID:uyJb9a/9
天動説に従うと、地球と他の惑星が同格になるんだよな
天動説により、神様の使い=救世主は時々しか地上に降臨しないという事が説明できる
68: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2012/12/25(火) 10:28:32.03
単に北斗神拳を極めるのが難しいだけだろ。
馬鹿馬鹿しい。
69: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2012/12/25(火) 20:08:29.37
こいつの救世主は北斗神拳限定なのかw
70: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/02/26(火) 21:07:51.84
他の惑星で北斗と言っても意味ないな
71: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/21(木) 21:37:01.21 ID:Ca2depdj
太陽も天の川銀河を中心に回ってる件

そもそも地動説は観念の問題じゃなく「地球は止まってねぇよ、太陽が止まってんだよ」っていう理論なんだが
だからこれから流行るのは陽道説だな
72: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/21(木) 21:50:00.97
一般相対論によれば全ての系は等価だから、動いてるのはかという議論そのものが意味をなさない。
74: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/22(金) 10:02:47.95
金星の満ち欠けと見た目の大きさの変化は、地球を中心に太陽が回り、金星は太陽の衛生ということでおk?
78: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/22(金) 20:32:23.47
水星と金星は太陽の衛星ということで説明がつくとして、
>>1のように火星や木星も太陽の衛星だということで説明つくの?

なんかめんどくさいことになりそうな…
80: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/23(土) 12:43:02.21
ホントの天動説では、天体は空間に存在する物体ではない
天動説の概念図
管理人より:中世の頃の天動説は「神様が地球をお作りになったんだから、当然世界の中心は地球!」というのが根底にあり、そこが古代ギリシャと異なるところ。このように舞台のカキワリみたいに表現されることが多いので、そういう意味でしょうか。
11.13追記:コメント欄で教えていただいたところによりますと、当時の天体概念はガリレオが出てくるまで「天球」に星がひっついている…というわけで、それのことではないか、とのことです。どうもです~。
81: 馬鹿な学者の妄説信者へ 投稿日:2013/03/24(日) 10:30:22.94 ID:X/G/wDLp
ガリレオ・ガリレイガリレオに死刑判決が下る。

主文、汝は神の摂理を冒涜し、地動説なる邪説で民衆をたぶらかし、その後の科学を歪曲した罪は万死に値する。

地球が西から東へ自転しているのなら、大砲を東へ向けて撃つと、大砲は爆発力に弾の重量による慣性力を加えた力で飛び、反対に大砲を西へ向けて撃つと、弾は爆発力から弾の慣性力を差し引いた力で飛んで飛距離に相違がでる筈だが、そんな現象は見られない。
無風状態の時、雲が止まっている様に見えるから、大気は自転する地球に密着して運動していると見なせる。
しかし、台風等で大気が掻き乱されるても、すぐに無風状態に戻るから、止まっている地球に合わせて、大気も動きを止めると考えた方が自然である。地球の自転に合わせるように大気が連動するとは、考えられない。

重力は地球の中心に向かって作用するが、それは大気を地球の地面に糊付けする働きはない。
大気は流動性も持つ。
ヘリコプターがホバーリングしている時、ヘリコプターも地面も動かない。

地球が太陽の周りを公転するのなら、星座は宇宙の重心を中心として公転する筈だが、星座の動きは地球の北極と北極星を結ぶ線を軸として公転しているように見える。

つまり、地球が宇宙の重心となって、それを中心として星座が公転しているのである。
太陽は幾らでかくても人魂の様な霊体(天照大神)だから、重力の影響を受けないから、重さは無いのと同じである。
太陽は命の炎を燃やして燃焼しているのであり、その気(エネルギー)は地球へ向かって放射され、また、それが還元されるから、永久性を持つのである。
82: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/24(日) 12:34:55.91
地球が24時間かけて自転してると仮定すると、赤道付近の自転速度は音速を超える。
ならば赤道上では常に衝撃波が発生してるはずでアル。
87: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/26(火) 12:45:09.57
>>82
真空中で動いて衝撃波が出るわけないだろ
ソニックブーム
管理人より:こゆ感じのアレ。
85: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/25(月) 13:56:52.96
なんでここまで年周視差の話が出てない?
管理人より:「年周視差」とは、公転による観測上の位置の変化。近い天体は視差が大きく、遠いものは小さい。上述の地動説を最初に提唱したアリスタルコスは、恒星は無限の彼方の遠方にあるため、視差が起きないのだと考えていたそうです。
90: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/03/28(木) 19:09:14.57
レオン・フーコーフーコーの振り子を天動説で論破してみたいんだけど、なんかいい屁理屈ないかなあ?
フーコーの振り子
フーコーの振り子
管理人より:「フーコーの振り子」は、地球が自転していることを証明した1851年の実験。上図のように67メートルもの長い振り子を使って、自転による「コリオリの力」を検出するための装置です。振り子を振ると、自転に合わせて北半球なら時計回りに、振れ幅の軸が回転していきます。
93: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/05/13(月) 23:35:17.45
昔聞いたはなしだからよくは覚えてないけど、惑星の運動だけなら天動説でも説明できたはず。
地球の回りを惑星が回ってるんだけど、その公転軌道上にさらに惑星とともに動く第2公転軌道(第1公転軌道とおなじ平面内)があって、言わば螺旋を描くような形で回ってる。
この第2公転軌道上にさらに第3、その上に第4・・・と積み重ねていくと、有限個だったか無限個だったか忘れたが、どっかで太陽を中心にみた、一般的な軌道と数学的に等しくなるらしい。
102: 投稿日:2013/11/22(金) 23:09:25.45 ID:ukF2HSGy
エルンスト・マッハ確か思考の経済と言う考えで、唱えたのはマッハだが、なるべく単純な少ない原理法則で自然現象を説明するほうがいいという。

