人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : コピー

自分の精神をコンピューターに移し変える @ [未来技術板]

自分の精神をコンピューターに移し変える @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 2013/09/21(土) 01:49:21.02 ID:nE9sGMUG.net
自分の精神をコンピューターに移し変えることってできますか

・・・なお、移し変えた後の自分の意識がコンピューターに移し変ったがわの精神にあるという条件をつけさせてもらいます。
ただコピーするのは自分の意識がコンピューターに移し変ったがわの精神には無いからダメだよ。
続きを読む

不老不死、長寿時代の社会や生活を考える・後編 @ [未来技術板]

不老不死、長寿時代の社会や生活を考える・後編 @ [未来技術板]
129: オーバーテクナナシー 2007/11/27(火) 19:25:54 ID:Gh239eb8
一般に島国など小規模な社会ほど、人は親切になり、マナーやがよくなる傾向がある。

大陸や大都市では、人に嫌われるようなことをしても同じ人と何回も出会うことが少ない。
そのため、マナーは悪くなりやすい。
マナーが悪い人だ、と思われても、ダメージが少ないのだ。

だが不老不死になると、いずれは全ての人に個人の性格がわかってしまう。
つまり、不老不死社会では、人のマナーや道徳心がよくなると予想する。
続きを読む

【著作権】本をスキャナーで読み取る「自炊」代行禁止命令が確定 @ [ビジネスニュース+板]

【著作権】本をスキャナーで読み取る「自炊」代行禁止命令が確定 @ [ビジネスニュース+板]
1:海江田三郎 ★ 2016/03/17(木) 17:57:33.24 ID:CAP_USER.net
「自炊」代行 禁止命令が確定
本のページをスキャナーで読み取り電子書籍にする、いわゆる「自炊」という作業を業者が代行することが違法かどうかが争われた裁判で、最高裁判所は、業者側の上告を退ける決定を出し、代行業者に「自炊」の禁止を命じた判決が確定しました。

「自炊」は、本のページをスキャナーで読み取り、自分で電子書籍にする作業で、タブレット端末の普及とともに、有料で代行する業者が増えました。
これについて作家の東野圭吾さんや浅田次郎さんら7人は、著作権の侵害だとして東京の2つの代行業者を訴えました。
業者側は「本の所有者が個人的に楽しむのを手伝っただけだ」と主張しましたが、1審と2審は、業務として有料で行った行為で、著作権の侵害にあたるおそれがあると指摘した上で「業者は作家からの警告に回答せず、行為を止める必要がある」として、7人の作品について「自炊」の代行の禁止を命じました。
業者側は上告しましたが、最高裁判所第2小法廷の小貫芳信裁判長は17日までに上告を退ける決定を出し、代行作業の禁止を命じた判決が確定しました。


「自炊」の代行をめぐっては、代行業者の間で著作権を侵害しないためのルールを検討する動きも出ています。
続きを読む

どうすればアドリブが上達するのか教えてください @ [ジャズ板]

どうすればアドリブが上達するのか教えてください @ [ジャズ板]
1: Aaa 投稿日:2014/05/19(月) 22:13:01.24 ID:42puMLxp
教えてください
続きを読む

著作権、著作権法について語るスレ @ [法学板]

著作権、著作権法について語るスレ @ [法学板]
3: 法の下の名無し 投稿日:2008/01/22(火) 00:40:30 ID:i1P8yTIl
権利の濫用は之を許さズ
続きを読む

【記憶】完全な電脳化は可能か?【脳】 @ [未来技術板]

【記憶】完全な電脳化は可能か?【脳】 @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 投稿日:2008/01/13(日) 22:44:10 ID:FeXWvDaR
脳の記憶を何らかの機械に完全にコピー出来るか?
続きを読む

データを1億年後まで残す方法を考えようぜ @ [未来技術板]

データを1億年後まで残す方法を考えようぜ @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 投稿日:2010/09/23(木) 18:25:54 ID:ah6kjyVF
「そんなに残してどうすんだ」ってツッコミも当然あるだろうが・・・
まあ、未来の人類のためでも人類絶滅後の知的生物に伝えるためでも、動機は何でもいいから、億年レベルの情報保存技術を考えてみよう。
続きを読む

これだけは言える、蘇生は絶対に不可能 @ [未来技術板]

これだけは言える、蘇生は絶対に不可能 @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 投稿日:2006/06/19(月) 16:32:44 ID:JVGK3Xdc
完全に死んだ人間を蘇らすことは、いくら技術が進んでも不可能だな。
続きを読む