人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : [独自記事]

そうだ!美術館へ行こう!第5回『シカゴ美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第5回『シカゴ美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Buddy Guy - Sweet Home Chicago どうだい、ベイビー帰りたくはないかい?
さあ、ベイビー帰りたくなっただろう?
いつも変わらない古馴染みの街、スウィート・ホーム・シカゴへさ!


ハイ、シカゴへ行くぜオゥ、イエァ~!というわけで、いい加減にこの冒頭の歌ネタもだいぶん苦しくなってきた、世界の美術館を巡る旅・第5回。
今回は、ジャズとブルースの街、アメリカはイリノイ州シカゴから、「シカゴ美術館」の特集ですよ、カモォ~ン!щ(゚д゚щ)

イリノイ州シカゴは、アメリカ中西部の大都市。ちょうど五大湖の東側に位置します。
このシカゴ美術館は、NYのメトロポリタン美術館、ボストン美術館とならんで、アメリカの三大美術館のひとつと言われる老舗です。
美術館の成り立ち等々含めて、またドクターの皆様と一緒に、その作品群を見てみましょうか、どれどれ、よっこいせと…。

どうでもいいけど、この曲でもそうだし、ブルースでよく使われてる「デッデデ、デデッ、デデッ…」という引きずるような独特のリズムは、「シャッフル」と呼ばれているんだぜ、ベイベェ~。
続きを読む

心臓発作を起こした女性にとったゾンビたちの驚きの行動!他7本 @ [世界のCM]

心臓発作を起こした女性にとったゾンビたちの驚きの行動!他7本 @ [世界のCM]
管理人@博士ちゃんねる
今回からタイトルの形式を変更してお送りする世界のCM特集第3回。
あまりこういうのは途中で変えるのはイヤなんですが、アクセスがなさすぎるので、苦し紛れの策。今回は6本+オマケ2本でお送りします。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第4回『エルミタージュ美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第4回『エルミタージュ美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
chaikovsky The Nutcracker Suite Overture Miniature Micha Haran ♪パン、パンパランパンパンパン、タ~ラッタッタッタ~ラン

…とばかりに、ロシアの誇る大作曲家・チャイコフスキーの「くるみ割り人形」序曲を鼻歌でやりながら、颯爽と(猫背で)登場。
管理人はロシア語といえば、「ハラショー!(すばらしい)」と、「ダスビダーニャ(またお会いしましょう)」くらいしか知りませから。
ちなみに前者は「ブラックジャック」で、後者は「聖闘士星矢」で覚えました。

ハイ、また週末ど真ん中に被ってしまった、世界の美術館第4回。美術スキーなドクターには大変お待たせいたしました。
今回は予告どおりに、ロシアは「北のヴェネツィア」の異名を持つ、かつてのロシア帝国の首都・サンクトペテルブルグより、「エルミタージュ美術館」の特集です。

なにしろもう…冗談かってほどにデカイ美術館。
所蔵作品も、古今東西から集められており、なんと合計300万点超!もちろん絵画だけではありません。
そのほんの一部を、皆様と一緒に観ていきたいと思います。
続きを読む

映画「カサブランカ」に学ぶほろ苦い大人の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

映画「カサブランカ」に学ぶほろ苦い大人の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
Frank Sinatra - As Time Goes By (Casablanca)
Moonlight and love songs - never out of date
(月明かりとラブソングは、決して時代遅れにはならない)

Hearts full of passion - jealousy and hate
(胸を焦がす情熱、嫉妬や憎しみも)

Woman needs man - and man must have his mate
(女には男が必要で、男にもその連れ合いが必要だ)

That no one can deny
(誰にも否定することなどできやしない)
ハイ!というわけで今回の映画翻訳記事は、前回予告したとおりモノクロ時代の名作ということで、ボギー&バーグマンの「カサブランカ」です。パリでの回想シーンと、ラスト空港のシーンをふたつ取り上げます。
うわぁー、オマエ正気かよォ、おい…

今も昔も、常に映画ベスト10にランクインする名作中の名作。
ふたりの名優の素晴らしい熱演、すぐれた脚本と細かい演出、計算され尽くしたカット割り、品のある衣装と小道具たち…。すべてが美しく感動的で、本当に良い作品です。白黒だから…とか、古い映画だし…とかで観ないのはもったいないです。