天動説では、天では慣性の法則が成立せず周転円と言うのかな、その組み合わせでやたらに複雑になるが、それでけっこう役には立ったそうだ。
でもねえ。宇宙に出れば地球上でしか役に立たない理論では困るしねえ。

>>1は宇宙には無関係だもんね。
昔日本は鎖国していた。このまま行けば21世紀の今でもチョンマゲ結って、籠に乗ってエッサエッサと人力タクシーのって。
それでも、町民に、控えオロー、と一発かませ、ん、これで良い。と自己満足だ。
112: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2013/12/08(日) 00:08:01.66
天動説的描像下の力学
「地球公転」の是非……「修正天動説」の立場

実は、先に挙げた「3つの差異」の3つめだけを地動説的に理解して 他の2つは天動説の立場を維持する描像、即ち、太陽は相変わらず地球の周りを巡っていて、 その太陽の周りを惑星が巡っているという描像は、ティコ・ブラーヘ(チコ・ブラーエ)の「修正天動説」として、 よく知られているものです。
彼は、地球が公転していれば生ずるはずの「恒星の年周視差」が (当時の観測技術では)観測されないことを理由に、 地動説を否定したとされています。
115: 青銅楽土拝牛浄土 ◆VR4Uk.6gwOsQ 投稿日:2015/02/05(木) 13:59:37.46
>>1
せめて最低でも橋本凝胤と同じ位の知識を身に付けてから論理を展開して下さい。
というか日本人でマトモに天動説唱えたのってこの人だけだよな・・・

なんか似たようなテーマがちょっと続いてしまいましたが、昔の偉人たちが迷走しつつも真理に近づいていく過程というのは、見てるとドキドキしちゃいますね。

古代ギリシャ人はわりと合理的に物事を考えるひとたちだったので、大半のひとは「地球は丸い」もしくは「半円形をしている」と思っていたそうです。なにしろ水平線は丸みを帯びているし、水平線の向こうからやってくる船は帆先から先に見えるからだ!というわけです。
アリスタルコスの地動説も、プトレマイオスの天動説も、ひたすら自然を観察し、合理的に考えた結果のことで、そこに宗教イデオロギーはありません。
まったく素晴らしい。

地球が太陽を回っていようが、太陽が地球を回っていようが、我々の生活には関係ないかもしれませんが、そこにある真実を知らずにいるなんて耐えられないではないか!…といった具合に、我々人類は、自然の謎へ迫っていこうとしているわけですねぇ。

過去に何回か書いてるかもしれませんが、ニュートンは公園で考え事をしているときに、リンゴが木からポトンと落ちたのを見たという。
そして梢の先に月が出てるのを目にして「なぜ月はリンゴのように落ちてこないのだろう?」と考えたのが、万有引力の法則の発見のきっかけだったと言われています。
ニュートン先生はこう考えた!ものにはお互いに引き付ける力があり、月が浮かんでるのではなく、「落ち続けている」のでは?と。月が地球の回りを回る力と落ち続けている力が釣り合っているとしたらどうだろう?

