人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!

タグ : アウシュビッツ

ヨーロッパが移民問題で苦しむのは当然のことだよな @ [世界史板]

ヨーロッパが移民問題で苦しむのは当然のことだよな @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2016/02/13(土) 23:29:11.04 0.net
世界史学んでそう思った。
特にイギリス、フランス、オランダ、スペインとか苦しみながら滅べと思う。


植民地とか侵略とかは過去のこととか言う人がいるけど、現在進行形で中東に介入して中東諸国を滅茶苦茶にしまくってるんだが。
昔の侵略からやり方が変わっただけで、他国を好き放題に蹂躙したがる性格は現代になっても変わらないのが欧州諸国。
歴史とか学んでいる人なら欧州に同情する必要なんてないのは分かりそうなもんだが。
続きを読む

捏造?ホロコーストの真偽についての懐疑的考察 @ [世界史板]

捏造?ホロコーストの真偽についての懐疑的考察 @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2005/08/29(月) 12:52:37
ヒレル・クックという名のリトアニア生まれのユダヤ人がいた。
1930年代、この男はシオニスト・テロ組織イルグン・ツヴァイ・レウミに参加する。
1938年からポーランドのイルグン組織でパレスチナへのユダヤ人入植者を組織していたクックは、1940年、ウラジミール・ジャボチンスキーと共にアメリカ合衆国へ渡る。
ピーター・ベルグソンという偽名を名乗ったクックは、大手新聞各紙に「ドイツで虐殺されつつあるユダヤ人を救え」という全面広告を打ち、議会へのロビー活動、マジソン・スクエア・ガーデンでの集会、等の虐殺宣伝活動を行なった。

ホロコースト論争が行なわれているのは、『世間に公けの』出版物ではなく、いささか世間から身を隠した出版物の中である。
特定の思想や表現活動を禁止している公式の禁令がこの論争を妨害しており、この禁令に迎合する政治的密告者が、この論争を監視しているからである。


しかし、この問題についての自由な論争を阻んでいる措置は、今日、どのように恐るべきもののように見えようとも、長くは続かないであろう。
経験が教えていることは、刑罰によって自由な歴史研究を妨げることが出来るのは一時的なものにすぎない。

『 歴史的真実は、身を隠した世界に生き残り、結局は勝利を収めるであろう 』


まとめサイト (過去ログ有り)
したらばホロコースト論争掲示板(強制ID 荒らし無用)
前スレ
世界最大の捏造? ホロコースト34

>>2以降に FAQ & スレルール等
続きを読む