人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : ウイルス

【激論】お金のない世界での経済のあり方を語ろう Part5 @ [未来技術板]

【激論】お金のない世界での経済のあり方を語ろう Part5 @ [未来技術板]
380: オーバーテクナナシー 2005/06/13(月) 16:47:28 ID:l7Ul6Uoh
修行にて物欲を絶ち即身仏になれば金など要らぬ。
続きを読む

人類滅亡ってどうやれば回避できる? @ [未来技術板]

人類滅亡ってどうやれば回避できる? @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 2006/03/29(水) 17:58:21 ID:pYW7Q+Y2
なんか人類滅亡系のスレっていっぱいあるけどさ、じゃあどうやったら人類滅亡って回避できるのよ?
戦争やら病気やらは科学技術の発達やらで何とかなりそうだけど、星が燃え尽きたらどうするかは思いつかん。
続きを読む

もし宇宙人が攻めてきたら人類は撃退できるの? @ [宇宙板]

もし宇宙人が攻めてきたら人類は撃退できるの? @ [宇宙板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/06(木) 17:54:32.91 ID:M0ZCtcUR.net
どうなんでしょうか?
続きを読む

ここだけ未来戦争中なスレ @ [未来技術板]

ここだけ未来戦争中なスレ @ [未来技術板]
1: フューチャーテクナナシー ◆2ABy7x5Q/Q04/11/12 18:09:28 ID:w8GnZlE0
ここだけ未来戦争中なスレ。
少しだけ設定

開戦:西暦2200年
世界情勢:適当に
兵器:レーザー等は既に実用化 ビームはあるが使用せず
核兵器は条約により使用できずしかし今後無視して使用の可能性も否定できず
シールドやバリアに類するものあり しかし無効果攻撃もあり
宇宙戦闘あり ただし範囲は地球・月周辺のみ
軍事用ドロイド(戦闘用ロボットに類するもの)の戦闘あり


※注・非現実的・未来杉はスルー
AAは適度に
あとは戦争ということを念頭においてあれば問題なし

開戦。
続きを読む

昆虫に感情はないっていうけどさあ… @ [野生生物板]

昆虫に感情はないっていうけどさあ… @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 2016/09/23(金) 04:42:57.70 ID:UxnwI+o3.net
確かにそう思えるんだけど、アリの巣破壊したときにアリさんが攻撃してくるのはなんで?
続きを読む

なぜ東北は美人が多いのか @ [日本史板]

なぜ東北は美人が多いのか @ [日本史板]
1: 日本@名無史さん 2014/08/03(日) 19:37:10.42 .net
特に秋田
続きを読む

本気で人類滅亡を図った場合、何日で滅亡させられる? @ [未来技術板]

本気で人類滅亡を図った場合、何日で滅亡させられる? @ [未来技術板]
1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2005/09/10(土) 19:53:44 ID:UpkUc+wz
さあガンガレ。
続きを読む

ヒトデって切っても再生するじゃん? @ [野生生物板]

ヒトデって切っても再生するじゃん? @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 2015/06/26(金) 01:28:51.16 ID:???.net
双頭のプラナリアみたいに、うまい具合に切って腕増やせないの?
例えばそれぞれの腕を縦向きに切って腕10本にするとかさ
続きを読む

人間を冷凍状態にできたとして蘇生は可能なの? @ [未来技術板]

人間を冷凍状態にできたとして蘇生は可能なの? @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー ID:s06QISYe
現在の人間を冷凍人間等で生き返らせても、未来の空気中などの最近やウイルスに対応できなくて、無菌室でしか生きられないって聞いたことがある
実際のところどうなの?どれくらい先の未来までなら大丈夫?
続きを読む

「進化論」覆す?獲得形質はRNAにより遺伝する @ [生物学板]

「進化論」覆す?獲得形質はRNAにより遺伝する @ [生物学板]
1: 名無しゲノムのクローンさん 投稿日:2014/07/04(金) 11:13:34.52
米コロンビア大学、線虫で証明
米コロンビア大学の研究チームは、獲得形質が遺伝することを示す直接的な証拠を世界に先駆けて発見したと、Cell(2011; 147: 1248-1256)に報告した。
ダーウィンの進化論によって否定されたと思われていたラマルクによる獲得形質の遺伝が、必ずしも起こりえないことではないと示されたことになる。

再評価されつつある獲得形質の遺伝
ジャン=バティスト・ラマルク 獲得形質は生物個体が一生の間に獲得した新しい能力や特徴のことで、ラマルクは、キリンの首に代表されるような一代で少しだけ伸びた首という獲得形質が、次世代に遺伝することを繰り返した結果、少しずつ長くなって、あの長い首を進化させたのだという進化理論を提唱した。

チャールズ・ダーウィン しかし、ランダムな突然変異と適者生存の原理により、同様にキリンの長い首を説明できたダーウィンの進化論が、遺伝子の本体やその遺伝メカニズムといった物理的根拠を得ることにより市民権を獲得したのに対し、そのメカニズムを説明し切れなかったラマルクの説は、生物学の表舞台からの降板を余儀なくされたのだった。

ところが近年、獲得形質が遺伝したと考えられる事例が多く報告されるようになり(関連記事)、そのメカニズムを含む議論が再燃しつつあった。
そんな中、コロンビア大学のOded Rechavi氏らは、獲得形質遺伝のメカニズムが、ダーウィン進化論もよりどころとする従来の遺伝のメカニズムでもなければ、近年脚光を浴びているDNAやクロマチン(DNAと蛋白質の複合体)の化学修飾が関与するエピジェネティックなメカニズムでもない、生殖細胞を通して次世代に伝わるRNA分子そのものにあることを突き止めたのだ。
続きを読む