人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : [文系考察]

[閲覧注意] 日本の食人について語るスレ @ [日本史板]

日本の食人について語るスレ @ [日本史板]
2: 日本@名無史さん 2013/05/10 21:07:59
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AB%E3%8B%E3%90%E3%AA%E3%BA%E3%A0
ここにも食人についてちょっとだけあるお
カニバリズム (Wikipedia) カニバリズム カニバリズム(英: cannibalism)は、人間が人間の肉を食べる行動、あるいは宗教儀礼としてのそのような習慣をいう。食人、食人俗、人肉嗜食、アントロポファジー(英: anthropophagy)ともいう。
なお、文化人類学における「食人俗」は、社会的制度的に認められた慣習や風習を指し、一時的飢餓状態下の緊急避難的な場合や精神異常による食人を含まない[1]。また、生物学用語では種内捕食(いわゆる「共食い」)全般を指す。転じて、マーケティング用語で自社の製品やブランド同士が市場を食い合う状況を指す。
続きを読む

サディズム・マゾヒズムの心理 @ [心理学板]

サディズム・マゾヒズムの心理
1: 没個性化されたレス↓ 2011/12/06 16:49:49
古今東西、なぜサディスト・マゾヒストがいるのですか?  
緊縛・磔・鞭・蝋燭・浣腸・木馬・檻など。
なぜ責めたり、責められたりして快感を覚えるのでしょうか?
マルキ・ド・サド (Wikipedia) マルキ・ド・サド マルキ・ド・サド(Marquis de Sade、1740年6月2日 - 1814年12月2日)は、フランス革命期の貴族、小説家。正式な名は、ドナスィヤン・アルフォーンス・フランスワ・ド・サド(Donatien Alphonse François de Sade [dɔnaˈsjɛ̃ alˈfɔ̃ːs fʀɑ̃ˈswa dəˈsad])。
サドの作品は暴力的なポルノグラフィーを含み、道徳的に、宗教的に、そして法律的に制約を受けず、哲学者の究極の自由(あるいは放逸)と、個人の肉体的快楽を最も高く追求することを原則としている。サドは虐待と放蕩の廉で、パリの刑務所と精神病院に入れられた。バスティーユ牢獄に11年、コンシェルジュリーに1ヶ月、ビセートル病院(刑務所でもあった)に3年、要塞に2年、サン・ラザール監獄に1年、そしてシャラントン精神病院に13年入れられた。サドの作品のほとんどは獄中で書かれたものである。サディズムという言葉は、彼の名に由来する。
管理人より:「マルキ」というのは「侯爵」の意味ですんで、「マルキ・ド・サド」は「サド侯爵」のフランス語読みということです。
続きを読む

科挙って凄くね? @ [世界史板]

科挙って凄くね?
1: 世界@名無史さん 2013/06/01 07:04:14
科挙官僚が裏権力握ったりする弊害はあるにしろ、
科挙って凄くね?
前近代社会において、貧民から国家エリートに登りつめる可能性があるんだぜ?
ヨーロッパではエリート階級はエリート内で自己生産していた。
中国は貧民からもエリートを輩出(エリートの方が有利だとは言え)できた。

科挙は中国の最大の発明だと思うんだが
科挙 (Wikipedia) 科挙(かきょ、繁体字: 科舉; 簡体字: 科举; ピン音: kējǔ)とは、中国で598年~1905年、即ち隋から清の時代まで行われた官僚登用試験[1]である。
科挙という語は「(試験)科目による選挙」を意味する。選挙とは郷挙里選や九品官人法などもそう呼ばれたように、伝統的に官僚へ登用するための手続きをそう呼んでいる。「科目」とは現代の国語や数学などといった教科ではなく、後述する「進士科」や「明経科」などと呼ばれる受験に必要とされる学識の課程である。北宋朝からはこれらの科目は進士科一本に絞られたが、試験自体はその後も“科挙”と呼ばれ続けた。
続きを読む

アトランティス~諸文明の起源 @ [考古学板]