ねぇーもう、偉大な発見というのはなんでもない疑問から生まれるものですよ。
重力の発見たって、地球開闢以来ずっとそこにあったのに、だーれも気づかなかったんですからね。
だから管理人は思うんですよ、日々いろんなことに疑問を持つべきだと。

以下、管理人の好きなオススメの絵本。安野光雅の「天動説の絵本―てんがうごいていたころのはなし」。好奇心旺盛なお子様にゼヒとも。
天動説の絵本―てんがうごいていたころのはなし
安野 光雅
福音館書店
売り上げランキング: 198,803



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.12 22:20
    かのシャーロックホームズ氏が言ってたろ「なるほど、地球は太陽の周りをまわっているのか、初めて知った。では、僕はそれを忘れることにしよう。だって、太陽と地球、どっちがどっちの周りをまわっていたとして、そんな事僕には関係ないことだからね」
      • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2015.11.13 3:53
      ホームズはこうも言っている「可能性がないものをすべて除外したら、いかに可能性がなさそうでも、残ったものが真実だ。」
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.12 22:31
    銀河の中心が動いてないからなぁ、天動説だと矛盾でちゃうし
    あれれ?これって光が不動とかいう理論が正しいってことなん?
    なんかヤバくない?この疑問
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.12 23:41
    80のコメントの意味は天動説では星は天体ではなく、天球に張り付いた光る点でしかなかったことを言ってるんじゃないかな。

    まあ地動説を唱えたコペルニクスも天体は光る点としか考えてなくて、光る点でなくなったのはガリレオからだけど。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.12 23:56
    結局、オッカムのかみそりの話になるのでわ。
    天動説と地動説でどちらが簡単に原理を説明できるかだな。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 2:35
    地動説というか惑星の楕円軌道は「よくゼロからこんなこと考え付いたな」といつも感心する。
    数式で綺麗に解けるもんね。
    でも恥を忍んで告白すると相対性理論はいまだに数式を理解できない。

    天動説は、力学ではなく「実体はなく天球に映された映像」的な発想なら成り立つのかな。
    プラネタリウム的天動説というか。
    あ、でもこれだと緯度による視差が成立しないのか。地上(太陽系第三惑星地表ではなく、宇宙の中心にある文字通りの水平な円盤的地上のことね。この場合)どこからでも見え方がほとんど変わらないはず。
    あと惑星の動きが徹底的に無意味だよな。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 7:25
    天動説だと火星の逆行が説明できないのでは?
    回転軸となる謎の引力源が必要になっちゃう
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 8:26
    古典的な天動説:天体が動くのを詳細に説明できない
    プトレマイオス体系の天動説:天体が動く物理法則を説明できない
    座標の違い:天体が動く物理法則が極端に複雑になってしまう

    そもそも太陽だって銀河系の中で動いているし、銀河系だって動いている
    太陽系の中で考えるなら太陽を原点にした座標軸をとるってだけの話
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 11:12
    地球は太陽の周りを周り、
    太陽は銀河の中心 or さらに中心的な恒星系の周りを周り
    銀河も宇宙の何かを中心に回り・・・

    現実はすでに天地動説だけど、未だに地動説になってるな・・・。
    • ※10 : q
    • 2015.11.13 19:07
    光速のオハナシかね?
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 19:54
    いや天動説ってのは天が単に動いてるって意味じゃなくて、全天体が地球の周りを回ってるって考え方だからな
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 20:42
    天動説で年周視差をどうやって説明するの
    500年前の常識しか知らんアホ以下が物事を語るなよ
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.13 20:47
    地球も太陽も銀河すらも動いてるのが現代科学の常識だぜ。
    地球が動き、太陽は動かないなんて地動説は、もはや化石に過ぎんのよ。
    ただし、アホだからそれで新たな学問がどうなるかなんてまではワカンネ。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.14 22:03
    別に問題ないで〜
    困るのは一部の天文学者だけ

    実際天動説の時代も周回円で近似してほぼ正確な値を出してたからね
    太陽系だけ表す天動説でも大した問題はない
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.11.14 22:05
    別に問題ないで〜
    困るのは一部の天文学者だけ

    実際天動説の時代も周回円で近似してほぼ正確な値を出してたからね
    太陽系だけ表す天動説でも大した問題はない

    太陽系を表すだけならね
  1. >そんな事僕には関係ないことだからね
    >いかに可能性がなさそうでも、残ったものが真実だ。

    おっ!どちらも「緋色の研究」からの引用ですね!
    シャーロッキアンなドクターもいらっしゃるんですね~嬉しいなぁ
    ------------------
    >天球に張り付いた光る点でしかなかったこと

    ありがとうございます~。追記いたしました。
    ------------------
    >天動説だと火星の逆行が説明できないのでは?

    当時は引力というのが発見されてなかったので、かえって自由な発想が生まれた、ともいえますか。
    ------------------
    >銀河も宇宙の何かを中心に回り・・・

    銀河っていうのは実際は、均等にちらばってなくて、泡のようにお互いひっついてるんだそうですね。銀河団の中心には、なにか目に見えない巨大な重力をもつ天体があるんでしょうかねぇ…
    • ※17 : 馬鹿な学者の妄説信者へ
    • 2016.7.21 14:05
    Heliocentric theory is a lie.

