人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : [独自記事]

【祝!】まとめブログ開設2周年記念企画 @ [博士ちゃんねる]

【祝!】まとめブログ開設2周年記念企画 @ [博士ちゃんねる]
管理人@博士ちゃんねる
博士ちゃんねる管理人「もっとおもしろい2chまとめサイトをよこせ!」と押し寄せる民衆(まとめ民)に対して、博士ちゃんねる管理人はこう答えたという。
だったら、ウチのサイトを見たらいいじゃない!(涙目)
ハイ、というわけで、なんと「博士ちゃんねる」やっと2周年記念ですよ、仕事が忙しくてあやうく忘れるとこでした。アブネー!

ドクターのみなさ~ん、盛り上がってますかぁ~?(イェーイ!)
ニューヨークへ行きたいかぁ~?(「ハァ?なんでニューヨーク…?」ザワザワ…)


…ねぇーもう、ひとりでブツブツ言いながらいっつも巻末欄とか書いてるんですけど、ふと我に返って虚しくなりますけどもね。
こゆ場合って普通は「2年間あっという間でしたねぇ~!」とか、リップサービスするもんですけど、管理人的にはもう10年くらいやってる感じなんですよね。
この疲労感というか徒労感というか、たったの2年しか経ってないなんておかしい…そんなバカな…。('A`)

額にタテ線入れながらお送りする2周年企画。
まぁ企画つっても今すごい仕事が忙しいもんですから、あんまり内容考えるヒマがなかったのでちょっとアレですが、ドクターの皆様と一緒にここ1年間を適当に振り返ってみたいと思います。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第7回『バーゼル美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第7回『バーゼル美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
William Tell Overture ハイ!今日は美術の時間ですよ皆さん。
今回も例によって美術館特集第7回目、永世中立国スイスはバーゼルより「バーゼル美術館」ですよ、ヨ~ロレイホォ~。

毎回トップでその国にちなんだ(?)音楽の動画を貼ってるわけですが、今回はスイスということでハタと困ってしまった管理人。

スイスの音楽ってなんだ!?スイスの有名人って誰だ!?

管理人の貧困な連想力では「アルプスの少女ハイジ」しか思いつかず、アニメのオープニング曲とか貼っても、漂うコレジャナイ感をどうすればいいんでしょうか…。
♪おっしーえて~おじい~さん~……orz

イヤ待て落ち着け!なんかおったやろ、ホレ、頭の上にリンゴ置いて矢でブスッと射ったアイツが!
なんていう名前だったか…、なんか緑色ぽいイメージの…ロビン・フッド?いやもうちょい短い姓のはずだ…、フランコ・ネロみたいな感じの…
そうだ!ウィリアム・テルだ!(ググればすぐ分かることながら、こういう場合自らの記憶力に挑戦したい、というめんどくさいところのある管理人)

というわけで、今回のBGMはロッシーニのオペラ「ウィリアム・テル」序曲、後半の有名なギャロップの部分です~。
他にもスイス出身の有名人というと、格闘家のアンディ・フグとか、数学者のオイラーとか、赤十字社を創始したアンリ・デュナン、テニス選手のフェデラー、エイリアンのデザインで有名なH・R・ギーガーなどたくさんいましたね。管理人が知らなかっただけで。
続きを読む

ミニスカのCAさんたちがノリノリの歌とダンスで説明する機内安全ビデオ @ [短編映像]

ミニスカのCAさんたちがノリノリの歌とダンスで説明する機内安全ビデオ @ [短編映像]
管理人@博士ちゃんねる
えー前回の予告通り短編映像ということで、今回はアメリカのLCCのひとつ「ヴァージン・アメリカ」の2014年頃の機内安全ビデオのご紹介。CD屋さんなんかで有名なイギリスのヴァージン・グループ傘下の航空会社です。
CMとは違うものだし、なにしろ長いので、別枠にて更新します。

向こうには、歌とダンスと大げさな表情?などのパフォーマンスをする「グリー(Glee)」というのがあって、チアリーディングとはまた違うものなんですが、そんな感じで仕立てた映像。監督はジョン・M・チュウ、オリジナルソングを歌うのは(映像にも出てるメガネの黒人)トドリック・ホールという、素人オーディション番組「アメリカン・アイドル」のファイナリストだそうです。
歌詞とセリフは全部和訳しておきました。
続きを読む

クラスで一番さえない女の子がメガネを取ったら美少女に!しかし…他6本 @ [世界のCM]

クラスで一番さえない女の子がメガネを取ったら美少女に!しかし…他6本 @ [世界のCM]
管理人@博士ちゃんねる
ハイ、お久しぶりの世界のCM特集第4回。
今回もまた粒選りのCMを集めておりますので、どうぞお楽しみください。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第6回『ウィーン美術史美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第6回『ウィーン美術史美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
The Blue Danube - New Year's Eve 2013/2014
会議は踊る、されど進まず
こんな美しい街で会議なんかしても(ウィーン会議)、身が入らないでしょうナァ~。
今回のBGMはシュトラウス2世の「美しく青きドナウ」でよろしくドウゾ。

というわけで、世界の美術館シリーズ、第6回はハプスブルク家のお膝元、オーストリアはウィーンより、「ウィーン美術史美術館」へやってきましたよ。ヒャッホーイ!