アトランティス~諸文明の起源
1: 出土地不明 2010/10/09 10:24:31 ID:ah65zPgB
全ての古代文明の起源であーるアトランティスについて語るぞとよ
アトランティス (Wikipedia) アトランティス アトランティス(古典ギリシア語: Ατλαντίς)は、古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』[1]及び『クリティアス』[2]の中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。
1882年、アメリカの政治家イグネイシャス・ロヨーラ・ドネリー(英語版)が著書『アトランティス―大洪水前の世界』[3]を発表したことにより「謎の大陸伝説」として一大ブームとなり、更にオカルトと結びつくことで多くの派生研究を生んだ。 近年の研究によって、地中海にあるサントリーニ島の火山噴火によって、紀元前1400年ごろに突然滅んだミノア王国がアトランティス伝説のもとになったとする説が浮上してきた。また、ヘラクレスの柱をダーダネルス海峡とし、トロイア文明と重ねる人もいる。しかし、大西洋のどこかにアトランティスがあると信じる人も未だ存在する。もっとも、現代の構造地質学が示すところによれば大陸規模の土地が短時間で消失することはまずあり得ないため、実在説の多くは島などの消失がモデルになったものとしている。
続きを読む

なぜ日本人はドイツ語をかっこいいと思うのか @ [言語学板]

なぜ日本人はドイツ語をかっこいいと思うのか
1: 名無し象は鼻がウナギだ! 2012/11/05 15:52:20
フランス語は神の言葉 英語は盗賊の言葉 そしてドイツ語は
獣の言葉 と言われ(言ったのはフランス人らしいがw)ドイツ人自身
も「ドイツ語は音の響きが硬すぎる」と認めている。
欧米ではラテン系の言語が軽やかで良いとされ、ザメンホフも
エスペラントをイタリア語の語感に似せたという。
なぜ日本人はドイツ語を好むのか?
続きを読む

武器と兵器の考古学 @ [考古学板]

武器と兵器の考古学
1: 例の170 ◆vBOFA0jTOg 2003/11/01 02:59:00 ID:x43f+k+Q
世界最古の鏃とか、バイユーのタペストリーのノルマン騎兵とか、戦国時代は楚国の連弩とか、
なかなか出土しないヒッタイトの鉄製武器とか、そういう男ゴコロをくすぐるモノについて語りませんか?
バイユーのタペストリー (Wikipedia) バイユーのタペストリー バイユーのタペストリー(フランス語:Tapisserie de Bayeux)は、1066年のノルマン・コンクエスト(ノルマンディー公兼イングランド王ウィリアム1世によるイングランド征服)の物語の刺繍画である。長辺約70m(現存63.6m)、短辺約0.5mの亜麻(リネン)製の布に、毛糸で刺繍が施されており、ヘイスティングズの戦いのくだりまでが現存している。11世紀のフランスとイングランドに係る歴史的遺物であり、また当時の服装や武器、軍船、戦闘方法などを伝える貴重な史料でもある。
フランスはノルマンディー地方の都市バイユーにあるバイユー大聖堂 (en) に長く保管されていたが、近代の戦火による混乱の中を転々とした後、旧に復され、現在ではバイユー・タペストリー美術館 (Musee de la Tapisserie de Bayeux[1]) に保管・展示されている。
続きを読む

世界最古の土器って日本の土器なの? @ [考古学板]

世界最古の土器って日本の土器なの?
1: 出土地不明 2003/11/22 20:29:00 ID:Q/RnqvPp
題名通りです。青森から出た1万6千年前の土器らしきものは
どうやら土器ではないと判定されたみたいですね…。
残念だけど、本当に土器なら氷河期のまっただなかで、土器を発明
している訳で…
続きを読む

トンデモと言われているがちょっと信じている世界史 @ [世界史板]

トンデモと言われているがちょっと信じている世界史
3: 世界@名無史さん 2013/08/09 15:58:41
アフラ・マズダ、大日如来、ヤハウェ、アテン

この辺りみんな同じ神様が元って思ってる
歴史あんま詳しくない友達にどや顔で言ったこともある
続きを読む

人類はなぜ移動する必要があったのでしょうか? @ [考古学板]

人類はなぜ移動する必要があったのでしょうか?
1: 出土地不明 2012/10/08 16:35:30 ID:2k1pfYPe
アフリカ大陸に誕生した人類の祖先。
そこから5万kmも離れた南アメリカ大陸の南端までなぜ移動する必要があったのでしょうか?
続きを読む

クラブ・結社の世界史 @ [世界史板]

クラブ・結社の世界史
1: 世界@名無史さん 2013/01/01 22:39:20
ヨーロッパや中国、未開社会にまで世界中で見られる秘密結社や
宗教結社、18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパで成立した
クラブなど、公開・非公開を問わず、なんらかの目的の元に結成
された会について語るスレです。

※職能・商業組合的な秘密結社は対象となりますが、会社(ごく普通の
経済活動をしている企業)は、単独で語れるほど大きいテーマだと
思うので、対象外とさせてもらいます。
続きを読む