人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : [独自記事]

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」に学ぶ戦士たちの英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」に学ぶ戦士たちの英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
出張は移動の時ヒマなので、いつも本を買って読書の時間にあてる管理人。
昨日帰ってきたんですが、今回読んだのは、ロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士たち」でした。映画とはストーリーが全然違う…ということは聞いてましたが、こんな違うとはねぇ。原作もおもしろかったです。

そんなわけで、今回はその「宇宙の戦士たち」の映画化作品である「スターシップ・トゥルーパーズ」より、細かいやりとりをいくつか取り上げます。
動画で探すと戦闘シーンしかなくてセリフが少ないので、今回は動画ナシでキャプ画のみ。何回もテレビで放送されてるし、見た方もきっと多いでしょうから、おkでしょう!フゥーアー!
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第11回『オーストリア美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第11回『オーストリア美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Johann Strauss - Annen-Polka ウィーンといっては、ウィーン風ワルツしか思い浮かばない…、という感じで今回もヨハン・シュトラウス2世より「アンネン・ポルカ」。
このウィーンフィルのニューイヤーコンサートは日本でも毎年放送されますが、かなり長丁場のコンサート。ウィーン風ワルツに関してはこれ見ておけばおk!ぐらい充実してる。毎年指揮者が変わるのが特徴で、日本の小澤征爾も指揮者のひとりで参加してますね。

というわけで、世界の美術館第11回は「オーストリア美術館」です。
「オーストリア・ギャラリー」とも言われますが、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿内にある美術館。正式名称は「Österreichische Galerie Belvedere(エステライヒシュ・ギャラリエ・ベルヴェディア)」です。
今回はクリムトと分離派の世紀末芸術がメインとなっておりますので、クリムト好きなドクターがいらっしゃれば良いんですがねぇ…。
数が少ないのですぐ近くにある「ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ」からも、いくつか混ぜてます。
続きを読む

穢れを知らぬ乙女イヴがエデンの園で出会った意外な人物…他6本 @ [世界のCM]

穢れを知らぬ乙女イヴがエデンの園で出会った意外な人物…他6本 @ [世界のCM]
管理人@博士ちゃんねる
なんかネタの準備が間に合わなかったので、CM特集でごまかす試み。
毎回屈指のおもしろCMを集めてるわりには人気のない当シリーズです。それではどうぞ!
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第10回『ルーヴル美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第10回『ルーヴル美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Edith Piaf L'Hymne à l'amour
Le ciel bleu sur nous peut s'effondrer
Et la Terre peut bien s'ecrouler
Peut m'importe si tu m'aimes

たとえ空が落ちてきたとしても
たとえ大地が崩れ去ったとしても
あなたがわたしを愛してくれるなら知ったことじゃないわ
フランスといえばシャンソン、シャンソンと言えばエディット・ピアフ、エディット・ピアフと言えば「愛の讃歌」。
日本でも淡谷のり子、美空ひばりなどたくさんの歌手にカバーされている名曲です。愛のためならば全てを捨てても良い…というフランス人らしい情熱的な歌詞。

というわけで、前回お休みしてずいぶん間があいてしまった、世界の美術館特集第10回記念!フランスのパリから「ルーヴル美術館」の特集です。モナム~ル!
日本人であってもこの美術館を知らないひとはいないであろう、フランスが誇る世界最大級の美術館のひとつ。それではドウゾ。
続きを読む

映画「トレマーズ」に学ぶガサツな男の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

映画「トレマーズ」に学ぶガサツな男の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
英語系の記事スケジュールがやや崩れ、実に3ヶ月ぶりの映画翻訳記事。
今回は予告通り、89年の映画「トレマーズ」より、エドガーを発見するシーンと、最初に化物をしとめるシーンのふたつを取り上げます。

「B級ホラーの最高傑作」として、映画ファンの間では名高い当作品。
後にジワジワ人気が出てきてテレビ放送も何度もされてるから、ご存知のドクターもたくさんいらっしゃることでしょう。
モンスターパニック系のホラー映画なわりに、ほぼ全編撮影は昼間に行われ、お気楽なカントリーミュージックもあいまって、なにかスカッと爽やかな作品です。
続きを読む

