人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : レオナルド・ダ・ヴィンチ

そうだ!美術館へ行こう!第16回『バチカン美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第16回『バチカン美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Mendelssohn: 4. Sinfonie (»Italienische«) ∙ hr-Sinfonieorchester ∙ Paavo Järviメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」。明るく豪華な曲調が、まさにイタリアにピッタリですね。

第1回のウフィツィ美術館以降、イタリアの美術館を扱ってなかったので、再びイタリアに舞い戻ってきましたよ、ボナセーラ!
今回は、ローマ市内にある世界最小国家であるバチカン市国のさらに中の「バチカン美術館」より。

カトリックの総本山であるバチカン。歴代法皇のコレクションがワンサカ集まっている超巨大美術館群です。
アナタがご存知のあの名作も必ずありますよ!
「バカチン美術館」ではありませんので、ドウゾお間違えのないように…。
続きを読む

【解読】ヴォイニッチ手稿について語ろう【考察】 @ [考古学板]

【解読】ヴォイニッチ手稿について語ろう【考察】 @ [考古学板]
1: 出土地不明 2012/07/19(木) 23:25:32.26 ID:XmW+BdRE.net
ヴォイニッチ手稿を解読・解析するスレ in 考古学板です
手稿からみつけた小さな発見、〇〇に似てる、既存研究からの考察など、気軽に何でも書き込んで下さい
謎を秘めた古文書を2chで一緒に解き明かそう!
但しオカルト板との差別化を図るために現実的な意見でお願いします


オカルトへの結びつけや能力者さんに話を聞きたい方は以下へどうぞ↓
【記憶が2つあるんだが】ヴォイニッチ手稿総合 2

★関連サイト
Voynich manuscript - Wikimedia Commons
(全ページ見れます)

The Most Mysterious Manuscript in the World
ヴォイニッチ手稿の解読プロジェクト
まとめwiki
続きを読む

日本人ってなんで印象派絵画が好きなの? @ [美術鑑賞板]

日本人ってなんで印象派絵画が好きなの? @ [美術鑑賞板]
1: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/27(月) 21:07:56
昔から不思議に思うことがあります。
何故、日本人は印象派と言われる絵画を好むのか?という疑問です。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン等が、印象派と言われている訳ですが、何故にそこまで印象派だけに固着するという嗜好が生まれるのかを問いたいと思います。


私個人は、印象派は好きではなく、また良いとは思えません。
皆さんのご意見をお聞かせ願えれば嬉しく思います。
では、宜しくお願い致します。
続きを読む

未来のエネルギー問題について真剣に対策を練るスレ @ [化学板]

未来のエネルギー問題について真剣に対策を練るスレ @ [化学板]
1: あるケミストさん 2006/11/03(金) 23:31:34
このままいくと石油はあと30年足らずで枯渇してしまいます。
しかし、いまだに新エネルギーは乏しいものであります。

メタンハイドレートなど、新エネルギーについて語るスレ。
火力発電の改善方法を模索するスレ。
続きを読む

【ライト兄弟】飛行機・飛行船・気球の歴史【モンゴルフィエ兄弟】 @ [世界史板]

【ライト兄弟】飛行機・飛行船・気球の歴史【モンゴルフィエ兄弟】 @ [世界史板]
1 : 世界@名無史さん 2005/10/07(金) 17:55:02
鳥のように大空を飛びたい、というのはギリシャ神話のダイダロス、ヘリを考案したダ・ビンチでもわかるように大昔から人類の夢でした。

また、軍事においては19世紀の気球による哨戒、偵察など補助的な役割から始まったが、第二次大戦あたりからは航空機は戦闘の主役であり、その優劣が戦局の帰趨を決するまでになった。
もちろん、日常生活においても旅客、物資の高速輸送、人命救助、さらには飛行記録への挑戦や秘境探検、飛行そのものの娯楽性など、もはや一大文化となっている。

そんな航空機の歴史について想いの丈を語ってください。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第10回『ルーヴル美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第10回『ルーヴル美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Edith Piaf L'Hymne à l'amour
Le ciel bleu sur nous peut s'effondrer
Et la Terre peut bien s'ecrouler
Peut m'importe si tu m'aimes