    ガリレオの地動説は大嘘
    飛んでいる飛行機から地球の自転する動きを観測出来る筈であるが、とても動いている様に
    は見えない。地球と大気と飛行機は一体で自転している訳ではない。風は東西南北のどの方
    向からも吹いているから、大気は地球に束縛されていない。飛行機は大気の中を自由に航行
    できるから大気に束縛されていない。確かに、飛行中の飛行機の中で虻を放って飛んでいる
    様子を観測すると、虻は飛行機の速度による虻自身の体重が生み出す慣性力の影響を受けな
    いで、軽やかに飛んでいた。これは閉じ込められた飛行機内での慣性力は生じないと言う証
    拠である。つまり、虻の前後の空間の気(真空にしても同様)が慣性力を打ち消していると考
    えられる。慣性力は物体の運動している後のエアポケットが作り出しているのである。だか
    ら、飛行機の後には慣性力が働いて急に減速すれば前向きに慣性力が働く。しかし、地球上
    の大気は地球に糊付けされていない状態で自由に流動している。だから、飛行機が地球の自
    転による東方向への慣性力(遠心力による)に逆らって、西方向へ航行するなら、飛行機の推
    進力がその分減衰する。時速1600kmの地球の自転が生み出す慣性力は相当に大きなもの
    で飛行機が進行出来ない事も十分考えられる。
    星座の動きをよく見てみると、二つの円が出来ている。地球の自転なら一つの円が出来る筈
    である。これは自転説の矛盾である。
    左回転の回転木馬に乗って相手にボールをパスすると、ボールは右カーブを描いて反れてし
    まう。ライフルで的を射撃すれば同じ様に反れて的に当たる事はない。これも自転説が間違
    いだと言う根拠だ。ロケットの発射ビデオはロケットが真っ直ぐ天に向かって飛んでいる。
    地球が自転しているなら、遠心力による慣性力で回転方向へ反れるカーブを描く筈である。

    フーコーの振り子の右旋回は地球の自転によるものでなく、天の気が右廻りに下降している
    からである。重力も天の気の一つ。地の気は左回りに上昇する。植物のつるが左らせんで巻
    き上がるのも地の気の働きである。

    コリオリの力は見かけ上働いていると思われる力で実際は幻である。台風の渦が北半球で左
    旋回(火が水に勝る)、南半球で右旋回(水が火に勝る)するのは陰陽二つに分かれる原理から
    来るものである。赤道はこの陰陽が丁度釣り合った状態である。陰陽五行説では土から火と
    水が生まれる。このことにより、地球から太陽と月が生れたことが判明する。

    安倍晋三はフリーメイソンの手先であり、如何に日本と中国を戦争させるかを検討してい
    る。一番名分が立つのは、北朝鮮の朝鮮統一を押し立てる事である。そこで北朝鮮の駒を
    使って朝鮮戦争を仕掛けさせる。すると、韓国はアメリカと日本に助けを求める。日本は
    アメリカの命令で自衛隊を朝鮮戦争へ投入せざるを得ない。北朝鮮は中国とロシアに参戦
    を乞い願う。これによって第3次世界大戦の火蓋が切って落とされる。それと同時進行の
    形として、米軍と自衛隊の工作によって、高浜原発等が爆破され、北陸新幹線もその犠牲
    となる。北朝鮮のミサイル・ノドンに見せかけたアメリカ製ミサイルの攻撃で甚大な被害
    を被る。安倍は超法規的措置で9条を憲法改正して、海外派兵の道を切り開く。世界各地
    でIS(イスラム国)のテロが頻発し、イスラエルとアラブ諸国とで第5次中東戦争が勃発
    する。中国等の核ミサイルが日本本土を襲来する。世界が一つになって日本へ攻めてくる。
    ロシアは北海道から侵攻し、東北まで雪崩込んで来る。中国は沖縄から九州へと攻め込ん
    でくる。アメリカに率いられた欧米諸国の戦艦は駿河湾からの上陸を目指して侵攻してく
    る。日本は万が一にも助かる見込みがなく、滅びようとする。まさに滅びようとするその
    時に、神風が発動して、超巨大地震、火山の噴火、狂暴風雨、大津波が起こり、すべての
    敵を葬り去る。その後に巨大惑星が地球に衝突し、世界中が阿鼻叫喚の地獄と化す。その
    後に大神様が地球を作り直され、弥勒の世が顕現する。極楽浄土、天国が築かれる。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*