人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : [独自記事]

そうだ!美術館へ行こう!第13回『メトロポリタン美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第13回『メトロポリタン美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Billie Holiday - Autumn In New York (Rare 78 RPM Take) Clef Records 1952
Autumn in New York, why does it seem so inviting?
Autumn in New York, it spells the thrill of first-nighting.
Glittering crowds and shimmering clouds in canyons of steel;
they're making me feel: I'm home.

秋のニューヨークは、どうしてそんなに魅力的なの?
秋のニューヨークは、スリルに満ちた、初めての夜の魔法をかけられたみたい
鋼の渓谷の、キラキラした人混み、揺れる雲が
わたしをこんな気分にさせてくれるの、「ただいま」って
映画なんか見てても思いますが、秋のニューヨークはとっても美しいですね。ビリー・ホリデイの感傷的な歌声で「Autumn in New York」。

そゆわけで、久しぶりの世界の美術館シリーズ第13回は、アメリカはもちろん、世界でも最大規模の美術館、ニューヨークの「メトロポリタン美術館」の特集です。
来館者数世界1位!ということで、ルネサンス~近代ヨーロッパ絵画を中心にご紹介します。
続きを読む

ドラマ「こちらブルームーン探偵社」に学ぶケンカの時の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

ドラマ「こちらブルームーン探偵社」に学ぶケンカの時の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
あ、イカン、また映画の記事が2回続いてしまった…。しかしこちらは英語学習用の記事ですので、どうぞお間違えのないように…。

…と白々しい言い訳しながらお送りする、映画翻訳記事。
今回は映画ではなくてドラマなのですが、80年代の大人気ドラマ「こちらブルームーン探偵社」より。
もうそろそろ、このドラマ知ってるひと自体が少なくなってきたかもしれない…。
続きを読む

病身の少年が幻想の中で思い描く「魔法の国ヘリウム」の物語(後編) @ [短編映像紹介]

病身の少年が幻想の中で思い描く「魔法の国ヘリウム」の物語(後編) @ [短編映像紹介]
管理人@博士ちゃんねる
というわけで、2014年度アカデミー賞・短編映画部門受賞作品のデンマークの映画「ヘリウム」の後編です。
続きを読む

病身の少年が幻想の中で思い描く「魔法の国ヘリウム」の物語(前編) @ [短編映像紹介]

病身の少年が幻想の中で思い描く「魔法の国ヘリウム」の物語(前編) @ [短編映像紹介]
管理人@博士ちゃんねる
以前どっかでヘリウムの枯渇問題をまとめた際に、偶然見つけたデンマークの短編映画「ヘリウム」。
秀逸な作品なので、いつか皆さんにご紹介したい…と思っての今回の記事です。

「ヘリウム」は2014年、デンマークのアンデルス・ヴァルター監督の短編映画で、14年のアカデミー賞短編映画部門でオスカー獲得しています。
IMDbのスコアは7.4/10と、まぁおおむね好評な感じでしょうか。レビューを見てもそう思います。
日本では、どっかの映画祭かなんかで、字幕入りの上映がなされたことがあるそうですが、DVDの販売もされないであろうことを考えると、なかなかもう見る機会がなさそうです。
この作品の存在自体ご存知ない方もたくさんいらっしゃると思いますので、全編キャプ画&翻訳してご紹介します。

動画には英語字幕がついていて、高校生くらいの英語レベルならだいたい理解できると思いますが、英語の字幕見ながら映画なんぞ見られない!というような方向けの記事。
元の英語字幕も、いくつか綴りや文法の間違えとか、デンマーク語のまま残ってる部分もあり、ちょっとめんどくさいかもしれない。
まずは大ざっぱに内容を掴んだ上でなら、映像だけを見ても問題ないかと思います!
続きを読む

ジャズ・スタンダード・ナンバーで聴くロマンチックな恋の歌・後編 @ [音楽系まとめ]

ジャズ・スタンダード・ナンバーで聴くロマンチックな恋の歌・後編 @ [音楽系まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
前編からの続きでジャズ・スタンダード・ナンバー特集。です。
前回全然アクセスなかった記事の後編…おまたせしましたよ、ええ、ええ…。('A`)
続きを読む

