人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : 昆虫

昆虫好きにありがちなこと @ [昆虫・節足動物板]

昆虫好きにありがちなこと @ [昆虫・節足動物板]
1: :||‐ ~ さん 2015/03/27(金) 17:06:30.49 ID:QibCLiKf.net
何かと餌皿として使えそうなものをとっておいてしまう
続きを読む

昆虫って飼ってると人間に懐くのか? @ [昆虫・節足動物板]

昆虫って飼ってると人間に懐くのか? @ [昆虫・節足動物板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2005/10/29(土) 10:55:55 ID:0/X5K+YL
どうなの?
2: 撞木34 ◆rbr9nwiZT6 2005/10/29(土) 14:07:11 ID:cE3UPmz8
どうでしょ
続きを読む

昆虫の擬態を進化論で完全に説明出来る奴いる? @ [野生生物板]

昆虫の擬態を進化論で完全に説明出来る奴いる? @ [野生生物板]
1: コマーシャルイラネ ◆N0JnmCMoD2 2015/09/28(月) 16:07:10.65 ID:tiRQAi4q.net
コノハムシとかハナカマキリとか。
あれってほんとに驚くほど植物にそっくりに出来てるよな。


現代科学では、ダーウィンの進化論が絶対的で、あれは「偶然の突然変異と自然淘汰」の積み重ねによって進化した。
っていうことになってるんだぜ。
偶然の突然変異ったって限度があるじゃんwあれってどう見ても葉っぱそのものだぜ。
葉のスジの一つ一つまで再現してるんだからな。
いくら何でも偶然の積み重ねだけであそこまで似るもんか普通?


ということでお前ら、あの昆虫の擬態進化はどのようにして起こったのか説明出来る奴いるかな?
俺はわかっているけどなw
続きを読む

[閲覧注意] 虫に関する嫌な思い出 @ [昆虫・節足動物板]

[閲覧注意] 虫に関する嫌な思い出 @ [昆虫・節足動物板]
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 ID:L7JhCsT4
なにかありますか?
続きを読む

8万人が火星にいって必要な物は何? @ [宇宙板]

8万人が火星にいって必要な物は何? @ [宇宙板]
1:名無しさん@お腹いっぱい。2015/02/01(日) 17:15:52.44 ID:sDrvJsKS.net
8万人が火星に行くときに火星に必要なものってなんだろな。
火星には着いているものとして・・・

おしえて大きいお友達
続きを読む

昆虫が宇宙人ってホントなの? @ [昆虫・節足動物板]

昆虫が宇宙人ってホントなの? @ [昆虫・節足動物板]
1: :||‐ ~ さん 投稿日:2006/06/25(日) 14:50:09 ID:xaNL0Dn7
昆虫は地球の進化体系には属さないそうだ。
と言うことは昆虫は古代地球にやってきた宇宙人の子孫?
言われてみれば脚が6本あるし、地球の他の生物と全然違う。
続きを読む

ほ乳類の次の進化はどうなるの? @ [野生生物板]

ほ乳類の次の進化はどうなるの? @ [野生生物板]
1: 名無虫さん ID:o1HHsihk
現在ほ乳類が進化の頂点にいますが、次は何類が出てくるのですか??
続きを読む

【ミステリー】どうして昔の生物は大きかったの? @ [野生生物板]

【ミステリー】どうして昔の生物は大きかったの? @ [野生生物板]
1: 名無虫さん ID:nvEFAOYD
トンボの羽が30cmもあったり、つくしが1mもあったらしいけど、なんで?
管理人より:そんなグロくないと思いますが、巨大昆虫画像が少しあるので苦手なドクターは注意してくださいね。
続きを読む

魚は痛覚が無いって本当なのか? @ [野生生物板]

魚は痛覚が無いって本当なのか? @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 投稿日:2006/02/20(月) 17:46:28
痛覚って生物にとってかなり必要なものだと思うんだが
続きを読む

【古鳥類】鳥類と恐竜の関係について語ろう・後編【新鳥類】 @ [野生生物板]

【古鳥類】鳥類と恐竜の関係について語ろう・後編【新鳥類】 @ [野生生物板]
720: 名無虫さん 投稿日:2014/03/29(土) 23:43:04.23
それにそもそも木に登って滑空する生態の段階で、既に滑空能力が無いとその生態は成り立たない訳だけども

木の枝の間を最初からジャンプして移動するリス的生態からモモンガに進化するのは自然だが、滑空も出来ない頃の二足歩行の恐竜が、どうやって樹上生活したのか
どう考えたって二足歩行で有る事の意味が殆ど無い


木に登る前にそもそも滑空出来なければいけない筈だが、どう考えても二足歩行で羽ばたきながら滑空したとしか段階が踏めない

白鳥なんか見てると未だに最初は走りながら羽ばたいてる
白鳥の飛び立ち.avi
続きを読む