世界のCMクリスマス特集!ホリデー中に起きる愛の奇跡…他6本 @ [世界のCM]

世界のCMクリスマス特集!ホリデー中に起きる愛の奇跡…他6本 @ [世界のCM]
管理人@博士ちゃんねる
というわけで前回予告したように、世界のCM特集第6回。クリスマスのCM特集です。
コチラと違ってクリスマス=聖夜が性夜でセイヤセイヤ!というわけではありませんから、そのへんにも注目していただきたいところです。
厳密にクリスマスのCMばっかりじゃないやん…とか細かいツッコミは野暮というものです。
続きを読む

いつも雰囲気ブチ壊しの彼氏にウンザリ!そんな女性たちへ…他6本 @ [世界のCM]

いつも雰囲気ブチ壊しの彼氏にウンザリ!そんな女性たちへ…他6本 @ [世界のCM]
管理人@博士ちゃんねる
前回から随分間が空いてしまいましたが、世界のCM特集第5回。
クリスマスのCM特集やろうと思ってたんですが、なっかなかクリスマスにならないので、ちょっと間に1回挟みます。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第9回『プラド美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第9回『プラド美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Carmen - Habanera (Anna Caterina Antonacci, The Royal Opera) ジャンジャカジャカジャカジャカジャカ…(ギター)
ペキョペキョペキョペキョ…(カスタネット)
オーレィ!

…というわけで、今回の世界の美術館シリーズ、スペインは情熱の都マドリッドから「プラド美術館」の特集です。

スペインの誇る大美術館ということで、絵画ファンなら誰でもご存知の有名作がズラリ。

スペインと言えば、フラメンコ、フラメンコといえばカルメン。
BGMは、ビゼー作曲のオペラ「カルメン」より有名な、ハバネラのアリア「恋は野の鳥」より。

ハバネラというのは作中では、恋に奔放で情熱的な美女!として描かれるんですね。
昔のオペラ歌手は太ってる方が声量が出て良いとされていたので、外見と役柄のミスマッチに悩んだ聴衆も多かったろう…とか余計な心配してしまいます。
最近のオペラ歌手はほっそりしてて、キレイな方も増えましたよね。
動画のアンナ・カテリナ・アントナーチというソプラノ歌手も、ハバネラ役で有名なんだそうですが、オペラ業界ではまぁ美人の範疇ではないでしょうか。(心の目で見るんだ!
続きを読む

[閲覧注意] 世界の地下鉄にまつわる10のミステリー @ [英語文化系翻訳まとめ]

[閲覧注意] 世界の地下鉄にまつわる10のミステリー @ [英語文化系翻訳まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ちょっと今回世界のCMを投下する予定でしたが、時期的にもうちょい後の方がいいので、急遽別のネタをご用意しました。
「ハロウィーンに起きた10のホラースートリー」みたいなやつもグッと惹かれるものがありましたが、まぁ1日過ぎちゃったし、来年にしましょう。(来年もまだ当サイトがあればね)

というわけで、世界の地下鉄のミステリー。
「地下鉄」というとなんだか、ロマンをかきたててくれるワードですが、さて、世界の地下鉄にはいったいどんな秘密が隠されているのでしょうか。

元ネタは以下。画像については差し替えてあります。
10 Mysteries And Legends Of The World’s Subway Systems(Listverse)
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第8回『アムステルダム国立美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第8回『アムステルダム国立美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Candy Dulfer - Pick Up The Pieces (Part 1)オランダというと有名なサックス・プレイヤーのキャンディ・ダルファーという美女がいますので、「Pick Up The Pieces」でスタート。
…って、姉さん大変です!スカート短すぎてぱんつ見えそうです!年齢考えて!

キャンディ・ダルファー
ちなみに全盛期はこんな美女。お父さんのハンス・ダルファーもやはり有名なサックス奏者。

というわけで今回の世界の美術館シリーズ第8回はオランダ、アムステルダムより「アムステルダム国立美術館ですよ、Oh yeah!
オランダを代表する画家、とりわけレンブラントを中心にお届けします。
続きを読む