人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日と27日は、管理人多忙のため更新お休みです!

タグ : [変態注意]

尿道に虫が入ってしまったのですが @ [昆虫・節足動物板]

尿道に虫が入ってしまったのですが @ [昆虫・節足動物板]
1: :||‐ ~ さん 2006/01/11(水) 06:17:30 ID:/91/CL7i
茶色いゾウムシみたいなやつ。
やばい?
続きを読む

なんとなくエロい化学用語をあげていくスレ @ [化学板]

なんとなくエロい化学用語をあげていくスレ @ [化学板]
1: あるケミストさん 2005/11/18(金) 07:08:54
続きを読む

[閲覧注意] 露出狂はなぜ見せたがるのか?その心理に迫るスレ @ [心理学板]

[閲覧注意] 露出狂はなぜ見せたがるのか?その心理に迫るスレ @ [心理学板]
1: 没個性化されたレス↓ 2006/09/05(火) 14:54:55
人間にとって恥ずかしい事の一つは自分の性器を他人に見られる事である。
それなのに、わざと性器を見せたがるのはなぜだろうか?
そんな事をして快感を覚える人の心理ってどんなものだろうか?
続きを読む

ロリコンについて真剣に論じるスレ(悪か否か) @ [社会学板]

ロリコンについて真剣に論じるスレ(悪か否か) @ [社会学板]
1: [―{}@{}@{}-] 幸福 ◆j/.ma3.LQo 2012/05/08(火) 18:20:24.55
社会学については一切知りませんが、この板が適切そうに感じられたので、スレ立てしました。
この議論は過去に別の板でもなされており、その経過をテンプレとして貼っておきます。
これらのテンプレは、その時点で「反論がなかった内容」であり、異論・反論があれば改訂いたします。
続きを読む

「耳なし芳一のはなし」について質問があります @ [文学板]

「耳なし芳一のはなし」について質問があります @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 投稿日:2010/10/30(土) 16:36:54
ラフカディオ・ハーン「耳なし芳一のはなし」の、テーマ、教訓、伝えたかったことは、みなさんはなんだと思いますか。
ご教授願いたいです
続きを読む

【五条大橋】源義経って本当に天才だったの?【壇ノ浦】 @ [日本史板]

【五条大橋】源義経って本当にイケメンの天才だったの?【壇ノ浦】 @ [日本史板]
1:日本@名無史さん2005/08/07(日) 20:05:51
源義経 義経ってホントに頭が良くて、美少年だったの?
違うとは聞きましたけど・・・・(´3`)
続きを読む

Mの男です。サディストになるにはどうすれば? @ [心理学板]

Mの男です。サディストになるにはどうすれば? @ [心理学板]
1: 没個性化されたレス↓ 投稿日:2011/01/25(火) 00:51:43
決してM=覇気がないではないのでしょうが、自分の場合はそれなんです。
男なのに、支配欲の無い、マゾの自分が情けない、というか好きではない。
なんとかSになりたいのですが、どうすればいいでしょう?
続きを読む

【羞恥心】露出狂の心理を語ってくれ【興奮】 @ [心理学板]

【羞恥心】露出狂の心理を語ってくれ【興奮】 @ [心理学板]
1: 没個性化されたレス↓ 2011/11/19 06:11:53
自分の性器や裸を異性に見せて喜ぶ露出狂。

不思議な心理だ。

なぜだろう?
続きを読む

なぜ女のおっぱい丸出しはダメで男のはOKなのか @ [哲学板]

なぜ女のおっぱい丸出しはダメで男のはOKなのか @ [哲学板]
1: 考える名無しさん 2013/03/03 11:45:01
誰か、俺にわかりやすいように説明してくれ。
続きを読む

サディズム・マゾヒズムの心理 @ [心理学板]

サディズム・マゾヒズムの心理
1: 没個性化されたレス↓ 2011/12/06 16:49:49
古今東西、なぜサディスト・マゾヒストがいるのですか?  
緊縛・磔・鞭・蝋燭・浣腸・木馬・檻など。
なぜ責めたり、責められたりして快感を覚えるのでしょうか?
マルキ・ド・サド (Wikipedia) マルキ・ド・サド マルキ・ド・サド(Marquis de Sade、1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族、小説家。正式な名は、ドナスィヤン・アルフォーンス・フランスワ・ド・サド(Donatien Alphonse François de Sade [dɔnaˈsjɛ̃ alˈfɔ̃ːs fʀɑ̃ˈswa dəˈsad])。
サドの作品は暴力的なポルノグラフィーを含み、道徳的に、宗教的に、そして法律的に制約を受けず、哲学者の究極の自由(あるいは放逸)と、個人の肉体的快楽を最も高く追求することを原則としている。サドは虐待と放蕩の廉で、パリの刑務所と精神病院に入れられた。バスティーユ牢獄に11年、コンシェルジュリーに1ヶ月、ビセートル病院(刑務所でもあった)に3年、要塞に2年、サン・ラザール監獄に1年、そしてシャラントン精神病院に13年入れられた。サドの作品のほとんどは獄中で書かれたものである。サディズムという言葉は、彼の名に由来する。
管理人より:「マルキ」というのは「侯爵」の意味ですんで、「マルキ・ド・サド」は「サド侯爵」のフランス語読みということです。
続きを読む