人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

カテゴリー : 文学

「今日は月が綺麗ですね」とメールするスレ @ [文学板]

「今日は月が綺麗ですね」とメールするスレ @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2013/03/29 20:36:44
どんな反応するのだろうか
続きを読む

挫折した本をまったり書き込むスレ @ [文学板]

挫折した本をまったり書き込むスレ @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2011/11/13 16:51:46
挫折した本を「まったり」書き込むスレです。
ちょっとずつ、みんなでルールをつくっていきましょう。

下記スレからのスピンオフ(?)です。

読み始めた本、読了した本をまったり書き込むスレ
http://www.logsoku.com/r/book/1304875241/l50
続きを読む

読書感想文って何を書けば良いの? @ [文学板]

読書感想文って何を書けば良いの? @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2012/08/02 13:28:17
こころ ハムレット (新潮文庫) 夏季課題 読書感想文
・課題図書「こころ」 原稿用紙4枚以上
・あと一冊 自由選択 分量は同上

自由選択はシェイクスピアのハムレットをえらんだ。
3時間くらいかけてさっき読み終わった。

正直心もハムレットも、特におもしろくなかった。
感想を書けといわれたら「つまらなかった」としか言いようがない。

原稿用紙4枚分もつまらなさを説明する気にならない。

お前らなら一体どういう感想を書くんだね?
俺に教えてください。
続きを読む

文学の役割あげてけ @ [文学板]

文学の役割あげてけ @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2011/09/13 19:10:09
物語にメッセージを付与する
続きを読む

漫画の芸術性を擁護するスレ @ [文学板]

漫画の芸術性を擁護するスレ @ [文学板]
1: v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/04/23 22:39:03
俺はよく知らないけど、誰かやってよ。
続きを読む

マイナーな傑作短編を教えてください @ [文学板]

マイナーな傑作短編を教えてください @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2012/03/19 20:42:22
小説の真髄は短篇にあり。

味わい深い名品、どきりとする逸品、
古今東西を問わず、マイナーな傑作、待ってます。宜しく。
続きを読む

女性のほうが小説を書くのに向いている @ [文学板]

女性のほうが小説を書くのに向いている @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2012/03/02 11:11:17
理由を挙げようとすると、おきまりの理と情の話になって、
男性は理性でしか小説が書けないが、女性は感性で書けるっていうつまらない話になりそうだけど

または、なぜグリム兄弟が採集した昔話の語り手は女性ばかりだったのかという話

または、なぜ源氏物語は女性によって書かれたのかという話

または、男のおしゃべりは嫌われるという話

または、小説と恋愛の関係の話

または、小説の読者の男女比の話
続きを読む

小説にしかできないことってなんだろう? @ [文学板]

小説にしかできないことってなんだろう? @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2012/03/14 10:59:33
とある時代小説にこんなシーンがあった。

数人のゴロツキが束になって剣豪に襲いかかる。
一瞬のうちに剣豪に打ち倒されて、地面に転がるゴロツキたち。
「安心せい、峰打ちじゃ」剣豪は去ってゆく。
やられたふりをして倒れていたゴロツキが起き上がって、剣豪の背中をぼんやりと見送っている。

この、「やられたふりをして倒れていた」ってところをさらっと書くのは、小説にしかできないね。
映像や漫画でやると、何カットか必要になるから、余計な意味が生まれてしまう。

「説明」こそが小説の持ち味かもしれない。
続きを読む

人生に影響をあたえた本を挙げるスレ @ [文学板]

人生に影響をあたえた本を挙げるスレ @ [文学板]
2: 吾輩は名無しである 2013/03/09 01:28:53
四畳半襖の下張り 四畳半襖の下貼り

これは聞いただけで読んではいない。
10: 吾輩 2013/03/10 09:18:49
>>2

読んでいないのに人生に影響を与えたのか
続きを読む

片思いの子に本を貸す @ [文学板]

片思いの子に本を貸す @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2012/04/15 10:19:13
ことになったんだがなにがいいと思う?
その子は今大学で時間もてあましてるみたいだったから読書おすすめしたんだが
実際なにを貸したらいいのか・・・
「なにこれぜんぜん面白くない」とは思われたくないんだ
続きを読む