人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

タグ : 胡亥

中国歴代王朝で一番の暗君は? @ [世界史板]

中国歴代王朝で一番の暗君は?
1: 世界@名無史さん 2013/04/08 14:32:07
取り合えず胡亥と霊帝はどっちがより暗愚?
胡亥 (Wikipedia) 胡亥(こがい)は、秦朝の第2代皇帝。帝号は二世皇帝。現代中国語では秦二世とも称される。姓は嬴(えい)。始皇帝の末子。
父帝が行幸中に崩御すると、丞相の李斯と、かつての胡亥の傅役で始皇帝の側近の趙高に擁立されて即位する。しかしこの即位には疑問を有する者が少なからず存在し、二世皇帝は即位前後から趙高の勧めに従って長兄の扶蘇を自殺に追い込み、公子高ら兄弟を含む皇族や重臣を粛清。さらに始皇帝陵や阿房宮、万里の長城の建築を推進し、匈奴の侵攻に備えるべく大規模な徴兵を行なったことで人心の離反を招いた。
霊帝 (Wikipedia) 霊帝(れいてい)は、中国後漢の第12代皇帝。解瀆亭侯劉萇(建)の子。解瀆亭侯劉淑の孫。河間王劉開の曾孫。章帝の玄孫に当たる。
宦官と外戚の権力闘争で疲弊した後漢朝は、霊帝の治世において宦官の優位が決定的となったとされ、後世においても桓帝と並んで暗愚な皇帝の代名詞とされた。ただし、晩年の霊帝に取り立てられた蓋勲のように、奸臣たちに惑わされているだけだと評価した者もいる。
続きを読む