もうひとつの「ウィーン自然史博物館」と対になるべく作られた壮麗な美術館、つうかもうこれはほとんど城!
ホントは昨日更新する予定だったんですが、次が美術の更新なのすっかり忘れてて下準備が間に合わず、今日にずれ込んでしまいました。
続きを読む

映画「サボテン・ブラザーズ」に学ぶ正義の味方の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

映画「サボテン・ブラザーズ」に学ぶ正義の味方の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Three Amigos Opening HD
One for each other and all for one
ひとりは皆のために、皆はひとりのために。

The three brave Amigos are we
我々こそが勇敢なる「スリー・アミーゴ」だ。
ハイ、今回は久々の映画翻訳記事のコーナー。
前回予告したとおり、一部の映画ファンにはカルト的人気を誇る、伝説のコメディ映画「サボテン・ブラザーズ」より、カンティーナのシーンと、正義のヒーローとして決意を固めるシーン(オマケ)をふたつ取り上げます。
後者はちょっとちょっと前まで動画があったんですが、今は消されてしまいました、ザンネン。でも大事なシーンだから。

おそらく往年の映画ファンなら、観たことはなくともタイトルと大雑把なストーリーくらいは絶対ご存知であろう作品。
コメディ映画史上、燦然と輝く作品となっておりますので、お若い方も抑えておいて損はないかと。
続きを読む

女の子が誕生日にもらったファッキンな3つの電話とは…他7本 @ [海外のチラ裏]

女の子が誕生日にもらったファッキンな3つの電話とは…他7本 @ [海外のチラ裏]
管理人@博士ちゃんねる
海外のファッキンなチラ裏まとめ第3回。今回から「世界のCM」と同様、タイトル形式を変更してお送りする、「FML(Fucking My Life)」まとめです。
Today」から初めて「FML(Fuckin' My Life)」で締める、という投稿ルールの、今日起きたクソッタレなことを投稿するサイト。

今回はなんだか同性愛ネタが多くなっております。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第5回『シカゴ美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第5回『シカゴ美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Buddy Guy - Sweet Home Chicago どうだい、ベイビー帰りたくはないかい?
さあ、ベイビー帰りたくなっただろう?
いつも変わらない古馴染みの街、スウィート・ホーム・シカゴへさ!


ハイ、シカゴへ行くぜオゥ、イエァ~!というわけで、いい加減にこの冒頭の歌ネタもだいぶん苦しくなってきた、世界の美術館を巡る旅・第5回。
今回は、ジャズとブルースの街、アメリカはイリノイ州シカゴから、「シカゴ美術館」の特集ですよ、カモォ~ン!щ(゚д゚щ)

イリノイ州シカゴは、アメリカ中西部の大都市。ちょうど五大湖の東側に位置します。
このシカゴ美術館は、NYのメトロポリタン美術館、ボストン美術館とならんで、アメリカの三大美術館のひとつと言われる老舗です。
美術館の成り立ち等々含めて、またドクターの皆様と一緒に、その作品群を見てみましょうか、どれどれ、よっこいせと…。

どうでもいいけど、この曲でもそうだし、ブルースでよく使われてる「デッデデ、デデッ、デデッ…」という引きずるような独特のリズムは、「シャッフル」と呼ばれているんだぜ、ベイベェ~。
続きを読む

心臓発作を起こした女性にとったゾンビたちの驚きの行動!他7本 @ [世界のCM]

心臓発作を起こした女性にとったゾンビたちの驚きの行動!他7本 @ [世界のCM]
管理人@博士ちゃんねる
今回からタイトルの形式を変更してお送りする世界のCM特集第3回。
あまりこういうのは途中で変えるのはイヤなんですが、アクセスがなさすぎるので、苦し紛れの策。今回は6本+オマケ2本でお送りします。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第4回『エルミタージュ美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第4回『エルミタージュ美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
chaikovsky The Nutcracker Suite Overture Miniature Micha Haran ♪パン、パンパランパンパンパン、タ~ラッタッタッタ~ラン

…とばかりに、ロシアの誇る大作曲家・チャイコフスキーの「くるみ割り人形」序曲を鼻歌でやりながら、颯爽と(猫背で)登場。
管理人はロシア語といえば、「ハラショー!(すばらしい)」と、「ダスビダーニャ(またお会いしましょう)」くらいしか知りませから。
ちなみに前者は「ブラックジャック」で、後者は「聖闘士星矢」で覚えました。

ハイ、また週末ど真ん中に被ってしまった、世界の美術館第4回。美術スキーなドクターには大変お待たせいたしました。
今回は予告どおりに、ロシアは「北のヴェネツィア」の異名を持つ、かつてのロシア帝国の首都・サンクトペテルブルグより、「エルミタージュ美術館」の特集です。

なにしろもう…冗談かってほどにデカイ美術館。
所蔵作品も、古今東西から集められており、なんと合計300万点超!もちろん絵画だけではありません。
そのほんの一部を、皆様と一緒に観ていきたいと思います。
続きを読む