たとえ空が落ちてきたとしても
たとえ大地が崩れ去ったとしても
あなたがわたしを愛してくれるなら知ったことじゃないわ
フランスといえばシャンソン、シャンソンと言えばエディット・ピアフ、エディット・ピアフと言えば「愛の讃歌」。
日本でも淡谷のり子、美空ひばりなどたくさんの歌手にカバーされている名曲です。愛のためならば全てを捨てても良い…というフランス人らしい情熱的な歌詞。

というわけで、前回お休みしてずいぶん間があいてしまった、世界の美術館特集第10回記念!フランスのパリから「ルーヴル美術館」の特集です。モナム~ル!
日本人であってもこの美術館を知らないひとはいないであろう、フランスが誇る世界最大級の美術館のひとつ。それではドウゾ。
続きを読む

人類最大の謎!美人とはなにか? Part3 @ [哲学板]

人類最大の謎!美人とはなにか? Part3 @ [哲学板]
209: 考える名無しさん 投稿日:2014/09/19(金) 23:49:49.06
ラスコーやアルタミラのクロマニヨン人の壁面の段階で既に写実的
ヨーロッパ人種はDNAレベルで外見によく注視してたんだな
性選択圧も強かったのだろう
続きを読む

最も偉大な物理学者は誰? @ [物理学板]

最も偉大な物理学者は誰? @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2011/05/13(金) 21:22:39.91
アイザック・ニュートン アルベルト・アインシュタイン ピエール=シモン・ラプラス
ニュートンアインシュタインあるいは大穴でラプラス

色々な物理学者がいますが、その中で最も偉大な人を決めようというスレです
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第4回『エルミタージュ美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第4回『エルミタージュ美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
chaikovsky The Nutcracker Suite Overture Miniature Micha Haran ♪パン、パンパランパンパンパン、タ~ラッタッタッタ~ラン

…とばかりに、ロシアの誇る大作曲家・チャイコフスキーの「くるみ割り人形」序曲を鼻歌でやりながら、颯爽と(猫背で)登場。
管理人はロシア語といえば、「ハラショー!(すばらしい)」と、「ダスビダーニャ(またお会いしましょう)」くらいしか知りませから。
ちなみに前者は「ブラックジャック」で、後者は「聖闘士星矢」で覚えました。

ハイ、また週末ど真ん中に被ってしまった、世界の美術館第4回。美術スキーなドクターには大変お待たせいたしました。
今回は予告どおりに、ロシアは「北のヴェネツィア」の異名を持つ、かつてのロシア帝国の首都・サンクトペテルブルグより、「エルミタージュ美術館」の特集です。

なにしろもう…冗談かってほどにデカイ美術館。
所蔵作品も、古今東西から集められており、なんと合計300万点超!もちろん絵画だけではありません。
そのほんの一部を、皆様と一緒に観ていきたいと思います。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第1回『ウフィツィ美術館』(イタリア) @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第1回『ウフィツィ美術館』(イタリア) @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ハイ!というわけで、(誰も待ってないと思いますが)お待たせしました!世界の美術館シリーズ「そうだ!美術館へ行こう!」いよいよスタート。
何ヶ月も前からやるやるつってなかなか準備ができませんでしたが、なんの準備がいるのか、というと。
週刊・世界の美術館 ↑コレね。ご存知ですか?ディアゴスティーニみたいなやつの美術館シリーズ。
週刊・世界の美術館」ですよ。


これを管理人は全80冊!毎週毎週、本屋行って買いましたから。美術バカ一代ですから。
一冊580円もするんですよコレ。なんとトータル46,400円も投じているわけで、こうやって計算すると泣きたくなりますけどもね…。
2008年頃の出版ということで、美術ファンにはたまらないシリーズでした。そんでこれが80冊もあるもんだから、あちこちに散らばって、管理人家の遺跡にそのまま埋もれてしまって、全冊発掘するのに時間がかかりました。申し訳ない。
これをまたサラサラっと読んで、ちゃんと復習しておりますので。

というわけで、第1回めはイタリアはフィレンツェより「ウフィツィ美術館」の特集です。

ウフィツィというと、名前は知らない方も多いかもしれないですが、所蔵されている作品は超!超!超!有名なものばかり!作品総点数なんと3万点以上!イタリアの誇る美術ファン垂涎の美術館でございます。(*´Д`)(落ち着け
主にルネッサンス期の作品が多いですね。

それではドウゾ、お楽しみください。そしてイタリアに行った気になっていただきたいな、と思います。
続きを読む