人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

6/22くらいまで不定期更新となります。更新できたらします。(「行けたら行く」みたいなアレで)

タグ : ハプスブルク家

ハプスブルク家とハプスブルク帝国 @ [世界史板]

ハプスブルク家とハプスブルク帝国 @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 06:15:29.58 0
ハプスブルク家(ドイツ語: Haus Habsburg)は、現在のスイス領内に発祥したドイツ系の貴族の家系。
古代ラテン人の有力貴族であるユリウス一門(カエサル家)の末裔を自称し、中世の血縁制度を利用した政略結婚により広大な領土を獲得、南ドイツを代表する大貴族に成長した。
中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇り、オーストリア大公国、スペイン王国、ナポリ王国、トスカーナ大公国、ボヘミア王国、ハンガリー王国、オーストリア帝国(後にオーストリア=ハンガリー帝国)などの大公・国王・皇帝の家系となった。
また、後半は形骸化していたとはいえ、ほぼドイツ全域を統べる神聖ローマ帝国(ドイツ帝国)の皇帝位を中世以来保持し、その解体後もオーストリアがドイツ連邦議長を独占したため、ビスマルクによる統一ドイツ帝国から排除されるまで、形式的には全ドイツ人の君主であった。
ヨーロッパ随一の名門王家と言われている。
続きを読む

[閲覧注意] 死刑・拷問・刑罰の歴史 Part5 @ [世界史板]

[閲覧注意] 死刑・拷問・刑罰の歴史 Part5 @ [世界史板]
322: 世界@名無史さん 2011/03/30(水) 15:58:50.05 0
昔の日本の処刑は犯罪防止という意味合いがあったけど、中世ヨーロッパは娯楽目的だったからタチ悪い。
魔女狩りやってた時代は人類史上最悪の汚点。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第11回『オーストリア美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第11回『オーストリア美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Johann Strauss - Annen-Polka ウィーンといっては、ウィーン風ワルツしか思い浮かばない…、という感じで今回もヨハン・シュトラウス2世より「アンネン・ポルカ」。
このウィーンフィルのニューイヤーコンサートは日本でも毎年放送されますが、かなり長丁場のコンサート。ウィーン風ワルツに関してはこれ見ておけばおk!ぐらい充実してる。毎年指揮者が変わるのが特徴で、日本の小澤征爾も指揮者のひとりで参加してますね。

というわけで、世界の美術館第11回は「オーストリア美術館」です。
「オーストリア・ギャラリー」とも言われますが、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿内にある美術館。正式名称は「Österreichische Galerie Belvedere(エステライヒシュ・ギャラリエ・ベルヴェディア)」です。
今回はクリムトと分離派の世紀末芸術がメインとなっておりますので、クリムト好きなドクターがいらっしゃれば良いんですがねぇ…。
数が少ないのですぐ近くにある「ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ」からも、いくつか混ぜてます。
続きを読む

家紋・紋章・エンブレム・旗印などを語ろう @ [世界史板]

家紋・紋章・エンブレム・旗印などを語ろう @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2006/01/21(土) 22:47:52
丸に一文字ちなみに我が家の家紋は、丸に一文字(つまり晴れの記号)
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第6回『ウィーン美術史美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第6回『ウィーン美術史美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
The Blue Danube - New Year's Eve 2013/2014
会議は踊る、されど進まず
こんな美しい街で会議なんかしても(ウィーン会議)、身が入らないでしょうナァ~。
今回のBGMはシュトラウス2世の「美しく青きドナウ」でよろしくドウゾ。

というわけで、世界の美術館シリーズ、第6回はハプスブルク家のお膝元、オーストリアはウィーンより、「ウィーン美術史美術館」へやってきましたよ。ヒャッホーイ!

もうひとつの「ウィーン自然史博物館」と対になるべく作られた壮麗な美術館、つうかもうこれはほとんど城!
ホントは昨日更新する予定だったんですが、次が美術の更新なのすっかり忘れてて下準備が間に合わず、今日にずれ込んでしまいました。
続きを読む

世界史の事件に日本史風の名前を付けよう @ [世界史板]

世界史の事件に日本史風の名前を付けよう @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2011/04/24(日) 22:20:09.70
織田信長が自害した本能寺の変のように、誰かが死んだり殺されたりすると「○○の変」とつける。
名君の治世を「~の治」としたりします。醍醐・村上天皇期を延喜・天暦の治のように。
また、日本史では法律や官職に細かい名前が付いていたりもします。
侵略には「○○の役」などとつけたりもしますね。

このように日本史には事件や事柄に細かい名前が付いていることが多いです。
それにならって世界史上の事件や事柄にも日本史のように名前を付けてみましょう。

【基本テンプレ】
・13XX年、○○王国、国王△△3世暗殺(事件の内容)
・★★の変(事件名)
・★★が暗殺の場所だからそこから命名(命名理由)


他に「いやこういう名前がいい」という対抗案や熱くなりすぎない程度での議論もOK。
続きを読む