人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : ルーカス・クラナッハ

そうだ!美術館へ行こう!第17回『ベルリン美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第17回『ベルリン美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Wagner : The Ride of the Valkyries - Copenhagen Ring ドイツと言うとなぜか真っ先にこの曲が思い浮かぶ管理人。ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」第3幕序奏、通称「ワルキューレの騎行」より。
本来は8人のワルキューレたちが豪快にバトルクライしながら登場するシーンなのですが、歌なし版の方がなぜか広く流布してますよね。歌がないと途中の演奏の盛り下がり感の意味がわからんというか、あれは歌が入るので音が小さくなってます。

「ワルキューレ」というのは北欧神話に出てくる戦女神たちで、戦場で勇敢に戦って力尽きた戦士たちの魂を、ヴァルハラという天上の館へと誘う役目を担っています。
戦士たちは来る神々の最終戦争「ラグナロク」の時に召喚されるまで、この館で飲めや歌えの大騒ぎをして英気を養う…というのが、北欧神話の特徴的なところと言えるでしょうか。滅びが確定的なんですね。

というわけで、世界の美術館シリーズ第17回は、ドイツの「ベルリン美術館」より!
よく考えたら、このシリーズではオーストリアには2回行ってますが、ドイツは初ですね。ナンテコッタ。まぁ昔はドイツ=オーストリアだから、もうええやろということで、スタート!
繊細で内省的な北欧芸術をお楽しみください。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第14回『プラハ国立美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第14回『プラハ国立美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Bedřich Smetana: Má vlast / My Country - Prague Spring 2015 Opening Concert プラハといえば雄大なモルダウ、モルダウといえばチェコの生んだ偉大な作曲家スメタナ、スメタナと言えば交響詩「わが祖国」。第2曲の有名な「モルダウ」が今回のBGMです。
実は「モルダウ」というのはドイツ語読みなので、チェコ語では「ヴルタヴァ」と読むんですね。

というわけで、世界の美術館シリーズ第14回は、チェコ共和国の首都プラハより、「プラハ国立美術館」の特集です。
ヨーロッパでも最も美しい都市のひとつと言われるチェコのプラハ。
特に夜景は大変美しく、見るものに深い印象を残さずにいられないのだとか。

そんな美しいプラハで生み出された芸術は、いかなるものであったのでしょーかッ!
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第7回『バーゼル美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第7回『バーゼル美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
William Tell Overture ハイ!今日は美術の時間ですよ皆さん。
今回も例によって美術館特集第7回目、永世中立国スイスはバーゼルより「バーゼル美術館」ですよ、ヨ~ロレイホォ~。

毎回トップでその国にちなんだ(?)音楽の動画を貼ってるわけですが、今回はスイスということでハタと困ってしまった管理人。

スイスの音楽ってなんだ!?スイスの有名人って誰だ!?

管理人の貧困な連想力では「アルプスの少女ハイジ」しか思いつかず、アニメのオープニング曲とか貼っても、漂うコレジャナイ感をどうすればいいんでしょうか…。
♪おっしーえて~おじい~さん~……orz

イヤ待て落ち着け!なんかおったやろ、ホレ、頭の上にリンゴ置いて矢でブスッと射ったアイツが!
なんていう名前だったか…、なんか緑色ぽいイメージの…ロビン・フッド?いやもうちょい短い姓のはずだ…、フランコ・ネロみたいな感じの…
そうだ!ウィリアム・テルだ!(ググればすぐ分かることながら、こういう場合自らの記憶力に挑戦したい、というめんどくさいところのある管理人)

というわけで、今回のBGMはロッシーニのオペラ「ウィリアム・テル」序曲、後半の有名なギャロップの部分です~。
他にもスイス出身の有名人というと、格闘家のアンディ・フグとか、数学者のオイラーとか、赤十字社を創始したアンリ・デュナン、テニス選手のフェデラー、エイリアンのデザインで有名なH・R・ギーガーなどたくさんいましたね。管理人が知らなかっただけで。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第6回『ウィーン美術史美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第6回『ウィーン美術史美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
The Blue Danube - New Year's Eve 2013/2014
会議は踊る、されど進まず
こんな美しい街で会議なんかしても(ウィーン会議)、身が入らないでしょうナァ~。
今回のBGMはシュトラウス2世の「美しく青きドナウ」でよろしくドウゾ。

というわけで、世界の美術館シリーズ、第6回はハプスブルク家のお膝元、オーストリアはウィーンより、「ウィーン美術史美術館」へやってきましたよ。ヒャッホーイ!

もうひとつの「ウィーン自然史博物館」と対になるべく作られた壮麗な美術館、つうかもうこれはほとんど城!
ホントは昨日更新する予定だったんですが、次が美術の更新なのすっかり忘れてて下準備が間に合わず、今日にずれ込んでしまいました。
続きを読む

中世ヨーロッパは本当に暗黒だったのか @ [世界史板]

中世ヨーロッパは本当に暗黒だったのか @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2014/03/18(火) 21:19:35.34
検証しましょう。
続きを読む