人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

カテゴリー : 民俗・神話学

昔のひとは縄でケツを拭いてたと聞くが @ [日本史板]

昔のひとは縄でケツを拭いてたと聞くが @ [日本史板]
1: 漬け物会長 ◆5CggsiwBLM 投稿日:2006/12/24(日) 01:37:22
侮りがたしジパング・・・
続きを読む

[閲覧注意]【陰儀】前近代日本の血塗られた民俗【邪祀】 @ [民俗・神話学板]

[閲覧注意]【陰儀】前近代日本の血塗られた民俗【邪祀】 @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2010/09/10(金) 19:35:48
殺牛祭祀や人身御供、呪いの儀式などについて
続きを読む

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part1 @ [SF・FT・ホラー板]

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part1 @ [SF・FT・ホラー板]
1: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2013/10/20(日) 19:06:54.40
実在しないにもかかわらず、これほど汎用性に富み、多岐に渡ってメディアに露出する生き物も珍しい。
その姿を出さずとも、ドラゴンという名前をちりばめた作品がどれだけヒットしただろうか。


西洋・東洋、国境を越えて幅広く受け入れられているのは言うまでもないが、リア充・オタク・中年男性・主婦と人柄を選ばず「ドラゴン」に対しての好感度は一様に高い傾向にある。アウトローでも刺青の定番だ。
神話が起源でありながら、児童向け作品の代名詞にもなっている現代ではそれを好む子供やオタクをひとくくりにして、俗に言う「中二病」の一種に当てはめられるケースも珍しくない。
そのため、いい年していかにもな絵柄で描かれたドラゴンを好きだとアピールしても、薄ら寒い空気が流れてしまうだけなので、語り時を見計らなければいけないのが現実社会である。

とはいえ、ドラゴンはけして一過性のブームでも別段マニアックな存在というわけでもない。
人生50年以上もあれば、誰しも一度はドラゴンと呼べるモチーフと向き合っているはずなのである。

近年以降、トラディショナルな東洋龍はそのままに、西洋のドラゴンが多様な姿形を彩っている。
空想生物は数あれど、容貌にとどまらず、知性、能力、階級と、これほどまでに上下限極端で、バリエーションに富んだ生態は他に類を見ないだろう。
そんな旨み溢れるこのクリーチャーを改めて、いろんな焦点から紐解いていこう。
続きを読む

神隠しとは結局なんだったのか @ [民俗・神話学板]

神隠しとは結局なんだったのか @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2012/01/20(金) 07:40:47.00
ある本では、駆け落ち等の世間体の良くない理由で村を出た者につける説明だ、みたいなことを言ってましたが、なんか納得いきません。
続きを読む

ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ/3人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]

ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ/3人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]
192: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/03(木) 07:25:57.48
吸血鬼モノのオールタイムベストを自分なりに作るならどんな感じになります?

まずは私から…と言いたいのは山々だけれど、そこまでこのジャンルに詳しくないから皆さんのご意見を謹聴して参考にさせて下さい~
続きを読む

シュメール・アッカド・メソポタミア神話 @ [民俗・神話学板]

シュメール・アッカド・メソポタミア神話 @ [民俗・神話学板]
1: アヌ 04/04/02 00:12
一番好きな神話なのにスレがないので立ててみる。
RPGとかで思い出したように「マルドゥーク」とか「ティアマト」とか「イシュタル」とか中途半端に名前の使われるシュメール神話についてどうぞ。
続きを読む

【桜】日本人と花の関係について語ろう【朝顔】 @ [民俗・神話学板]

【桜】日本人と花の関係について語ろう【朝顔】 @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2010/09/11(土) 16:33:32
日本人と花の歴史を語りましょう
続きを読む

ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ/2人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]

ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ/2人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]
108: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2011/08/24(水) 18:51:29.73
吸血鬼カーミラ (創元推理文庫 506-1) 女吸血鬼カーミラ』を読んでみたが、劇中の吸血鬼の研究をしてる男爵の言葉で、
吸血鬼は地域によって特徴が違う
イギリスでは、吸血鬼になった男性が、そのまま家族と何年も一緒に変わらず生活していた事があった。放って置くと血が冷えるので、定期的に美女の生き血を飲んだ
ロシアでは、吸血鬼化した人間がしばしば愛しい人の傍に現れた
若くして死んで吸血鬼になった男性は、夜毎に妻の元に逢いに来た
美少女の吸血鬼が若い男性に恋をして、彼を吸血鬼の仲間に引き入れて二人は結ばれた
フランスでは、美少女の吸血鬼が若い修道士に恋をしたが、その修道士に正体を見破られ、墓を暴かれて滅ぼされた


というような、それぞれが話を膨らませて一つの物語を作れそうな吸血鬼譚を実にさらりと語ってたな。
吸血鬼の話って結構何でもありで良さそうだね。
121: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2011/09/05(月) 21:14:16.96
吸血女の恋―フランス幻想小説 (教養ワイドコレクション (058)) >>108
フランスと言えばゴーティエの死女の恋がそんな感じだったな

血を吸わなきゃ死んじゃうけど恋人の修道士を傷付けたくないから、余所に餌用の男こさえて生き血吸い尽くせば良いかーと思ってたのに本気で修道士に惚れちゃったせいで、もう他の奴なんか嫌になって修道士が寝てる時に泣いて謝りながらピンで修道士の腕を刺して、血を数滴だけ飲んで丁寧に傷の手当てするクラリモンドには萌える


最終的に修道士の師先導で墓暴かれて滅ぼされたけどなー
続きを読む

中世悪魔達のルーツを語るスレ @ [民俗・神話学板]

中世悪魔達のルーツを語るスレ @ [民俗・神話学板]
1: ヴォルムスのアブラハム 投稿日:2014/05/23(金) 18:11:52.95
語ってけろ。
続きを読む

日本人が時間に神経質なのは何故ですか? @ [民俗・神話学板]

日本人が時間に神経質なのは何故ですか? @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主
日本以外にも神経質な民族はいるんですか?
続きを読む