アメリカのホテルにまつわる奇妙な10の未解決事件 @ [英語文化系翻訳まとめ]

アメリカのホテルにまつわる奇妙な10の未解決事件 @ [英語文化系翻訳まとめ]
まとめサイトとかでよく見る日本の「未解決事件」に比べるとだいぶんマイルドな感じですが、下にいくにつれジョジョに奇妙になっていくと思います。
ビジネスホテルにひとりで泊まれなくなる…ってこともないと思いますが、怖がりなドクターは閲覧注意でよろしくどうぞです。

元ネタは以下。
10 Creepy Hotel Mysteries That Are Still Unsolved(Listverse)
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第12回『ナショナル・ギャラリー』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第12回『ナショナル・ギャラリー』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Elgar - Pomp and Circumstance March No. 1 (Land of Hope and Glory) (Last Night of the Proms 2012) イギリスというと、国民の中にクラシック音楽が浸透しているわりに、誰でも知ってる著名なクラシック作曲家が極端に少なく、その中ではエルガーの「威風堂々」は比較的よく演奏されるということで、イギリス人はエルガー大好きです。
今回ご紹介する美術館の重厚な雰囲気とピッタリではないでしょうか。

というわけで、今回の美術館へ行こう!はロンドンを代表する美術館のひとつ、「ナショナル・ギャラリー」です。
ヨーロッパ芸術の粋を集めた豪華な常設作品がそこそこいっぱいあります。どうぞお楽しみを。
続きを読む

ジャズ・スタンダード・ナンバーで聴くロマンチックな恋の歌・前編 @ [音楽系まとめ]

ジャズ・スタンダード・ナンバーで聴くロマンチックな恋の歌・前編 @ [音楽系まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
というわけで、今回はいつしか予告したように、ジャズ・スタンダード・ナンバー特集。
この「スタンダード・ナンバー」というのは、ジャズに限ったものではないですが、主にアメリカで「時代を超えて引き継がれる歌、ないしは曲」みたいな感覚で、日本の民謡や童謡とはまた違った趣旨のもの。
だから、アチラでは誰でも知ってる曲ばっかりなので、家族3世代でカラオケ行ってもあんまり困らない、と聞きます。

映画やドラマでもけっこう耳にするスタンダード・ナンバーですが、日本人には案外馴染みがなく、「これよく聴くんだけどなんて曲なのかなー」となるのではないか(少なくとも管理人はそうだった)と思って独自記事にしました。
いざまとめてみると思いのほか時間がかかってしまい…途中で前後編にわけることにしました。スンマセン…('A`)
続きを読む

初めてのアレで判明した彼氏のファッキンな特殊性癖!…他9本 @ [世界のチラ裏]

初めてのアレで判明した彼氏のファッキンな特殊性癖!…他9本 @ [世界のチラ裏]
管理人@博士ちゃんねる
海外のファッキンなチラ裏まとめ第4回。いつも全然人気のない「FML(Fucking My Life)」まとめです。
Today」から初めて「FML(Fuckin' My Life)」で締める、という投稿ルールの、今日起きたクソッタレなことを投稿するサイト。ネタがたまったので久しぶりにまとめてみる試み。
続きを読む

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」に学ぶ戦士たちの英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」に学ぶ戦士たちの英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
出張は移動の時ヒマなので、いつも本を買って読書の時間にあてる管理人。
昨日帰ってきたんですが、今回読んだのは、ロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士たち」でした。映画とはストーリーが全然違う…ということは聞いてましたが、こんな違うとはねぇ。原作もおもしろかったです。

そんなわけで、今回はその「宇宙の戦士たち」の映画化作品である「スターシップ・トゥルーパーズ」より、細かいやりとりをいくつか取り上げます。
動画で探すと戦闘シーンしかなくてセリフが少ないので、今回は動画ナシでキャプ画のみ。何回もテレビで放送されてるし、見た方もきっと多いでしょうから、おkでしょう!フゥーアー!
続きを読む