人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!

タグ :

神社の入り口にある狛犬って元は熊だったんじゃない? @ [民俗・神話学板]

神社の入り口にある狛犬って元は熊だったんじゃない? @ [民俗・神話学板]
1: 佐藤光@新潟市江南区西町2-2-12 2015/05/12(火) 14:57:45.36 .net
高麗犬と書いてコマイヌと読む場合もあるし、クマとコマを語呂合わせしていた節もある
続きを読む

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part3 @ [SF・FT・ホラー板]

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part3 @ [SF・FT・ホラー板]
240: 名無しは無慈悲な夜の女王 2014/03/10(月) 00:13:16.86
ホビット 竜に奪われた王国 [DVD] ホビットの冒険の真ん中をレイトショーで観てきた
スマウグかっこいい
やっぱりドラゴンは、圧倒的に強くてでかくて、会話が通じるのに問答無用に凄い炎をはいてくるのがイイ


ちらっとゴジラの予告編を観たけど、これもきっと観に行こう
続きを読む

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part2 @ [SF・FT・ホラー板]

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part2 @ [SF・FT・ホラー板]
144: 名無しは無慈悲な夜の女王 2013/11/23(土) 22:59:42.43
姫をさらう龍というのが根本的におかしいわな。
食料なら肉量の多いデブを狙った方が効率いいし、コレクションなら人間界での階級なんか関係なく気に入った外見のヒトを集めるだろうし。
結局、「お前の娘を返して欲しければ代わりに○○○を持って来い」という身代金目当ての誘拐ぐらいしかない。
続きを読む

神秘の国・中国神話について語ろう @ [民俗・神話学板]

神秘の国・中国神話について語ろう @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 投稿日:2006/01/05(木) 04:47:54
長い歴史をもつ中国の神話スレです。
中国には様々な神話が存在します。かの有名な「西遊記」などは知らない人はいないでしょう。
このスレでは、そんな深く暗い中国神話について語り合いましょう。
続きを読む

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part1 @ [SF・FT・ホラー板]

ファンタジーの雄ドラゴン・竜・龍を語るスレ Part1 @ [SF・FT・ホラー板]
1: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2013/10/20(日) 19:06:54.40
実在しないにもかかわらず、これほど汎用性に富み、多岐に渡ってメディアに露出する生き物も珍しい。
その姿を出さずとも、ドラゴンという名前をちりばめた作品がどれだけヒットしただろうか。


西洋・東洋、国境を越えて幅広く受け入れられているのは言うまでもないが、リア充・オタク・中年男性・主婦と人柄を選ばず「ドラゴン」に対しての好感度は一様に高い傾向にある。アウトローでも刺青の定番だ。
神話が起源でありながら、児童向け作品の代名詞にもなっている現代ではそれを好む子供やオタクをひとくくりにして、俗に言う「中二病」の一種に当てはめられるケースも珍しくない。
そのため、いい年していかにもな絵柄で描かれたドラゴンを好きだとアピールしても、薄ら寒い空気が流れてしまうだけなので、語り時を見計らなければいけないのが現実社会である。

とはいえ、ドラゴンはけして一過性のブームでも別段マニアックな存在というわけでもない。
人生50年以上もあれば、誰しも一度はドラゴンと呼べるモチーフと向き合っているはずなのである。

近年以降、トラディショナルな東洋龍はそのままに、西洋のドラゴンが多様な姿形を彩っている。
空想生物は数あれど、容貌にとどまらず、知性、能力、階級と、これほどまでに上下限極端で、バリエーションに富んだ生態は他に類を見ないだろう。
そんな旨み溢れるこのクリーチャーを改めて、いろんな焦点から紐解いていこう。
続きを読む

十二支に関するミステリーについて語ろう @ [民俗・神話学板]

十二支に関するミステリーについて語ろう @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 02/01/21 20:09
キトラ古墳で十二支を描いた壁画が発見されたそうで、記念にこんなスレを立ててみました
「十二支に関するいろいろな話」について、語って下さい
続きを読む

日本と紀元前中国王朝の関係性 @ [考古学板]

日本と紀元前中国王朝の関係性 @ [考古学板]
1: 出土地不明 投稿日:2011/10/28(金) 03:33:37.87 ID:ptikfvbV
夏王朝、商王朝、周王朝と日本の関係性を、臆断を交えながら語ろうじゃないか
続きを読む