せめて当記事でその魅力の一端なりともご紹介できれば…と思っておりますが、ネタバレだらけなので観たことのない方は先に本編観ることをオススメします。
続きを読む

海外のチラ裏/世にもファッキンな人生 Part2 @ [英語文化系翻訳まとめ]

海外のチラ裏/世にもファッキンな人生 Part2 @ [英語文化系翻訳まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ハイ、今回の「英語学習・文化」カテゴリーでは久々!「FML(Fucking My Life)」より、またダラダラいきます。
ここの投稿ルールは毎回冒頭に書いておこうと思いますが、「Today」から初めて「FML(Fuckin' My Life)」で締める、ということになっており、今日起きたクソッタレなことを投稿するサイト。

今回から原文も小さく一緒につけておきますので、up-to-dateなナマの英語、あるいはネットスラングがなんとなく参考になるのではないかと思います。意訳ですけどね。
それでは海外のファッキンな出来事を一緒に見てみましょう~。
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第3回『テイト・ギャラリー』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第3回『テイト・ギャラリー』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ベイビーズ・グッ・トゥミー・ユ・ノウ、シズ・ハッピー・アーズ・キャン・ビー・ユ・ノウ、シー・セッド・ソー♪

…というわけで、管理人の下手くそな歌で始まる世界の美術館を巡る旅へ、皆様ようこそ。第3回目です。ロシアとかハンガリーとかどうするつもりなんよ…。

一部の(心やさしい)ドクター方には若干好評の当シリーズ、今回はイギリス!霧の都ロンドンより、「テイト・ギャラリー」の特集です。
ビートルズの歌でも聞きながら、重厚なイギリス芸術をお楽しみください。雰囲気に合っとらん!とか言いっこなしです。 The Beatles - I feel fine - Lyrics
続きを読む

映画「ビフォア・サンライズ」に学ぶ恋する男女の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]

映画「ビフォア・サンライズ」に学ぶ恋する男女の英会話 @ [英語学習系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ハイ、ずいぶん久しぶりな感じの映画翻訳記事。
以前どっかで「そのうちやります」と宣言した気がするので、今回はビフォア・サンライズ 恋人までの距離」から、カフェでお互いの友達に電話するふりをするシーン

95年の一風変わったオサレな恋愛映画です。映画ファンの間ではなかなか高評価の当作品、ご存知の方がいると良いですが…。
続きを読む

動画で見る<世界のCM博覧会>Part2 @ [英語文化系動画まとめ]

動画で見る<世界のCM博覧会>Part2 @ [英語文化系動画まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ハイ、というわけで世界のCM特集第2回。独自記事が2回続いてしまいました。
今回は扱うCMの数が5個はちょい少ないかなということで、6個(+1)に増やしてあります。
それではどうぞ。

もうPCが不調で作業しづらい…orz
続きを読む

そうだ!美術館へ行こう!第2回『オルセー美術館』 @ [美術系独自まとめ]

そうだ!美術館へ行こう!第2回『オルセー美術館』 @ [美術系独自まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
♪イル・イ・ヤ・トゥ・ス・ク・ヴ・ヴレ
♪オ・シャンゼリゼ!

(ほしいものはなんでもあるよ、シャンゼリゼには!)

…というわけで週末だと言うのに人気のない美術カテゴリー記事が(スケジュールの都合上)やってきましたよ、世界の美術館シリーズ。
前回はフィレンツェのウフィツィ美術館でしたが、今回はリクエストにお応えして、おフランス・花の都パリから、オルセー美術館。第2回です。

Daniele Vidal - LES CHAMPS-ELYSEES - (オー)シャンゼリゼ ダニエル・ヴィダルの美しい歌声でも聴きながら、フランス近代芸術をお楽しみください。
続きを読む

動画で見る<世界のCM博覧会>Part1 @ [英語文化系動画まとめ]

動画で見る<世界のCM博覧会>Part1 @ [英語文化系動画まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
ハイ、というわけで、管理人は外国のテレビCMというのが好きなので、それをダラダラと紹介する新シリーズ。
1回に5個くらい行く予定ですが、CMネタが続く限り続けます。
日本のCMとどう違うのか。そゆところも見てみたいところです。
続きを読む